仕事疲れを癒してくれる女ひとり飲みハッピーアワー

  • メンバー
  • 更新日:
7view
favorite

最近日経ビジネスの配信記事で話題のドラマのハッピーアワーについて書かれていました。

ハッピーアワーとは仕事の終わったあとの一杯の事でそのドラマのヒロインは残業をしないで時間内に仕事を終わらせるようにして仕事後のハッピーアワーを飲食店で楽しむのを日課にしているんです。

この記事を読んだ時、私は本業がブライダルシーズンで毎日めっちゃ忙しい残業続きでした。

ふだんまったく残業しない主義ですがやむをえない状態でそんな日々になんと!「ハッピーアワーひとり飲み」に目覚め密かな楽しみになりました。

関西人になった気分で女ひとり飲みには串かつとビールでハッピーアワー

お酒はいろんな種類がありますがハッピーアワーに楽しむお酒にふさわしいのはやっぱりアワー(泡)がでるタイプのお酒が楽しくなりませんか?

そうなると庶民的な毎日できるハッピーアワーとしてはビールかな、って思います。

シャンパンなんかも女ひとり飲みにはぴったりですが毎日のハッピーアワーを今、話題のドラマのヒロインのように楽しみたいので毎日できることが重要です。

お値段的にもビールなら飲食店で夕食につけてじゅうぶん楽しめます。

それでハッピーアワーにはビールをチョイスして。

ビールを食前酒にするとなんでもおいしくなりますが私的には関西人としてはやっぱり串かつがすごくいい感じになりました。

住んでる近所の駅前にチェーン店の「串かつの田中」ができたことがラッキーでした。

串かつとお通しのキャベツをばりばりやりながらビールを飲むとなんかつかれが一気に吹き飛ぶような感じになりました。

それでも串かつの田中でのハッピーアワーは2000円ぐらいになりますので串かつとビールは週末金曜日のハッピーアワーにしています。

フレンチ風のラーメンとビールで上品に女ひとり飲みハッピーアワー

毎日のひとり飲みハッピーアワーはやっぱり1000円前後でおさえたいものです。

そうなると庶民的な食事がぴったりですがじつは近所の駅前においしいラーメン屋さんがあってひとり飲みにはぴったりなんです。

そのラーメン屋さんはもともとフレンチのシェフがはじめたラーメン屋さんでスープにすごいこだわりがあってラーメンのなぜか洋風のこってり感とビールがすてきにマッチします。

私はあんまりラーメン屋で食事をする事が今までありませんでした。

ラーメン屋ってなんか女ひとりではいりにくい世界っていうか、ちょっと苦手でした。

でもこのもとフレンチを感じさせるラーメン屋さんのめっちゃおいしいラーメンは女ひとりでもいい感じです。

煮たまごもこだわりがあってこれだけでもつまみになるかんじですがビールにぴったりあうのでお気に入りです。

ラーメンのメニューの種類も豊富にあってつけ麺とかまぜそばとかいろいろハッピーアワーで試してみましたが…どれもひとり飲みビールにぴったり!でした。

女ひとりでチャイナタウンにいる気分でひとり飲みハッピーアワー

ひとり飲みでビールにぴったりあってしかもほとんど毎日でもだいじょうぶな経済的にもハッピーアワーを楽しめるのはメニューの選択にもかかっています。

そうなると限られてはきますが飽きない工夫もたいせつです。

中華料理なんていかがですか?

私の近所の駅前にはおいしい中華料理のお店がチェーン店も含めて数件あります。

チェーン店の安くておいしい定食とビールの組み合わせも毎日飽きないと思いますが中国人がやっている本格中華とビールの組み合わせで1000円ぐらいなのはお財布にもいい感じです。

ひとり飲みでもゆっくり楽しめますのでたとえば餃子でもビールのハッピーアワーには最高です。

おうちで作るとなるといがいにめんどうな酢豚とか頼むとすごく楽しいハッピーアワーに!

エビチャーハンもビールとイケるし女ひとりでもお店の中国人はほっといてくれるし最高です。

日本のチェーン店の定食の中華もハッピーアワーにはいいと思いますがここはほんとに日本?なんてわざと思いながら本格中華のハッピーアワーすごく楽しいです!

ねこみたいな気分で女ひとり飲み幸せ気分のひとりハッピーアワー

ドラマのヒロインは残業をしないでハッピーアワーを毎日楽しんでいますがここが私とドラマとの違いでした。

ひとり飲みにはたしかに癒されるなにかがあるような気がします。

人と連れだってワイワイ飲むのも楽しいですが仕事後の一杯はその日1日を振り返る癒しの時間かもしれません。

毎日仕事で体も心もくたくたに疲れきっているときはひとり飲みがいいと思います。

誰かに話を聞いてもらうわけでもなくおいしい食事とおいしいビールでよくがんばった自分をお疲れ様ってほめてあげて満足する時間。

きっとドラマの主旨は残業をしないで自分の人生のプライベートタイムを充実させることやブラック企業に対するきょうけいでもあるかと思います。

私個人の仕事に対するスタンスはもしその職場で集団や組織の中でやっていくとしたら残業はしない主義でいる事が大切だと思っています。

でもそれってもうふつうのことなんです。

それでもどれだけ文明が発達してAIが導入されたとしても人の手によってでしかできない仕事も存在して。

そんな日々を癒してくれるのがひとり飲みハッピーアワーだと思っています。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3