女ひとり酒を存分に楽しみたい方に♪おすすめの居酒屋は中央線にあった!

  • メンバー
  • 更新日:
12view
favorite

「渋谷はなんだか落ち着かないし、赤坂はチョット敷居が高い…。かといって、最寄りのチェーン店でしっぽり飲むのも気恥ずかしい。でもやっぱり、一人でフラッと入れるお店が欲しい!」
そんなワガママ女子の願いを叶えてくれるのは、やっぱり抜群の安心感を誇る【中央線】!
どのエリアを選んでも、敷居の高さは感じられず、それぞれに街の匂いが漂い、ひとり酒にはぴったり。
こじんまりとしたお店が多いので、扉を開くまでは少し緊張するかもしれません。
でも大丈夫。一度馴染んでしまえば「明日も行こうかな」と思うような空間がアナタを迎えてくれますよ。
さあ、今夜は悩むことなく、中央線の旅へ出かけましょう。

ひとり酒デビューにおすすめしたいスポット【吉祥寺】の立ち飲み居酒屋で一杯!

筆者が最初のひとり酒におすすめしたいのが、人気エリア・吉祥寺。
観光名所とも知られ、特に週末はカップルや沢山の外人観光客でごった返しています。
「こんな人の多い場所で一人飲み?浮かないかな…。」
なんて考えている方も多いでしょう。
でも大丈夫。実は、一人でサクッと飲んで帰る方が多いお店も多数あるんです。
例えば、ハモニカ横丁の突き当たりにある【立ち飲み居酒屋 外まろ】さん。
吉祥寺住みの筆者も、仕事帰りについつい寄ってしまうほど(笑)、惹きつけられるような安心感がひとり酒を楽しむお客さんに人気なんです。
ここでおすすめしたいお酒は、なんといっても【生ビール】。
キンキンに冷えたジョッキに良く泡の切れたビールを、勢いよくグイッと…。
路面店なので、暑い季節は道路を背にして飲むことができ、より気分が高まりますよ。
ビールが苦手な方には【レモンサワー】もおすすめ。強炭酸の中にほろ苦い味わいが、肴として提供される【馬肉料理】にぴったり。
周りのお客さんや日替わりで立っている店員さんも、いつも穏やかで面白い方ばかりなので、初めてでもすぐに打ち解けられること間違いなし。
昼間とは全く違う表情を見せる吉祥寺で今夜、一杯飲んでみませんか?

今夜はとことん【ひとり酒】!!日本酒の海に溺れたい…そんなアナタにおすすめの居酒屋!

毎晩多くのサラリーマンが繰り出す街、中野。
居酒屋こそ多く立ち並んでいますが、どこに行ったらいいのか分からない…という方も多いはず。
そんなアナタにおすすめしたいのが、未だOPENしてから2年弱の立ち飲み居酒屋【ちょい虎】さん。
ここではなんと、常時50種類以上の日本酒が用意されてあり、まさに日本酒の宝庫。
飲み比べも頻繁に行っているほか、客席側にある冷蔵ケースから自分の好みの日本酒を持ってくることもできるので、日本酒好きにとっては夢のよう。
日本酒に詳しくない方は、利き酒師の資格を持つ店長さんに好みの味を伝えましょう。
きっと、アナタが気に入ること間違いなしのお酒を用意してくれますよ。
また、お酒だけじゃなく、料理も絶品。
その場で裁いた新鮮なお刺身の盛り合わせや、滋味深い味わいの漬物など、どれもこれも日本酒のアテになるような肴がリーズナブルなお値段で楽しむことができます。
最近はメディアで取り上げられる機会が増えた影響で、週末は少し混んでいるので早めの入店がおすすめですよ。

ひとり酒では終わらない!?今夜は【西荻窪】の居酒屋でとことん飲んだくれる!

中央線では各駅停車しか停まらない【西荻窪】ですが、なんとここもディープな居酒屋が盛り沢山。
南口を出て、すぐ右手に進めばそこはもう飲屋街となっており、平日・土日ともに関係なく沢山の人で賑わっています。
お腹が空いている方は、【焼き鳥屋 戎】でお腹を満たしましょう。南口にはなんと6店舗もあり、地元の人からしたら言わずと知れた有名店です。普段使いしやすい為、一人飲みで来店する方も多数いるので、居心地の良さも抜群。焼き鳥の美味しさはもちろんのこと、【いわしコロッケ】もジューシーで食べ応えがあるので、お腹に余裕があれば是非食べてみてくださいね。
空腹を満たしたら、次は【Aサイン】で静かに店員さんとの時間を過ごすのがおすすめ。
店内はわずか6席程で、日替わりのバーテンダーさんがほどよい雰囲気作りをしながら美味しいお酒を作ってくれます。エリア柄、バンドマンやアパレル関係の方など多彩なジャンルの方が来店されるので、普段では出会わないような人脈を広げることもできるかも…。

ひとり酒だってワインが飲みたい!ワイン居酒屋で今夜はほろ酔い気分♪

ひとり酒をしていると、「騒がしい場所には行きたくないけど、少し酔いたいな…。」なんて日も出てきますよね。そんな時におすすめしたいのが【ワイン居酒屋】。
都内各地に店舗を持つ【vivo dairy stand】では、アナタの気分や好みに合った一杯を見つけることができるはず。
メニュー表を開くと、名前の下に香りや味わいの説明が記されているので、それを見ながら想像力を駆り立たせて頼んでみるのも面白いですよ。コーヒー、カシス、ラズベリー、チョコレート…等々、様々な味わいが詰まった一杯を楽しむことができます。
また、一品400円〜のおつまみも魅力的。ツナとほうれん草のキッシュやきのこのブルゴーニュ風など、名前も味もワインの美味しさを引き立たせるようなものが多数置いてあるので、お腹に余裕がある方は是非食べてみてくださいね。
数店舗展開しているなかで、一番席数が広いのは中野店。ゆったりとした空間で、アナタだけの特別な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3