中国のお酒として有名な紹興酒はもち米を原料とする黄酒から造られる

  • メンバー
  • 更新日:
9view
favorite

中国のお酒といえば紹興酒が有名ですが、紹興酒は黄酒を長期熟成させた老酒の一種です。黄酒は日本酒と同じ醸造酒で、主な原料にもち米が使われています。紹興酒と名乗るには、国が設けた基準をクリアする必要があります。黄酒の関しては地域によって、原材料が異なります。黄酒が最も盛んに製造されているのは、上海と江蘇、そして紹興エリアです。紹興酒の楽しみ方は独特な味わいだけでなく、その入れ物となるボトルにもあります。美しく絵付けされたデザインは、原産地の文化を象徴するものです。

紹興酒は黄酒を長期熟成させたもの

中国のお酒といえば紹興酒が有名ですが、このお酒の元となるのが黄酒と呼ばれるものです。紹興酒は黄酒を長期熟成させた老酒(ラオチュウ)で、老酒の中でも紹興市を原産地とするものの総称です。さらに国が設けた基準をクリアしなければ、紹興酒と名乗ることはできません。日本の場合も全国に様々な酒造メーカーがありますが、中国の黄酒にも多くの種類があります。主原料となるのは主にもち米ですが、それ以外にも地域の特産が材料に加えられることもあります。青島など北方エリアでは、主原料に黒米などが使われます。味わいも個性となっており、人によって癖が強かったりします。黄酒が最も盛んに製造されているのは、上海や江蘇、そして紹興エリアです。主原料となるのがもち米で、糖化に使われる麹には麦が用いられます。福建や広東などの南方エリアでは、主原料はもち米ですが麹には紅麹が使われたりします。その背景には気候の暖かさが関係しています。

多彩な原料により種類が豊富

現代の日本では様々なお酒を楽しむことができますが、その中でも紹興酒には独特な魅力があります。その一つは多彩な原料によって、種類も豊富だからです。それに対して日本酒ならお米、ワインならブドウ、そしてビールなら麦芽と原料はほぼ決まっています。一方、紹興酒に代表される黄酒の場合は、米やもちごめ、黒米など目立ったものだけで3?4種類あります。そして糖化に必要な麹にしても、米や麦、紅麹など多様になっているわけです。同じ黄酒というジャンルの中でも、これだけ味や風味、色味も異なるお酒は他には見当たりません。それゆえ紹興酒が苦手だという方でも、飲みやすい黄酒から入れば好きになれるものです。紹興酒の魅力としては、中華料理との相性が抜群なことも外せません。中華料理には日本酒やワインも合いますが、味を何倍にも引き上げられるのが紹興酒の強みです。そこには長年の改良の歴史があり他のお酒が代用できる余地はありません。

紹興酒のボトルのデザイン

紹興酒の楽しみは、ボトルのデザインにもあります。黄酒のボトルデザインは、一つとして同じものが無いと言われるほど多様です。日本で流通する紹興酒のボトルは同じですが、その殆どは流通基盤が整った大手メーカーもものです。それに対して地方で製造される黄酒や紹興酒のボトルは、それぞれに趣向が凝らされたものばかりです。その昔、中国では女の子が生まれると、上質な黄酒を家の庭に生まれる風習がありました。そして女の子がお嫁に行く際に、長期熟成されたそのお酒を振る舞いました。人々は熟成されたお酒を飲みながら、子供の成長をしみじみ感じたものです。その際に使われたのが絵付けされた入れ物です。その風習が紹興酒等のボトルにも残っており、様々な絵付けがなされているわけです。描かれる模様は原産地の文化を表しています。そうしたデザインを楽しめるのも紹興酒の味わいの一つです。原産地に想いを寄せるのも粋なお酒の飲み方となります。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3