紹興酒と老酒は同じもの?二つの違い&美味しい飲み方を詳しく解説

  • メンバー
  • 更新日:
14view
favorite

中国料理によくあうお酒「紹興酒」。ときに、お店で紹興酒を頼むと「老酒」が出てくることもあるので、「二つは同じものなのかな」と思われている方も多いかもしれません。
ですが、実はこの二つは違うもの。
ざっくりいうと、「老酒」の種類の一つに、「紹興酒」があるんです。
「日本酒」のなかに「獺祭」がある中国料理によくあうお酒「紹興酒」。ときに、お店で紹興酒を頼むと「老酒」が出てくることもあるので、「二つは同じものなのかな」と思われている方も多いかもしれません。
ですが、実はこの二つは違うもの。
ざっくりいうと、「老酒」の種類の一つに、「紹興酒」があるんです。
ここでは、紹興酒と老酒の違いを詳しく解説します。
違いを知れば、お酒の楽しみも広がるもの。ぜひ参考にしてくださいね。

老酒について解説!紹興酒との違いは?どういう意味を持つお酒?

それではまず、老酒について解説していきます。老酒は中国のお酒で、「ながく寝かせた酒」という意味を持っています。長期間にわたって熟成され、保存されたお酒のことを指します。

お酒の種類・ジャンルの呼び名と考えると、分かりやすいかもしれません。ちなみに、「ラオチュウ」と読みます。

造られた土地によって、さらに種類が増えたり名前が変わったりします。よく混同される紹興酒は、老酒の一種。

「老酒と紹興酒」の関係は、日本で言うところの「日本酒と獺祭」「焼酎と麦焼酎」みたいな感じをイメージすると、理解しやすいですね。

中国料理店で「老酒」と言うと「紹興酒」が出てくるのは、これが理由。お店によっては老酒の種類が紹興酒しかないので、老酒を頼むと自動的に紹興酒が出てくるんです。よく知らない方からすると「二つは呼び方が違うだけで同じものなのかな?」と思ってしまいますよね。

カジュアルイタリアンのお店で「赤ワインのグラスをください」と言ったら自動的に特定の赤ワインが出てくるのと、同じ原理です。

紹興酒は紹興市で作られた老酒!3年以上の熟成期間が違いを生み出す

続いては、紹興酒についてご説明します。

先ほどの解説で出てきました通り、紹興酒は老酒の一種。紹興市(中国浙江省)で造られたものを指します。

もち米と麦麹を3年以上熟成させるのがポイントで、この年月が味に深みを出しています。

麦麹の酵素が小麦のたんぱく質を分解することで生まれるアミノ酸が、「うまみ」「深み」の素。この独特の製法でなければ、なかなか「うまみ」の出るお酒は造れません。

また、紹興酒には熟成させた年月によって味わいが変わってきます。

3~5年は若いお酒に入り、ピリッとしたアルコールの刺激と酸があるのが特徴。うまみのなかに、さっぱりした味わいが楽しめます。5年~10年は中熟成酒と呼ばれ、口当たりがいいのがポイント。アルコール感が適度にあり、濃厚な味わいが強くなります。15年以上になると、長期熟成酒となり、落ち着いた味わいが増します。アルコール香がほとんどなくなり、酸もあまり感じません。ゆっくりと口のなかで転がしながら飲んでも楽しめるようになりますよ。

老酒のなかでも美味しさが有名にさせた、紹興酒。熟成年度も確認しながらいただくと、楽しみ方も広がります。

「老酒と同じもの」というのは間違い!紹興酒の美味しい飲み方とは

老酒と紹興酒の違いを、ご説明してきました。二つは異なるものですが、日本では紹興酒という呼び名の知名度が抜群に高く、よく飲まれます。そこで、紹興酒の美味しい飲み方をいくつかピックアップしてみました。ぜひ参考にしてくださいね。

一つ目は、ストレート。うまみと深みがあるお酒ですから、ぜひゆっくりとストレートで味わってください。爽やかなお酒が好きだという方は、熟成年数の低いもの(3年~5年程度)を選ぶと飲みやすいですよ。反対に、濃厚な味わいを楽しみたい方は15年以上のものを選ぶのがおすすめです。氷を入れてロックにしても、いいですね。

次に紹介するのは、燗。日本酒のように、35度~45度に温めて飲むと、香りが口の中に鮮やかに広がります。中国ではあまりされない飲み方ですが、日本人の口には合うようで、美味しくいただけますよ。温かくするとお酒の風味が増すので、香りがきついときは、レモンを絞ったりスライスを浮かべるといいです。

最後にご紹介するのは、ソーダ割。紹興酒はリキュールなど甘いもので割ると味がケンカしてしまうので、シンプルに炭酸を加えるくらいがちょうどいいです。ぬるいとあまり美味しくないので、氷をたっぷり入れて少量の紹興酒をソーダで割るのがおすすめです。

三つとも、それぞれに違った美味しさが広がる紹興酒の飲み方ですので、試してみてくださいね。

紹興酒と老酒の違いを知るとお酒がもっと楽しくなる!ぜひ香りを楽しんで

ここまでお付きあいいただき、ありがとうございます。混同されがちな、「紹興酒」と「老酒」の違いをご説明してきました。また、日本でよく飲まれる紹興酒のアレンジもお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

老酒の一種が、紹興酒。この知識があるのとないのでは、今後のお酒の楽しみ方が全然違います。中華料理を楽しむときも、「老酒はどんな種類がありますか?」と店員さんに聞けるだけで、ツウな感じが出て周りからも一目置かれることでしょう。

少なくとも、「老酒を頼んだのに紹興酒が出てきたんだけど…」と、ちょっと恥ずかしいクレームをしてしまうことはなくなりますね。

ここでお伝えした通り、老酒には紹興酒以外にも様々な種類があります。また、厳密には紹興酒にも色々なバリエーションがあります。

元紅酒(げんこうしゅ)・加飯酒(かはんしゅ)・善醸酒(ぜんじょうしゅ)・香雪酒(こうせつしゅ)など、それぞれに原材料が違ったり酒造方法が少しずつ異なったりするので、色々と試してみてください。

長い歴史を持つ中国で造られた、老酒&紹興酒。そのうまみと深みを、存分に楽しんでください!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3