スピリッツとウイスキーは格好いいお酒の代名詞ですが違い知る人は少ない

  • メンバー
  • 更新日:
7view
favorite

格好いいお酒といえば、ウイスキーやスピリッツが挙げられます。両者はいずれも醸造酒を沸騰させて造る蒸留酒です。蒸留酒は必然的にアルコール度数が高くなります。世界的には蒸留酒全般がスピリッツと呼ばれます。ただし日本の酒税法上は、ウイスキーはスピリッツに含まれません。ウイスキーの原料はトウモロコシや大麦です。4大スピリッツのジンとウォッカ、ラムとテキーラは原材料や製法に違いがあります。因みにワインを蒸留したのがブランデーです。

スピリッツとウイスキーは蒸留酒

スーパーやコンビニには、様々な種類のお酒が売られています。男性でも女性でもお酒に詳しいことは、周囲から恰好良く見られるものです。格好いいお酒といえば、ウイスキーやスピリッツが挙げられます。それでも両者の違いを明確に言える人は、意外と少ないものです。そこで当記事ではウイスキーとスピリッツの定義を明確にしながら、歴史的経緯についても紹介します。そもそも日本の酒税法上では、アルコール分1度以上のものは全てお酒に分類されます。今回紹介するウイスキーとスピリッツは、いずれもアルコール度数が40度前後であり完全にお酒に分類されます。すなわち酒税法上は全く同じ扱いとなるわけです。そして区分的にもウイスキーとスピリッツは、蒸留酒と同区分になります。因みに日本で人気の焼酎も蒸留酒です。そもそも蒸留酒は醸造酒を沸騰させて製造するお酒のことです。醸造酒を熱することで沸点の低いアルコールが水よりも先に気化します。

スピリッツとウイスキーは酒税法上の違いがある

蒸留酒の素になる醸造酒は、米や麦などの原料をアルコール発酵させて製造されるお酒です。代表的なものにビールや日本酒、そしてワインが挙げられます。醸造酒の場合発酵を担う酵母菌などの微生物が、高濃度のアルコールで死滅する条件下に置かれています。そのためアルコール度数は低く抑えられるので、飲みやすいという特徴があります。因みに蒸留酒や醸造酒に果実やハーブ、香料などを加えたものは混成酒と呼ばれます。スピリッツは世界的には、蒸留酒全般を指す言葉です。スピリッツには精神という意味があり、人々の魂を躍動させるモノとして用いられていました。ただし日本では酒税法上、異なった意味で使われています。蒸留酒であることに変わりはありませんが、ウイスキーとブランデー、焼酎と原料用アルコールが除外されます。加えてエキス分が2度以下と規定されています。日本ではジンとウォッカ、ラムとテキーラを称して4大スピリッツと言います。

スピリッツとウイスキーは原材料が異なる

ウイスキーとスピリッツは酒税法上区別されますが、そもそも両者には原材料や製法における違いがあります。ウイスキーの原材料は、トウモロコシや大麦などの発芽した穀類です。原材料に水を加えて糖化させ、酵母により発酵させます。すなわちビールを製造する工程と同じです。いわばウイスキーはビールを蒸留して造るお酒となります。因みにブランデーはワインを蒸留して製造されます。それでは4大スピリッツについて見ていきます。ジンの原材料には大麦やライ麦、ジャガイモなどが使われています。最初にジンをつくったのは、イタリアの修道士と言われています。ウォッカにはトウモロコシや大麦、ライ麦や小麦が原材料に使われます。スピリッツの中では癖がないのが特徴で、通常は無色透明です。サトウキビを原料とするのがラムで、大航海時代に普及しました。そしてテキーラは、メキシコ産のリュウゼツランの一種ブルーアガベという植物を原料としています。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3