え、日本だけ?スピリッツとウイスキーの違いを分ける独自ルールとは

今回は、知ってると鼻が高いスピリッツとウイスキーの違いについて詳しくお伝えします。

  • メンバー
  • 作成日:
178view
favorite
え、日本だけ?スピリッツとウイスキーの違いを分ける独自ルールとは

アルコール度数の高いお酒といえば、スピリッツやウイスキーが挙げられます。

ウイスキーやスピリッツが好きだったり、詳しかったりすると「お、お酒に詳しいな?」なんて思っちゃいますよね!

でも、この2つの違いというと明確に答えられる人は意外と少ないかもしれません。

ウイスキーもスピリッツもどちらも蒸留酒で、同じカテゴリーなのですがいったいどのように違うのでしょうか?

今回は、知ってると鼻が高いスピリッツとウイスキーの違いについて詳しくお伝えします。

スピリッツもウイスキーも蒸留しますが違いはどこ?


スピリッツもウイスキーもいずれも醸造酒を沸騰させて造る蒸留酒です。

蒸留酒は必然的にアルコール度数が高くなりますので、どちらも度数が高いものが多いです。

世界的には、蒸留されているお酒はすべてスピリッツと呼ばれるのですが、日本の酒税法上は、ウイスキーはスピリッツに含まれません。

日本では大麦やとうもろこしなどの穀類からできた蒸留酒を木樽で熟成させたものをウイスキーと呼んでいます。

4大スピリッツのジンとウォッカ、ラムとテキーラはそれぞれ原材料や製法に違いがあるのです。

またワインを蒸留したものがブランデーです。

日本ではスピリッツとウイスキーには酒税法上の違いがある


蒸留酒の素になる醸造酒は、米や麦などの原料をアルコール発酵させて製造されるお酒です。

代表的なものにビールや日本酒、そしてワインが挙げられます。

ワインやビールなどの醸造酒の場合発酵を担う酵母菌などの微生物が、高濃度のアルコールで死滅してしまいます。

そのためアルコール度数は低く抑えられるので、飲みやすいのです。

スピリッツは世界的には、蒸留酒全般を指す言葉です。

ただし日本では酒税法上、異なった意味で使われています。

ウィスキーも蒸留酒であることに変わりはありませんが、日本ではウイスキーとブランデー、焼酎と原料用アルコールが、このスピリッツからは除外されているのです。

日本ではジンとウォッカ、ラムとテキーラを称して4大スピリッツと呼んでいます。

4大スピリッツとウイスキーの原材料の違い


ウイスキーとスピリッツは酒税法上区別されていますが、そもそも両者には原材料や製法における違いがあります。

ウイスキーの原材料は、トウモロコシや大麦などの発芽した穀類です。

原材料に水を加えて糖化させ、酵母により発酵させます。

すなわちビールを製造する工程と同じです。

その後、ウイスキーは木樽によってさらに熟成されます。

このようにつくられたのがウイスキーです。

ブランデーもワインを蒸留して造られ、その後樽で熟成させます。

それでは4大スピリッツについて掘り下げてみましょう。

ジンの原材料には大麦やライ麦、ジャガイモなどです。

ウォッカにはトウモロコシや大麦、ライ麦や小麦が原材料に使われます。

スピリッツの中では癖がないのが特徴で、通常は無色透明です。

サトウキビを原料とするのがラムで、テキーラは、メキシコ産のリュウゼツランの一種ブルーアガベという植物を原料としています。

ラムやテキーラは熟成させることはありますが、ジンは植物で風味付けをし、ウォッカは白樺の皮で濾過されます。

こういった原料と製法の違いが、スピリッツとウィスキーを明確に分けているのです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3