必殺!リキュールのおいしい飲み方講座!通ならこう飲むアレンジ8選

今回は人気の高いリキュールの種類と、そのおいしい飲み方についてご紹介します。

  • メンバー
  • 作成日:
43view
favorite
必殺!リキュールのおいしい飲み方講座!通ならこう飲むアレンジ8選

リキュールって飲みやすくておいしいですよね。

お酒初心者の方に合う飲みやすいリキュールはもちろん、中には通好みの個性的なリキュールもあります。

リキュールってとっても奥が深いお酒なんです!

もちろんそれぞれのリキュールに合うおいしい飲み方があります。

リキュールは大きくわけて4種類に分けられていますので、その種類ごとのおいしい飲み方を知っていたら、リキュール好きの第一人者!といってもいいでしょう。

今回は人気の高いリキュールの種類と、そのおいしい飲み方についてご紹介します。

リキュールのおいしい飲み方を知るにはまず基礎知識


一般的にリキュールとは、蒸留酒に果汁や糖分などを加えて風味をよくしたものです。

日本では蒸留酒だけでなく醸造酒に風味を加えたものも酒税法上リキュールと呼んでいます。

今では大人の楽しみとなっているリキュールですが元々は医師が薬として扱っていたものでした。

その歴史は大変古く、紀元前にはすでにリキュールは存在していたとされています。

所説ありますが、紀元前古代ギリシャの医師が、ワインに薬草を溶かし入れて薬として用いていたのが起源といわれています。

この薬草系のリキュールが元祖なので今でもリキュールには薬草系のものがたくさん作られています。

また、現代ではこの薬草系のほか、フルーツ系、ナッツ系、それ以外の動物由来(クリームなど)系などに分かれています。

薬草系リキュールのおいしい飲み方


薬草系のリキュールのおいしい飲み方をご紹介しましょう。

【01】アブサンドリップ

度数が高いことで有名なリキュール、アブサンの一風変わったおいしい飲み方です。

アブサンは銘柄によって度数が異なりますが、40度から70度のものも存在し、独特の香りと高いアルコール度数で禁断のお酒と呼ばれています。

ストレートで飲むのが基本ですが、度数を緩和させるために角砂糖に染み込ませて楽しむという変わった方法があるんです。

アブサンスプーンと呼ばれる、穴の開いたスプーンを用意します。

アブサンのグラスの上に、穴の開いたスプーンを乗せます。その上に角砂糖をおき、角砂糖の上から水を1滴ずつ垂らしていきます。

するとスプーンから甘い水がぽとりぽとりと落ち、アブサンの中に溶け込むと、リキュールと水が反応してアブサンの色が白く濁っていくのです。

角砂糖がほどよく溶けたら、グラスに落としてかきまぜます。

また、アルコール度数が高いので、スプーンに乗せた角砂糖にアブサンを浸しておき、火をつけるという飲み方もあります。

ちょっとマジックのような飲み方ですね!

【02】カンパリソーダ

日本でも人気の高い薬草系のリキュールといえば、カンパリですよね。

中でもカンパリソーダは定番の飲み方です。

カンパリ1/3ほどにソーダを加えて作るものですが、レモンやオレンジの果汁を加えたり、添えたりするのもとてもよく合います。

苦みとさわやかさが後を引くカクテルです。

フルーツ系のリキュールのおいしい飲み方


リキュールというとフルーツ系のお酒を想像する方も多いと思います。

飲みやすい風味で人気なのが、このフルーツ系リキュールです。

実は日本で愛好者の多い梅酒もリキュールの種類のひとつです。

梅酒の場合は日本でも長く親しまれているので、ロックやストレート、ソーダ割など様々な方法で楽しまれていますね。

他に人気の高いフルーツ系のリキュールは、カシスやフランボワーズ、桃などのリキュールです。

【03】カシスオレンジ

カシスオレンジはフルーツ系リキュールの中でも、有名な飲み方です。

カシス1/4程にオレンジジュースを加えて飲みます。

甘味と酸味がちょうどよく、お酒が苦手な方でも飲みやすいカクテルです。

【04】カシスソーダ

また、フルーツ系のリキュールであれば、どれもおいしく飲めるのがソーダ割です。

カシスだけに限らず、ライチリキュールのディタなどもソーダ割でさっぱり飲むことができます。

甘めの強いカシスなどのリキュールであれば、グラスに1/4程度そそぎ、その後ソーダを加えて飲みます。

ナッツ系のリキュールのおいしい飲み方とは


フルーツ系に負けないくらい甘味があり、人気も高いのはナッツ系のリキュールです。

中でもコーヒーリキュールである「カルーア」は一度は聞いたことのあるリキュールだと思います。

カルーアはコーヒー豆とサトウキビの蒸留酒で作られた甘めのリキュールです。

とても甘いのでついつい飲みすぎてしまいますが実はアルコール度数は20パーセント程度あります。

【05】カルーアミルク

ナッツ系のリキュールのおすすめは、なんといっても甘さを生かしたミルク割です。

中でも有名なカルーアミルクは、お酒に詳しくない人でも飲んだことのあるカクテルでしょう。

ロックグラスに、カルーアを1/4程そそぎ、ミルクを加えます。

十分に甘いので、甘味を足す必要はありません。

【06】アフォガード風

ナッツ系のリキュールで一風変わった楽しみ方をご紹介します。

それはアイスクリームにかけることです。

アイスクリームの種類は、リキュールによってチョコレートやバニラなどお好みで変えていいと思いますが、まずはバニラで試してみてください。

カルーアであれば、バニラアイスの上にそのままカルーアをそそいで食べます。

ちょっぴり大人のデザートとして、大満足の一品です。

その他のリキュールのおいしい飲み方あれこれ


その他にはさまざまな種類のリキュールがありますが、定番はクリーム系のリキュールやヨーグルトのリキュールです。

乳製品を使用したリキュールが多く、コクがあり甘味のあるリキュールが多いので、やはりミルクと合わせて飲むのがおすすめです。

クリーム系のリキュールで有名なものに「ベイリーズ」があります。

ベイリーズはアイリッシュウイスキーをベースに、クリームやカカオ、バニラなどを加えた、リキュールです。

1974年にアイルランドでつくられ、現在では世界中で親しまれています。

このベイリーズはもちろん、ミルクやソーダで割ってもおいしいのですが、おすすめの飲み方をご紹介します。

【07】ベイリーズコーヒー

カルーアの逆で、ベイリーズはミルキーなので、コーヒーに合わせます。

コーヒーとベイリーズの割合は1:1。寒いときにはホットでも楽しめます。

ベイリーズはカルーアほど甘味がないので、糖分が足りない方はグレナデンシロップやハチミツを加えてください。

飾りにココアを振りかけたり、シナモンパウダーを散らしてもおいしくいただけます。

【08】ジュース割

ヨーグルトリキュールにおすすめなのが、フルーツジュースで割る飲み方です。

大人の飲むヨーグルトのフルーツフレーバーといった感じです。

どのフルーツとの相性も抜群ですが、クランベリーやブルーベリーなどベリー系との相性が特にいいです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ