幅広い層に人気のリキュールにはカクテル以外にもおいしい飲み方がある

  • メンバー
  • 更新日:
7view
favorite

幅広い層に人気のリキュールには、カクテル以外にもおいしい飲み方が色々あります。ストレートで飲むのも選択肢の一つで、リキュール本来の味や風味を感じられます。落ち着いた環境で、じっくり舐めるように楽しむのがおすすめです。強いアルコールが苦手な方は、ロックで飲むのも良いと言えます。一方ゴクゴク飲みたい方には、水割りがおすすめです。リキュールには副原料のエキスがしっかり入っており、水で割っても風味が損なわれません。そして夏場の暑い日には、ソーダ割にするのが美味しい飲み方と言えます。

先ずはリキュールをストレートで

カクテルとして幅広い層に人気のリキュールですが、おいしい飲み方には色々な種類があります。定番のカクテルをはじめ、ストレートで飲まれることも少なくありません。種類や好みに応じて、色々変化を楽しめるのがリキュールの魅力でもあります。ここではそんなリキュールの美味しい飲み方について紹介します。リキュールはカクテルやソーダ割で飲む機会が多いですが、おすすめなのはストレートで先ず味わうことです。このお酒は何かと割ることが前提と思われがちですが、基本的には単体で完成しているお酒です。それゆえ単体で飲んでも十分に味わいを楽しめるわけです。ただしリキュールの種類によってはアルコール度数がかなり高いものがあり、一気に飲むのはリスクがあります。それゆえ落ち着いた環境において、じっくり舐めるように飲むのが良いとされます。このお酒は単体で飲んでこそ深い味わいが分かるものです。先ずはストレートで味わいたいものです。

ロックで飲むのもおいしい

リキュールは先ずストレートで飲むのがおすすめですが、それでもアルコールや香味がきつい場合はロックにすると良いでしょう。アルコールが薄まって飲みやすくなり、氷の冷たさが香味のきつさを抑えます。お酒がそれほど強くない方でも、ロックにすれば飲みやすくなります。氷がゆっくり溶け出すことで、リキュールの濃厚な味わいが緩和され、自分好みのさっぱりしたテイストに変化します。そうした過程を楽しめるのも、ロックの魅力と言えます。それゆえ居酒屋などワイワイガヤガヤする場所でなく、落ち着いたバーや自宅でゆっくり飲みたいものです。一方、とにかくリキュールをゴクゴク飲みたい方には、水割りがおすすめです。リキュールは副原料のエキスがしっかり入っており、水割りにしても味や香味をしっかり感じられます。多少水で薄まりますが独特な風味は残るので本来の味を楽しめます。時間が経過するほどアルコールも薄まるので初心者でも安心です。

夏場のリキュールの飲み方

蒸し暑い季節が訪れたら、リキュールのソーダ割が美味しい飲み方となります。ソーダ割はすっきりした飲み方にぴったりで、夏の暑さの中にも爽やかな味わいを楽しめます。ソーダで割ってもリキュールの風味や味わいは損なわれず、ソーダならではのシュワシュワ感も堪能できます。ソーダ割はカクテルと並び、リキュールの代表的な飲み方の一つです。水割りやロックと比べても、飲みやすさは遜色ありません。それゆえお酒が強い方は勿論、強いお酒が苦手な方にもおすすめの飲み方だと言えます。それでもカクテルがいいと言う初心者には、柑橘系のリキュールがおすすめです。馴染みのある果実の味であればアルコールが強めでも気にならないからです。オレンジやレモンなどの柑橘系は後味がさっぱりしており2杯目以降も飲みやすいものです。ただし飲み過ぎる恐れがあるので、ゆっくり味わいながら楽しむことが大事です。またチェイサー等を用意すると良いでしょう。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3