紹興酒の歴史と効能

  • メンバー
  • 更新日:
11view
favorite

紹興酒が中国で生まれどのような歴史があるかを解説します。何故中国でも紹興酒があまり知られていないのか、何故日本では飲まれて以内のかなどを解説した上で紹興酒がもつ効能についても解説します。また作り方も解説しますが、詳しい文献などがありませんので分かる範囲内で解説をします。

紹興酒の歴史

紹興酒は中国で作られている醸造酒です。ワインなどの醸造酒と同じ様に製造され、熟成させることで味わいが変わるお酒です。紹興酒はお酒の中では歴史的にはかなり古いものになりますが起源については諸説あり、実際の所、何時頃から飲まれていたお酒なのかは分らないお酒です。元々は黄酒と呼ばれており地元の民家が作るお酒として振舞われていた物でワインや日本酒などのように、商品化されたお酒ではなく、一般の地酒として飲まれていたため市場に回らないお酒でした。しかし近年2000年頃から紹興酒に含まれる成分が健康を促進する効果があると研究で分り現在では700ほどの中国企業が紹興酒を製造し販売しています。ですが、2000年はこのお酒は企業も販売をすることが法律で禁止されており、2003年、中国政府が企業に対して紹興酒の製造を解禁し現在では700ほどの企業が製造できるお酒となりましたが元々は販売も禁止されていたお酒です。

紹興酒の製造法

紹興酒の作り方は酒母を作り熟成させることで飲めるお酒となり、ワインと同じ様に熟成させるお酒です。酒母はもち米を発酵させカラメルを加えた物を酒母とし、発酵させることで飲めるお酒として提供します。この時、お米を発酵させる点がワインとは異なり、発酵した物を殺菌してから提供するためワインとは違いアルコール度数も低いです。直、アルコール度数が高い物も存在しており、こちらの場合は発酵を進ませるごとに酒母が酸味をますため、飲みにくくなるため中国ではあまり飲まれなくなりました。しかし、飲めないわけではないため、さらに酸味を打ち消すために角砂糖を入れて酸味を打ち消すなどをして飲める状態にした物を再度提供するなどをしているお店もあります。他には酒母を作る際紹興酒の完成品と混ぜ合わせ強制的に発酵を促した上でアルコール度数を高める方法で作られた紹興酒もあり、製造法についても企業や家庭により異なる製造法があります。

紹興酒が日本で普及しない理由

紹興酒は乳酸菌を発酵させ作るワインのような物ですが、日本で普及はあまりしておらず、浸透もしていません。その理由ですが日本の場合、焼酎や日本酒などこちらも同様に発酵をさせたお酒が大変多く、また、フランスやイギリス原産のワインなどもあり、競合するお酒が多いためあまり浸透をしていません。そして、味わいについても日本酒などの他ワインと比べると、品質が安定していないという点に置いても問題があるとされ普及を妨げています。これについては、禁止されていたお酒ということもあり、中国企業で作られるようになったもの2003年と最近ですので仕方のないことです。ですが、紹興酒が持つ本来の効能を理解すれば日本でも紹興酒が広まりを見せる可能性はあります。

紹興酒がもつ効能とは?

紹興酒は、食欲増進、疲労回復、消化があります。これは乳酸菌による力で体内の老廃物を外に送り出し、胃腸を健康に保つ効果があるためです。紹興酒発酵とは別に熟成させることができ、温度を低くすることで発酵させず熟成させることが出来ます。熟成を重ねた場合は乳酸菌が減りますがその分のみ安くなり味もまろやかな味へと変貌します。紹興酒は、熟成を重ねれば重ねた分乳酸菌は減りますがうまみに変換され飲みやすくなるのが特徴のお酒です。、また、熟成をすることで生まれる栄養素としてはミネラルなどの他アミノ酸も多くなります。そのため、熟成が進んだからといって乳酸菌が死滅し、健康に作用する栄養素がなくなるわけではありません。ミネラルやアミノ酸は人間が生きていくうえで必要な栄養素ですので、不足すると体の各部位に悪い影響も出ますので健康を考えた場合、熟成した物、発酵が進んだ物、どちらも健康には良いとされるお酒です。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3