リキュールの女王と呼ばれているお酒を徹底調査!おいしい飲み方3選

  • メンバー
  • 更新日:
9view
favorite

フルーツや薬草などと組み合わせて作られている女性人気の高いお酒リキュール。近年ではさまざまなタイプのリキュールが造られていますが、その中で「女王のお酒」と呼ばれているリキュールをご存知でしょうか。薬草系のリキュールの中には世界的にも有名な女王のお酒と呼ばれているリキュールがあります。そのお酒の歴史や製法、更には女王のお酒を使ったおいしいカクテルなどをご紹介します。これを見たら、ますますリキュールの虜になること間違いなしです。

リキュールの女王と呼ばれているお酒はこれだ!その歴史も覗き見

フランスのカトリック教会に受け継がれているお酒「シャルトリューズ」をご存知でしょうか。フランスを代表するリキュールとなっており、風味豊かなリキュールは正に「女王のお酒」として親しまれています。シャトルリューズの歴史は古く、そのためはっきりとした歴史は残されていません。1605年、当時フランスの王であったアンリ4世のめかけの兄がカトリック教会にシャトルリューズを伝えたとされていますが、どこからシャトルリューズが伝わってきたのかはっきりとは分かっていません。また、同時期にフランスに住む男性が製作したのが始まりではないかとも言われています。そのため、1605年頃からシャトルリューズはすでに存在してたことが分かります。
そのお酒はグランド・シャトルリューズ修道院に1735年に伝わり、当時は薬用として扱われていましたが、フランス革命後に他でも作られるようになり、お酒として広まっていくここなったのです。

女王のお酒シャトルリューズはどのようにして作られているのか

フランス生まれのシャトルリューズは実は制作方法などの詳細は明らかにはされていません。正確なシャトルリューズの製造方法というのは、シャトルリューズ修道院の修道院数名が知るのみだといわれています。正確な製造方法は明らかではありませんが、シャトルリューズの基本となるアルコールはブランデーとなっています。そのブランデーをベースとして、砂糖とシナモンやナツメグなどの約130種類もの薬草を加えて作られているとされています。どのようなハーブをどれだけ使用しているのかなどについては全くのなぞなのです。
ただ、シャトルリューズは5回の浸漬と4回の蒸留によって調理がされているということだけは一般にも公開していますが、詳しい手法や期間などについては明らかとなってはいません。熟成の期間は最低で3年、長いものでは12年ほどとなっており、製造はシャトルリューズの修道士によって行われて、他では作ることが出来ないお酒です。

魅惑のリキュールシャトルリューズの代表は二種類

女王のお酒シャトルリューズにはいくつかの種類があります。俗に緑と呼ばれているヴェール、もうひとつは黄色のジューヌとなっています。ヴェールは130種類ものハーブを5回浸漬させ、4度の蒸留を行い、3年間熟成させます。たくさんのハーブのエキスがアルコールに浸透していますのでスパイシーで複雑な風味が特徴となっています。味わいは砂糖も加えてありますので、甘めとなっていますが、アルコール度数は55度です。アルコールの高さとハーブの独特の香と味わいの為、万人受けというよりもやや上級者に好まれます。
黄色のジューヌはヴェールよりもアルコール度数は控えめですが、40度と他のリキュールに比べると高めにはなっています。熟成の期間もヴェールと同様に3年程度です。ハーブの風味もありますが、蜂蜜の風味の方が強い為、ヴェールよりも甘さを感じることが出来る味わいで初心者の人でも安心して飲むことが出来るシャトルリューズです。

女王のお酒シャトルリューズのおいしい飲み方

シャトルリューズはアルコール度数は高めではありますが、甘めに風味となっていますので、ストレートで飲む手法が一般的となっています。常温のシャトルリューズをグラスに注いで、たくさんのハーブの香を楽しむながら飲むというのがシャトルリューズのおいしさが分かる飲み方となっています。
また、ストレートではちょっとアルコールがきついなと感じる人や暑い日にはオンザロック飲み方が定番とされています。バーなどでは多くの人がロックで楽しまれています。氷が少しずつ溶けていき加水されることによってシャトルリューズのフルーティーな味わいを楽しむことが出来ます。甘い味わいですので、大変おいしくのめるだけではなく、通の味わいが堪能できます。
それでもアルコールが強いなと感じる方はカクテルもお勧めです。

シャトルリューズのリキュールを使ったおいしいカクテル

シャトルリューズはそのままでも飲むことが出来るほど風味豊かなリキュールとなっています。そのため、あまり何も加えすぎないカクテルが定番です。シャトルリューズにソーダを加えただけのカクテルは定番となっています。またトニックとライムの果汁を加えたカクテルシャトルリューズカクテルも定番のカクテルとなっています。これらはシャトルシューズの風味を出来るだけ壊さないようにと配慮されたカクテルとなっており、アルコール度数が気になるというようなときに飲まれることが多いです。
なかなかの癖のあるシャトルリューズですので、もっと飲みやすくしたというような方には、オレンジジュースと混ぜ合わせたシャトルリューズオレンジというカクテルというのも好まれています。風味を活かしあまりあれこれと加えすぎてしまうと、シャトルリューズの風味や味わいのよさが半減してしまいますので、カクテルにされる際にはソーダなど最小限がお勧めです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3