酒好きなら知ってる?リキュールと日本酒の違いの判断基準とは?

今回は、リキュールの特徴と日本酒の特徴と違いをご説明します。

  • メンバー
  • 更新日:
357view
favorite
酒好きなら知ってる?リキュールと日本酒の違いの判断基準とは?

リキュールって、甘いものが多くて、カクテルのベースによく使われるお酒、というイメージですよね。

日本酒は、日本独自のお米を原料にしたお酒というイメージでしょうか。

では、このリキュールと日本酒の違いとはなんでしょう。

改めて言われると、味や原料が違うのでは?という何となくの違いくらいしか浮かばない方も多いはず。

日本酒と似た味わいのリキュールもあります。

ただし日本酒は醸造酒なので、リキュールとは明確な違いがあるのです。

では、リキュールと日本酒の明確な違いとはなんでしょうか?

今回は、リキュールの特徴と日本酒の特徴を知って、違いをご説明します。

リキュールと日本酒のベースの違い


リキュールは蒸留酒(スピリッツ)に果実や香草、花などの香味を加えたお酒です。

種類によっては甘味料などが加えられることもあり、焼酎やホワイトリカーに梅を漬けて作られる日本の梅酒もリキュールに相当します。

お酒の種別においては、リキュールは混成酒に分類されます。

混成酒も醸造酒がベースなものと、蒸留酒がベースなものに分けられます。

ビールは醸造酒ですが、ビールがベースの混成酒はビールの一種となります。

そしてワインがベースの混成酒は、ワインの一種に分類されるわけです。

一方、リキュールのベースは蒸留酒となり、それぞれに香味成分が加わっても、ベースとなるリキュールの一種に分類されることになります。

原材料に関しては特に規定がなく製造法も自由です。

ただし日本の酒税法では、「酒類と糖類その他の物品を原料とした酒類」と定義されています。

しかもエキス分が2%以上とされており、味や風味が守られています。

また日本酒は醸造酒です。

蒸留酒をベースにしているリキュールと、醸造酒である日本酒はベースが違うのです。

リキュールと日本酒を分けている製造法の違い


先ほど、日本酒は醸造酒なので、リキュールとベースが違うとご説明しましたが、醸造酒と蒸留酒の違いについてご説明しましょう。

醸造酒は米や麦、ブドウなど原料をアルコール発酵させ造るものです。

それに対して蒸留酒は醸造酒を沸騰蒸留させて造られます。

蒸留という工程で不純物が除かれアルコールも凝縮されるという特徴があります。

そのため、蒸留酒はアルコール度数が高いのです。

お米から作られる醸造酒は日本酒ですが、それをさらに蒸留すると「米焼酎」になります。

この米焼酎に糖分やなんらかの風味を加えたら「米を使ったリキュール」になります。

たとえば、この米焼酎で梅を漬けて梅酒にしたらそれはリキュールです。

醸造酒の代表例を挙げれば日本酒やビールなどがあります。

リキュールの日本酒だけでなく他のお酒との違い


リキュールは製法が異なるので、他のお酒とは全く異なっています。

リキュールに使用される蒸留酒にしても、ブランデーやウォッカなど様々な種類が挙げられます。

つまり、醸造酒である日本酒やワインとは、もちろん蒸留酒であるブランデーやウォッカとも違う種類です。

醸造酒は、ワイン、ビール日本酒などを指し、蒸留酒は焼酎や、ウイスキー、ウォッカなどを指します。

醸造酒や蒸留酒は、作られた後に糖分や果汁を加えることはありません。

糖分や果汁を原料にしていても、あくまで発酵の時に原料にされているものです。

出来上がったお酒に対し、果汁や糖分などの風味が加えられたものがリキュールなのです。

そのため、日本酒ベースのリキュールもあれば、ブランデーベースのリキュールも存在するのです。

リキュールはそのため、飲みやすくされていたり、カクテル向きに調整されていたりします。

ベースのお酒のまた違った楽しみとして、リキュールを楽しむのも一つの方法ですね。

   
この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ