リキュールなのにチューハイ!?違いがわかるお酒の分類原則とは?

今回は、意外とわかりづらいリキュールとチューハイの違いについてご説明します。

  • メンバー
  • 更新日:
533view
favorite
リキュールなのにチューハイ!?違いがわかるお酒の分類原則とは?

缶チューハイを飲んでいて、ふと缶を良くみてみると「リキュール」と書いてあって何でだろうって思ったこと、ありませんか?

最近はやりのレモンサワー、これも見てみると「リキュール」と書いてあるではありませんか。

リキュールなのにどうしてチューハイと呼ぶんだろうと私はずっと疑問でした。

「でもそもそもリキュールってカクテルの元になるお酒のことじゃないの?どこが一緒なの?」

考え出すと疑問ばかりです。

今回は、意外とわかりづらいリキュールとチューハイの違いについてご説明します。

わかりづらいリキュールとチューハイの違い


リキュールとチューハイですがもちろん同じお酒です。

でも両者は厳密には違いがあるお酒です。

まず、リキュールは、蒸留酒(醸造酒のこともあります)に風味や香りづけのために果実や糖分などを加えた混合酒をいいます。

チューハイは、酎ハイと書き、焼酎を炭酸などで割った物のことです。

レモンなどの風味を付けるために果実や果汁がくわえられることがあります。

つまり、リキュールは蒸留酒に風味づけのために果汁や糖分などを加えた混合酒、チューハイは焼酎を炭酸で割り、果汁などで風味をつけた混合酒というわけなのです。

焼酎は、蒸留酒の一種なので、チューハイもリキュールの一種ということになります。

ただし、リキュールは基本的に原酒で売られていることも多く、クレームドカシスやカルアミルクなどこれらを割って飲むことを想定する人も多いことでしょう。

チューハイはすでに炭酸で割られているので、そこからまた水をくわえたりソーダを入れるということはありません。

ここが、リキュールとチューハイの違いと言えるでしょう。

リキュールとチューハイとカクテルの違い


カクテルはリキュールをジュースや炭酸など他のお酒で割ったものですね。

カクテルの状態でボトリングされて売っているものも、酒税法では「リキュール」になりますが、あくまでカクテルもチューハイと同じで、すでに「割ってある」状態のものを指します。

つまり、チューハイは焼酎という蒸留酒をベースに作られたカクテルということなので、チューハイはカクテルの一種ということになります。

リキュール

蒸留酒に味や風味を付けたもの。混合酒。

カクテル

蒸留酒や醸造酒、リキュールを飲みやすく炭酸やジュースなどで割ったり他のお酒を加えたもの。
酒税法ではリキュールの一種。

チューハイ

焼酎を飲みやすくするために炭酸などで割って果汁などで風味を加えたもの。
酒税法ではリキュールの一種。

このように分けられます。

とっても似ているのでわかりづらいですね。

これも謎?リキュールとチューハイとハイボールの違い


では、最近人気のハイボールとはどのような種類なのでしょうか。

最近では、ウイスキーを炭酸で割ったものをハイボールと呼びますが、これは元々蒸留酒を炭酸で割ったものをハイボールと呼んでいたもので、チューハイも炭酸割であれば「ハイボール」には違いありません。

焼酎のソーダ割りを、焼酎ハイボールと呼んだために略して「チューハイ」となったのです。

ハイボールの語源は諸説ありますが、スコットランドにあるゴルフ場でウイスキーのソーダ割り、つまり今で言うハイボールを飲んでいた人々の所に高くボールが打ち上げられ、高いボール、つまり「ハイボール」が飛んできたからハイボールと名前がついたとされています。

ただ、日本では炭酸でなくても「ハイ」をつけることがあり、ウーロンハイや緑茶ハイなど炭酸が入ってないもので焼酎を割ったときも「ハイボール」のハイを使用することがあります。

そういった場合は、炭酸ではなく「ウーロン茶で割ったもの」「緑茶で割ったもの」という定義です。

もちろん、この「ウーロンハイ」や「ハイボール」も缶で売っている場合の酒別は「リキュール」になります。

ちょっとわかりづらいですが、今度晩酌でハイボールの缶を開けるときには、ぜひ酒別も見てみてくださいね!

   
この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3