お盆で郷帰りする際の手土産として良い銘柄のお酒という選択肢がある

  • メンバー
  • 更新日:
11view
favorite

お盆で帰省する際には、手土産を持参するのが一般的です。値段が手頃なものが、相手の負担にならなくておすすめです。相手が酒好きの家族であれば、お酒も手土産の選択肢の一つです。お酒は親族と一緒に、楽しく歓談するのに役立ちます。ビールならプレミアムがおすすめですが、必ずしも銘柄にこだわる必要がありません。日本酒であれば少し高級な銘柄の方が、喜ばれる傾向にあります。手土産でお酒を持参する際には、併せて焼き菓子などを持っていくと一層喜ばれます。

お盆の手土産は相手のことを考えて

お盆で帰省する際には、何か手土産を持参するのが一般的な慣例です。手土産とお供え物は別にすればよいのか、値段はどれくらいが適当か悩むものです。お盆の手土産は持参する人の性格が現れるので、印象が左右されることもあります。特に新婚で相手の実家に帰省する場合、手土産は慎重に選ぶことが大事です。そこで当記事では、相手に喜ばれるお盆の手土産について解説しまます。先ず気になるのは値段ですが、一般的な相場は3,000円?5,000円くらいです。地域や家族との関係にもよりますが、相場が大体の目安となります。手土産は値段が高ければ良いというものではなく、あまりにも高すぎると相手を委縮させることになりかねません。そして相手が出す料理に対して、プレッシャーを与えかねないからです。それゆえ大切になるのが、相手の好みに合わせた少し良いモノを選ぶことです。相手がお酒好きであれば、お酒を手土産に選ぶのも選択肢となります。

お酒は楽しく歓談するのに役立つ

お盆の帰省での滞在中は、親族と一緒に楽しく歓談することが大事です。そのためには、お酒が欠かせない地域や家庭が多いものです。実家に少し良い銘柄のお酒を持参すれば、家族でなごやかな時間を過ごすことに役立ちます。ビールならプレミアムがおすすめですが、持ち運ぶのが大変なら地元で購入するのも一つの方法です。また必ずしもプレミアムにこだわる必要もないので、普段実家で飲まれている銘柄を選んでも問題ありません。要は相手が最も喜ぶお酒を持参することです。実家の家族がお酒に強いのであれば、質よりも量を優先した方が喜ばれたりします。一方日本酒や洋酒などでは、少し高級な銘柄の方が喜ばれる傾向があります。入手困難な銘柄を持参することで、相手に思いが伝わるものです。特に新婚ではじめて相手の実家に帰省するなら少し高級な銘柄を持参すると印象が良くなるものです。特にお盆の手土産としては、相手が喜ぶものを選ぶことが大切です。

義理の実家への里帰りならパートナーに確認してもらう

お盆の手土産を何にするか迷ったら、思い切って相手に聞いてみるのも一つの方法です。義理の実家への里帰りであれば、パートナーに確認してもらうのが良いわけです。特にお酒の場合は好みがあるので、予め確認しておくのが肝心です。手土産にお酒を持参する場合、地域の名産品などを併せると一層喜ばれるものです。地元の銘菓などを持参すれば、お酒が苦手な人でもご相伴にあずかれます。お盆中は食べ物が傷みやすいので、生ものは避けた方が良いと言えます。また高齢の方には硬いお煎餅なども避けた方が無難です。そうした事も、パートナーとよく話し合って決める必要があります。デパートなどで人気の焼き菓子はお盆のお土産としても選択肢となっています。クッキーやマドレーヌ、ラスクやバームクーヘンなどが人気です。これらは洋酒などとも相性が良いので併せて持参するのもおすすめです。見た目にもお土産として適っており場を楽しくする効果があります。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3