紹興酒ベースのカクテルを紹介しました。紹興酒というと飲み方が限られているように思われるかもしれませんが、基本のカクテルだけでもこんなにたくさんの飲み方があります。しっかりした味と個性を持っているお酒ですので、カクテルベースとしてもいろいろ応用が利きそうですよね。ご自分の好みにアレンジして新しいカクテルを発見してみるのも楽しいでしょう。中華料理を食べるときだけでなく、普段の晩酌や食後の一杯として、紹興酒カクテルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • メンバー
  • 更新日:
21view
favorite

中国のお酒といえば有名なのが紹興酒です。紹興酒は比較的安価で質の良いものも出回っているので、ぜひ毎日の晩酌アイテムとして加えておきたいものですよね。とはいっても、紹興酒ってどんなふうに飲めばいいのかちょっとわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、紹興酒のおいしい飲み方について紹介します。紹興酒をより楽しむために知っておきたい飲み方、ぜひチェックしてみてください。

紹興酒基本のおいしい飲み方ストレートで飲む

中国で一般的な飲み方としては、ストレートで飲む方法です。紹興酒は油っこい中華料理をいただくときに、その油分をスッキリ流してくれます。そんな紹興酒を手軽に楽しめるのがストレートという飲み方です。紹興酒のアルコール度数は16~18度が一般的ですので、ワインよりも少しアルコールが高いくらいです。ですので、ストレートでも飲みやすいんですね。日本酒と同じ程度と考えておけばよいでしょう。ストレートで飲む場合、常温で飲むことが比較的多いようですが、夏は冷たく冷やして飲むのもおすすめです。中華料理とも相性がいいので、食中酒としても大活躍してくれますよ。

紹興酒基本のおいしい飲み方ロックで飲む

紹興酒はストレートでも美味しいですが、紹興酒初心者の方にはロックで飲む方法もおすすめです。特に夏場はスッキリと冷やして飲むとのど越しも良くなります。日本酒や焼酎を冷たくして飲む習慣がある方は、紹興酒のロックも違和感なく飲むことができるでしょう。紹興酒には甘みが強いタイプもありますので、甘ったるさが苦手という方もロックなら氷の量を調節しながら飲むことができますね。

紹興酒基本のおいしい飲み方燗にして飲む

紹興酒を飲むなら一度は試していただきたいのが燗で飲むという飲み方です。意外に思うかもしれませんが、これが実においしいです。中華料理を食べるときでもレストランで頼めば紹興酒を燗にしてくれるところもあります。日本酒の感覚に近いですが、おすすめの温度は35~45度の範囲内でしょう。紹興酒の場合、レモンなどの果汁を絞って飲むこともあります。紹興酒を温めると、そのお酒特有の香りが強調され、酔い心地も軽くなります。日本酒の燗と同じですね。寒い冬にもピッタリの飲み方です。

紹興酒基本のおいしい飲み方ソーダ割で飲む

紹興酒はソーダで割って飲むという方法もあります。味がしっかりしていて甘みもあるのでソーダで割ると、ちょっとおしゃれなカクテルのように楽しむことができます。紹興酒独特の風味やくせがやわらぐので、紹興酒を始めて飲む人にもおすすめです。レモンを絞ったり梅干しを加えたりするのもおすすめです。紹興酒にソーダ水を加え、スライスレモンを加えると「上海ハイボール」というカクテルに早変わりします。紹興酒をいつもと違った雰囲気で味わいたいという時にもぴったりの飲み方です。

紹興酒お気に入りのおいしい飲み方を

紹興酒のおいしい飲み方について紹介してみました。紹興酒はまだまだ日常のお酒としてはなじみが薄いかもしれません。しかし、中華料理との相性は抜群ですし、意外と日本酒と同じノリで楽しむことができるお酒です。もちろん、料理にも使えるので、自宅に一本は常備しておきたいですね。ここに紹介した以外にも、ウーロン茶で割ったり、ジンジャーエールで割ったりというような変わった飲み方もあります。いろいろな飲み方を試してみて、ご自分のお気に入りの飲み方を見つけてみてください。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3