こっそり教えます!ここだけの紹興酒人気ランキング!

  • メンバー
  • 更新日:
31view
favorite

中国の伝統的な醸造酒である紹興酒。日本でも大人気です。中華料理の調味料としても利用されています。そんな紹興酒の抑えておくべき豆知識を見てから、人気ランキングについて紹介していきます。どのような紹興酒が人気があるのでしょうか。実は、紹興酒といっても様々な銘柄が出ています。そんな中でも人気の紹興酒についてご紹介していきます。その前に、そもそも紹興酒とは、どのようなお酒なのかについても書いていきます。どのような原料でできているかなど。

紹興酒人気ランキングが分かる!紹興酒のお酒とは?!

紹興酒の人気ランキングについて見るにあたって、紹興酒とは、どのようなお酒なのでしょうか。まず、紹興酒とは、もち米と麦麹を原料とするお酒になってきます。そして、老酒の一種であります。老酒とは、長い時間寝かせたという意味を持っています。そして、老酒の中でも、中国浙江省の紹興地区で醸造したものを、紹興酒と呼んでいます。
紹興酒の種類は、4種類あります。まずは、元紅酒になります。元紅酒は、最も基本的な紹興酒で、熟成期間は1~2年となっています。昔、朱紅色に塗ったカメに入れられていたことから、この名前が付けられました。そして、次の種類が、加飯酒という紹興酒になります。加飯酒は、作るときに、糯米と麦麹を増量するためこの名前が付けられています。風味とコクがあるのが特徴です。次の種類は、善醸酒になります。善醸酒は、1年から3年ものの元紅酒を熟成させて作られた紹興酒になります。最後の種類は、香雪酒になります。香雪酒は、最も甘い紹興酒で、リキュールのようなお酒になっています。

紹興酒の人気ランキングについてご紹介します!

紹興酒の人気ランキング第一位は、古越龍山 15年 景徳鎮ボトル 箱入り 500mlになります。こちらの紹興酒は、長期熟成原酒由来のしっかりとした味わいが特徴となっています。まろやかな口当たりも特徴となっています。中国の代表的な陶磁器である景徳鎮ボトルが木箱に入っています。そのため、ギフトとしてもとてもおすすめな一品となっています。価格は、最安値で6134円となっております。アルコール度数は、16パーセントで、原産国は中国になります。
紹興酒の人気ランキング第二位は、タカラ 紹興酒 花彫「塔牌」陳五年 P箱 1.8Lになります。こちらの紹興酒は、沢山ある紹興酒の中でも中国政府が認めた紹興酒になります。原料は、もち米と麦麹を使っております。5年間じっくりと熟成させて作られており、しっかりとした味わいを持っています。そして、上品な口当たりが特徴となっております。価格は、最安値で2272円となっております。

さらにご紹介する紹興酒の人気ランキング!

紹興酒の人気ランキング第3位は、古越龍山 善醸仕込み 瓶 600mlとなっております。こちらの紹興酒は、善醸仕込み由来の深い味わいが特徴となっております。そして、かすかな甘みがあるのも特徴となっております。そして、この紹興酒は、善醸タイプの原酒を使っております。そのため、既存の紹興酒にはない新しい形の紹興酒となっております。価格は、最安値で1225円となっております。アルコール度数は、16.5パーセントとなっております。
続いて紹介する紹興酒の人気ランキング第4位は、永昌源 紹興貴酒 3年 1.8Lになります。こちらの紹興酒は、中国の中の有名な高級工程師である黄洪才氏が作った紹興酒になります。もち米や鑑湖の水を原料として徹底的な手作りにこだわって作っております。醸造後100日~120日の二次発酵期間というじっくりと熟成させることにより作られております。アルコール度数は、16.5パーセント、原産国は、中国となっております。

さらにご紹介!紹興酒の人気ランキング!

続いて紹介します紹興酒の人気ランキング第5位は、紹興老酒クリアー 8年 500mlになります。こちらの紹興酒は、8年もの年月熟成させて作られた伝統的な紹興酒になります。この紹興酒は、8,9割が原酒であるため、雑味がほとんどありません。口当たりがとても軽く、すっきりとして飲めるのが特徴となっております。価格は、最安値で1293円となっております。アルコール度数は、16パーセントとなっております。
最後に紹介します紹興酒の人気ランキング第6位は、紹興老酒 特醸花彫 5年 600mlになります。こちらの紹興酒は、5年の間熟成された紹興酒になります。最もスタンダードなタイプの紹興酒になります。のどごしがすっきりとしています。コクがある味わいで、ストレートで十分に美味しく飲むことができます。価格は、最安値で1003円となっております。

以上が、紹興酒の人気ランキングについて紹介しました。中国の伝統的なお酒である紹興酒を様々見てきましたが、それぞれ飲み比べてみてもいいのではないでしょうか。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3