今更聞けない!?紹興酒とははどんなお酒?

  • メンバー
  • 更新日:
53view
favorite

今回は、「紹興酒」についての基本的な知識をご紹介します。
そこの社会人入りたての方も、今までなんとなく飲み会の席で飲んできた方も、この記事を読めば今後自身を持って紹興酒を頼めるし、友人や同僚にもおすすめやプレゼントの選択肢になるかもしれません。
え?紹興酒ってそもそもお酒の種類だったの?と思う人もいるかもしれませんね!
この記事を読んで、今後、日本酒やワイン、そして、紹興酒という選択ができるとよりより呑んべぇライフが待っているかもしれませんね!
是非参考にしてみてください。

紹興酒とはそもそも中国で作られたお酒のこと?

紹興酒というのは、簡単に言いますと中国酒のことです。
中国の紹興市で作られているお酒のことを言うんですね。
そのままです笑
中国では、ホアンチュ(黄酒)という醸造酒とラオチュウ(老酒)という長期熟成させたものの2種類が存在します。
そのホアンチュ(黄酒)の中でも、紹興市で作られた者だけが与えられる称号ががこの「紹興酒」なんですね。
また、ホアンチュ(黄酒)は世界的にも最も古いとされるお酒の一つで、これが日本に伝来して、酒造の技術を形成したともされています。
なんだが、特別な感じがして来ますね!
ちなみに使われている原材料は、米、麹、水の3種類です。
また、先ほども言いましたが、熟成されて作られる醸造酒という分類に入ります。
そのため、あまり日本酒と変わりません。だからこそ、勘違いして、違いを認識しない人が多かったんですね!

紹興酒の効能とは?

中国で作られたお酒、中国には、不老長寿の伝説やお酒にまつわる健康の様々な説が飛び交っています。
その一端を担っていたであろう紹興酒は、中国の人たちの健康を何世紀も影で支えて来ました。
紹興酒には、疲労回復や食欲増進はもちろん、消化を助けるなどの効能があります。
これは、紹興酒に含まれるタンパク質やビタミン、炭水化物、さらに、リン、マグネシウム、マンガン等のミネラルや必須アミノ酸によるものです。
必須アミノ酸に関しては、ビール、ワイン、日本酒よりも2倍~物によっては36倍も多く含まれるのです。
紹興酒は女性の味方です。
100gで120カロリーほどだと言われており、お酒の中では低カロリーなものです。
しかし、一つだけ注意すべき点がプリン体の多さです。
痛風の原因にもなるプリン体の含有量が日本酒やワイン、の7?10倍ほどになります。
そのため、一日150mlを目安にして飲むくらいが健康にいいとされています。

紹興酒の中にも種類があるの?

今までご紹介して来た紹興酒の中には、さらに4種類に分類分けされます。
それが、製造工程や度数の違いに関わって来ますので、ご紹介していきます。
1:善醸酒
この善醸酒は、4種類の中でも一番度数が少ない紹興酒です。
そのため、口当たりも滑らかで、マイルドな印象も強いため、初心者にオススメの一つです。
2:加飯酒
次に、加飯酒ですが、日本で最も流通している紹興酒の一つです。
度数は中間ぐらいで、口当たりもそこそこな味わいです。
日本人の人が想像する紹興酒はほとんどがこれだと言われています。
3:元紅酒
この元紅酒は、正直、度数だけ見れば善醸酒とあまり変わらないかもしれません。
しかし、最も辛い紹興酒になります。
そのため、一番尖っているので、上級者向けの紹興酒になります。
4:香雪酒
一番度数の高い香雪酒。しかし、とても甘い紹興酒としても特徴があります。
最もマイルドで、口当たりも良いので、女性人気が高い紹興酒になります。

紹興酒の飲み方の種類って?

“そろそろ呑んベぇの血が騒いできたのではないでしょうか?
そこで、その紹興酒を飲む際の飲み方をいくつかご紹介します。
1:ホットで
人肌ほどに温めた紹興酒は、これまた優しい味わいになり、旨味も感じやすくなりますので、冬場などにオススメです。
2:ストレートで
やはり、中国紹興市の技術をそのままストレートで味わうのが本来の飲み方になります。
紹興酒を体で感じてください。
3:ロックで
ロックで紹興酒を少しだけ冷やすと、ガツンとくるキツさも少し和らぎます。
中国料理などと合わせるときは、是非この飲み方で合わせたいものです。
4:烏龍茶割りで
中国のお茶である烏龍茶と紹興酒を1:2ほどで割って飲んでみましょう。
やはり、生まれが同じだと相性がいいんですかね?
5:梅酒で
ちょっと紹興酒のきつい感じが苦手という人は梅酒を少し入れてみてください。
オススメは、梅酒と紹興酒1:2です。少しまろやかな甘みが加わり絶品ですよ!”

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3