知るともっとお酒が楽しくなる!リキュールとウィスキーの違いの秘密 

  • メンバー
  • 更新日:
18view
favorite

お酒を家で楽しむには、様々な準備が必要です。まずは、美味しいお酒を手にいれるところから始まります。そのお酒の一番美味しい飲み方の情報を仕入れることも必須です。そして、お酒の味を引き立ててくれる美味しいおつまみの用意も欠かせません。そんな準備の中に、是非入れて欲しいのがお酒のうんちくです。実は、これがあるのと無いのとではお酒の美味しさがちょっと変わってきてしまいます。ちょっとしたうんちくは、お酒の美味しさを引き立ててくれる影の立役者です。
そんな知るともっとお酒が楽しくなるうんちくを紹介していきます。今回は、リキュールとウィスキーの違いの秘密です。

リキュールもウィスキーも実は同じ蒸溜酒の仲間 

リキュールもウィスキーも大きなくくりで言えば、どちらも蒸溜酒の仲間です。
そもそも蒸溜酒とは、醸造酒と言って米や麦、ブドウなどの原料を発酵させて作るお酒から作られます。
この醸造酒には、米が原料の日本酒や、麦が原料のビール、ブドウが原料のワインがあります。
醸造酒を加熱して蒸溜することで、元の醸造酒よりもアルコール度数の高いお酒を作ることができます。
こうして作られた蒸溜酒を、海外では総称としてスピリッツと呼んでいます。
スピリッツの中でも有名なものは「ジン」「ラム」「ウォッカ」「テキーラ」があります。
このスピリッツに、果実やハーブ、香料などで風味づけをしてさらに砂糖やシロップを使って甘みを加えて作られたものをリキュールと言います。
ウィスキーはそれぞれの国で微妙に定義が変わっている蒸溜酒です。
日本では穀物を原料にして作られた醸造酒を蒸溜して作られ、その後木の樽で貯蔵熟成させたお酒のことをさします。

ちょっと上級者向けのウィスキーの違い

リキュールは飲みやすくて挑戦したことがあるけれど、ウィスキーはよく分からないという方も多いのでは無いでしょうか。
お店のメニューを見ても馴染みのない言葉が出てきて、手を出しづらいと感じている方へのうんちくを紹介します。
ウィスキーには、原料の違いによって2種類に分類されます。
まず麦芽だけを原料にしたウィスキーをモルトウィスキーと言います。
次にとうもろこしなどの穀物を原料にしたウィスキーをグレーンウィスキーと言います。
その中でも「シングルモルトウィスキー」とは、モルトウィスキーの中でも1ヶ所の蒸溜所で作られたものを指します。
蒸溜所のこだわりが強く反映されるので、個性的な味わいを楽しむことができます。
対して「ブレンデットウィスキー」とは、モルトウィスキーとグレーンウィスキーをブレンドして作られたものを指します。
様々な特徴のウィスキーの良さを引き出した、バランスの良い味わいを楽しむことができます。

宅飲みで楽しもう!リキュールとウィスキーの違い 

リキュールはカクテルとして飲む方が多いですが、ブランデーとの違いを楽しむにはストレートやロック、水割りで飲んでみるのがおすすめです。
実は、リキュールは割らなくてもそれ自体ですでに美味しいお酒に仕上がってます。
お酒が弱くて少し心配という方は、飲みやすい炭酸わりでもリキュール本来の味を知ることができます。
その際に、リキュールとウィスキーの最大の違いである香りについて注目して見てください。
リキュールには、果物やハーブ、ナッツの香りがつけられているのに対して、ウィスキーは貯蔵熟成された木の樽の香りがついています。
貯蔵熟成された年数に応じて深い香りを楽しむことができます。ウィスキーはホットにしても美味しく飲むことができるので、ホットにした時に濃厚に広がる香りを楽しむのもおすすめです。
リキュールとウィスキーの本来の味の違いを楽しむことができたら今度は二つの違いを生かしたカクテルを楽しんで見ましょう。

リキュールもブランデーも楽しめる「ゴッドファーザー」 

ブランデーはそのものを楽しむイメージが強いかもしれませんが、リキュールと割ってカクテルとして楽しむこともできます。
今回紹介するのは「ゴットファーザー」です。同じ名前の有名な映画にちなんで作られたカクテルです。
スコッチウィスキーをベースにアマレットというリキュールを加えます。だいたい3:1の割合で作ります。
スコッチウィスキーはスコットランドが原産国で、世界5大ウィスキーの1つとされています。
このスコッチという名を名乗るためには、使用する木の樽がオークで作られていなければならないなどの決まりが多数あります。
日本のウィスキー作りの原点とされているため、国産ウィスキーとの飲み比べにもおすすめです。
アマレットはイタリアが原産国で、アーモンドの香りがするリキュールです。
甘さとほろ苦さのあるアマレットのリキュールと、熟成されたことによって生まれるスコッチウィスキーの重みのある味を楽しむことができます

ブランデーベースのリキュール「ドランブイ」 

実はブランデーをベースに作られたリキュールが存在します。それが「ドランブイ」です。
スコッチウィスキーで知られるスコットランドで誕生したリキュールです。
15年以上熟成させたモルトウィスキーをベースに、40種類以上のスコッチウィスキー、ハーブ、スパイス、はちみつを加えて作られています。
ドランブイと聞くと不思議な響きですがゲール語で「満足のいくお酒」という意味を持っています。
ウィスキーが作り出すなめらかな口当たりと重厚感に加えハーブの香りとはちみつの甘みが口に広がります。
苦いお酒が苦手な方にも、後味にはちみつを感じるので飲みやすいリキュールです。
このドランブイを使用したカクテルが「ラスティネイル」です。
ラスティネイルは、スコッチウィスキーをベースにドランブイを加えます。だいたい4:1の割合で作ります。
甘めに仕上がるので、はちみつと相性のいいレモン等の柑橘系をトッピングすると爽やかさが増します。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3