山梨はお酒好きには最適な観光地でぶどう狩りやワインが堪能できます

  • メンバー
  • 更新日:
28view
favorite

山梨は都心からのアクセスが良く、甲府盆地など自然にも恵まれています。秋にはぶどう狩りを楽しむことができ、各地のワイナリーでは様々な銘柄のワインを試飲できます。特に勝沼は周囲を山々に囲まれた盆地なので、ぶどうが育つ環境に適しています。当地には30軒ほどのワイナリーが点在しており、山梨でも有数のワイン生産地となります。ワイナリーツアーでは、ワインのつくり方や歴史を学ぶことが出来ます。様々な銘柄のワインを試飲できるので、お気に入りの逸品が見つかります。

お酒と温泉の贅沢三昧ができる

山梨は都心からのアクセスも良く、電車では90分ほどで到着可能です。甲府盆地は自然が素晴らしいだけでなく、光り輝く夜景も見応えがあります。また、温泉地にも恵まれており、各地で良質な温泉を堪能できます。秋にはぶどう狩りを体験することができ、自然の恵みを心ゆくまで満喫できます。各地に設置されているワイナリーでは、地元で収穫されたぶどうを使ったワインが味わえます。先ずおすすめなのが勝沼です。当地は山々に囲まれた盆地になっており、ぶどうが育ちやすい気候条件を満たしています。当地には30軒ほどのワイナリーが点在しており、山梨でも有数のワイン生産地となります。それゆえ、お酒好きには最適な観光地で、温泉とワインの贅沢三昧ができるわけです。最初の訪問地としては、日本最古の民間ワイン会社が経営するワイナリーがおすすめです。初心者の場合はワインの違いが学べる、ワイナリーツアーのベーシックコースが良いと言えます。

勝沼は山梨有数のワイン生産地

勝沼のワイナリーツアーでは、白や赤、そしてロゼの3種類をテイスティングできます。品種やつくり方の違いを聞きながら、試飲できるのが魅力です。香りや味の表現の仕方も学べるので、レストランなどでワインを頼んだ際に通ぶれます。ワイナリーでは何百種類ものワインを試飲し放題なので、お酒好きにはたまらない場所です。そして勝沼には絶景として名高い、南アルプスや甲府盆地を一望できる場所があります。それが勝沼ぶどうの丘で、温泉やレストラン、宿泊施設を擁する一大観光地を形成しています。当地の観光の目玉は約200銘柄のワインを楽しめるワインカーヴです。時間無制限で飲み放題なので、お気に入りのワインを見つけることができます。勝沼ぶどうの丘から勝沼ぶどう郷駅までは、ぶどう畑が広がっています。時間に余裕があれば、駅まで歩いて散策するのも楽しいものです。途中にはワインにちなんだオブジェなども配されており、色々楽しめます。

ぶどう狩りには2つのプランがある

山梨市内にはぶどう狩りができる農園が色々揃っています。ぶどう狩りには2つのプランが用意されており、「ぶどう狩り」プラントと「食べ放題」プランです。前者は試食後に気に入った種類をもぎ取り、取った分だけ買い取るカタチです。後者は予め収穫されたぶどうを、限られた時間内で食べ放題になります。初心者には実際にぶどうを収穫できる、ぶどう狩りプランがおすすめです。9月上旬になれば人気のシャインマスカットやベニバラオー、そして神秘的な黒さのピオーネ等の実がなります。因みにぶどうは枝の先端から熟すので、幹から遠いものが食べごろです。シャインマスカットは皮ごと食べられるので、小さい子供にも人気です。ぶどう農園にはカフェなどが併設されており、もぎたてのぶとうとコーヒーなどを一緒に味わえます。何よりもぎたてのぶとうの実は、市販のものでは味わえない新鮮味があります。持ち帰ったぶとうは、常温保存で3?4日はもちます。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3