クラフトビールのヤッホーブルーイングが日本発アメリカへ!神田等の店舗で限定品を飲む秘訣

日本のクラフトビールブームを牽引しているヤッホーブルーイングがアメリカで発売したビールと、神田等のYONAYONAビアワークスで飲めるビールをご紹介します。

  • メンバー
  • 更新日:
77view
favorite
クラフトビールのヤッホーブルーイングが日本発アメリカへ!神田等の店舗で限定品を飲む秘訣

日本のクラフトビールのブルワリーといえばヤッホーブルーイングがあります。

ファンも多く、今まで知らなかったビールのおいしさをビール好きのみならず沢山の人に届けてくれています。

ローソンや成城石井など今や全国で購入することができるようになり、その快進撃は止まりません。

今回はそんなヤッホーブルーイングがアメリカで発売したビールと、神田のYONAYONAビアワークスで飲めるビールをご紹介します。

ヤッホーブルーイングのファンの方も、これから飲んでみようかなと思ってる方もぜひ参考にしてみてくださいね!

クラフトビールといえばヤッホーブルーイングがいま日本で一番売れてるんです


YONAYONAエールってご存じですか?飲んだことがなくてもビールがお好きな方なら、どこかであの黒と黄色のパッケージを見たことがあるのではないでしょうか。

ヤッホーブルーイングはビールに味を!人生に幸せを!」をキャッチフレーズに、1996年にエールビール専門メーカーとして誕生しました。

アメリカン・ペールエールである、YONAYONAエールを筆頭に、IPAのインドの青鬼、ベルジャンホワイトの水曜日のネコ、ポーターの東京ブラックとポップなパッケージが人目をひくだけでなく、抜群においしいこだわりの味に触れた人々が、あれよあれよといううちにヤッホーブルーイングのファンになってしまいました。

クラフトビールを通じて日本のビール文化を変えることをミッションとしているヤッホーブルーイングは、まさにこうしてファンを増やしていくことによって、ビールといえばラガービール一辺倒だった日本のビール業界を変えたといえるでしょう。

いまや私達はコンビニでも、いろいろな種類のビールを目にすることができるようになりました。

ヤッホーブルーイングは現在クラフトビールメーカーとしては最大手となりましたが、キリンビールと提携したり、銀河高原ビールを買収したりと快進撃はまだまだ止まりません。

次はどんなビールで楽しませてくれるんだろう?と、まだまだ楽しみなブルワリーなのであります。

ヤッホーブルーイング・クラフトビール4種飲み比べ

定番4種の飲み比べセットです。よなよなエール(アメリカンペールエール)、インドの青鬼(IPA)、水曜日のネコ(ベルジャンホワイト)、東京ブラック(ポーター)の4種です。

ファンの方も、これから飲んでみたいなと思ってた方も、ぜひおためしくださいね!

よなよなエール ビールギフト 4種 飲み比べ 出典:amazon

よなよなエール ビールギフト 4種 飲み比べ

YONAYONAエール
アルコール度数:5.5%
原材料:麦芽・ホップ

インドの青鬼
アルコール度数:7.0%
原材料:麦芽・ホップ

水曜日のネコ
アルコール度数:5.0%
原材料:大麦麦芽・小麦麦芽・ホップ・コリアンダーシード・オレンジピール

東京ブラック
アルコール度数:5.0%
原材料:麦芽・ホップ

   

ヤッホーブルーイングのクラフトビールがなんとアメリカでも大好評


さて、そんなヤッホーブルーイングですが、日本国内のみならずアメリカでも発売されているんです。

ヤッホーブルーイングは現在、世界10か国以上へ輸出されていて、中でもアメリカはヤッホーブルーイングの最大の輸出先となっています。

そこで生まれたのが、アメリカ輸出専用ブランド「SORRY」です。

和のクラフトビールをコンセプトとして、日本独自の「かつお節」を使った『SORRY UMAMI-IPA』や「ゆず」「あら塩」などを使用した「SORRY NIPPON SITRUS ARE」など日本独自の食材を使用したビールを発売し、出荷量を伸ばしてきたのです。

そこで、また新発売されたのが、『SORRY SAKURA MOCHI STOUT』です。

『SORRY SAKURA MOCHI STOUT』は、とろみのある口当たりの黒ビールに、桜餅の香りが漂う独特のビールです。

ビールを発酵させる際に、塩漬けにした桜の葉を漬け込んで、ビールに桜の香りづけをしています。

さらに、桜の葉と同じ成分があるシナモンを使用して、桜の香りをさらに引き出すことに成功しました。

そして、白玉粉とオーツ麦を使用することによって、ビールにとろみを加えているのです。

まるで和菓子のような甘味を感じる、個性的なクラフトビールとなっています。

麦芽をローストしているスタウトは、甘味があるのでスイーツとの相性がいいんです。『SORRY SAKURA MOCHI STOUT』がおいしいのは言う間でもありません。

アメリカでもきっとブームを巻き起こすことでしょう。

ヤッホーブルーイングのクラフトビールは神田や都内のお店で飲めちゃいます


さて、ここまで読んでくださっていると、ヤッホーブルーイングのビールが飲みたくなってしまいますよね。

もちろん!コンビニやスーパーでも購入することができるのですが、ただいまご紹介した『SORRY SAKURA MOCHI STOUT』は取り扱っていません。

公式通販では取り扱っているのですが、通販だと届くのに時間がかかってしまいますよね。

そんな時はぜひ、公式レストランのYONA YONA BEER WORKSを訪れてみることをおすすめします。

実は、ヤッホーブルーイングが経営している公式レストランでもこのアメリカ輸出専用ブランドを飲むことができるんです!

現在、公式レストランYONA YONA BEER WORKSは東京都内に赤坂・神田・青山・吉祥寺・新宿東口・恵比寿東口・歌舞伎町・新虎通りに8店舗あります。

定番ビールはもちろん限定ビールも飲むことができるんです。

ただし『SORRY』シリーズは数量限定なので、いつもあるわけではありません。

では、いつ頃行けばいいのかというと、アメリカ限定ビールが輸出されるのと同じタイミングでレストランでも提供されているようです。

毎年限定ビールが発売される頃には、ホームページをチェックして、公式レストランを訪れたら、日本ではなかなかお目にかかれないビールに出会えるかもしれませんね!

ホームページ

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3