人気の高級マッコリをご紹介!今日からあなたもマッコリ通!

  • メンバー
  • 更新日:
52view
favorite

最近では、すっかりマッコリのブームが訪れています。しかし、一昔前までは、マッコリは麹臭さがあって、安いお酒というイメージでした。お金の無い学生が飲むようなお酒というイメージです。しかし、最近、ヘルシーで高級なマッコリというものが出てきてイメージが変わりました。そして、地方でしか飲めなかったマッコリがどこでも飲めるようになり、マッコリがブームとなりました。今回は、高級なマッコリのご紹介をしていきます!

高級マッコリのご紹介!その味わいとはどんな?!

まず、紹介する高級マッコリは、現地で購入することができる麹醇堂 2011初酒になります。麹醇堂が作っているマッコリになります。国産の白米を100パーセント使っているマッコリになります。その中でも、2011年に作られたものだけを使用しています。さらに、米だけでなく薬草の一種である甘草が使われています。味わい深く、そして飲みやすいマッコリになっています。少し苦みが強いのも特徴です。さらには、シュワシュワしていてサイダーのような味わいです。
続いて紹介します、高級マッコリは、裵商冕酒家 ヌリンマウル・マッコリになります。このマッコリは、国内産白米100パーセントを使ったマッコリになります。市販の多くのマッコリに含まれている甘味料を含まないマッコリになっています。牛乳みたいな優しい味わいをしていて、甘くて美味しい味わいになっています。さらには、酸味と苦みのバランスがとても良いお酒になっています。深い味わいも特徴です。

続いて紹介します高級マッコリのご紹介!その気になる味わいは?!

続いて紹介する高級マッコリは、二東 風の音 新米マッコリになります。このマッコリは、イドンから出ているマッコリで、鉄原五大米を原料としています。今年とれた白米を原料としています。生のマッコリではなく、殺菌処理をしていて長い期間飲むことができます。その味わいは、黒米か玄米の香ばしさが出ているとも、少し強めの味わいでもあります。クセが強く、好きな人は、かなりはまってしまうマッコリになっています。さらには、穀物の味わいというものも出ています。

さらに紹介します高級マッコリは、新平醸造所の白蓮 生マッコリになります。こちらのマッコリは、国産米を100パーセント使ったマッコリになります。さらには、名前にもありますように、白蓮の葉を含んでおります。白蓮の葉は、身体にも良い栄養素があります。味わいとしては、炭酸が強めで、最初さわやかな口当たりで、後から引くような旨味があります。酸味は、強くて、舌に残る感じがあります。

続いて紹介します高級マッコリ!その気になる味わいは?!

続いて紹介します高級マッコリは、カンソッピル酒家のチャムサリ生マッコリになります。2010年に放送されたKBSドラマ「シンデレラ・オンニ(シンデレラのお姉さん)」に出てくるマッコリになります。韓京(ハンギョン)大学校と共同で作られたマッコリになります。国産米100パーセント利用しています。味わいは、さわやかでのどごしが良くなっております。さらには、穀物の味わいが良くでていて、味わい深くなっております。
さらに紹介します高級マッコリは、金井山城マッコリになります。こちらのマッコリは、500年の歴史のある自然麹を使ったマッコリになります。原料は、国内米100パーセントと、金井山の岩盤水を利用して作られております。アルコール度数は、他のマッコリよりもやや高めになっています。味わいとしては、苦みと酸味が強くなっております。甘みは、全くなく、酸味や苦みが目立つ味わいとなっています。通には、おすすめのマッコリとなっています。

最後に、高級マッコリのご紹介!その気になる味わいとは?!

続いて紹介します高級マッコリは、ウリスルの加平 松の実 生マッコリになります。こちらのマッコリは、チャッ(松の実)が入っています。水は、加平郡の地下250mからくみ上げた水を利用しています。マッコリのために栽培している京畿米を利用しています。味わいとしては、甘みと苦みのバランスが絶妙な味わいとなっています。さらには、味の深み、炭酸の具合、後味が最適な状態になっています。後味に感じられる松の実が香ばしく、後を引く旨さになっています。
最後に紹介します高級マッコリは、天然炭酸 和マッコリ 霧の華になります。こちらのマッコリは、福島の醸造所が作っているマッコリになります。発酵の過程でできる自然な炭酸で、清涼感のある口当たりとなっています。無添加で非加熱で作られたマッコリだからこその、さわやかさがあります。

以上が、高級マッコリのご紹介でした。様々なマッコリがあり、それぞれ特徴が異なっていました。通販により、現地韓国から高級マッコリを取り寄せるのもいいかもしれません。”

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3