スピリッツのおすすめの飲み方を知ればお酒がもっと楽しくなる!

  • メンバー
  • 更新日:
33view
favorite

スピリッツは世界的に見れば、蒸留酒全般を意味します。スピリッツという言葉は精神や魂を表しており、精霊という意味もあります。4大スピリッツといえばジンやラム、ウォッカやテキーラが挙げられます。それぞれのお酒は原産地の文化や特色を色濃く表しています。スピリッツの飲み方もそれぞれ特色があります。テキーラなどは冷やして飲むよりも、常温の状態で飲む方が風味が良く分かります。ただしストレートはきつので、専用のチェイサーと一緒に楽しむのがおすすめです。

スピリッツにはお酒の精が凝縮されている

スピリッツと聞くと、アルコール度数の高いお酒のイメージがあります。カクテルのベースとしても馴染みがあります。一方、世界的に見るとスピリッツは蒸留酒全般を指す言葉として使われています。蒸留酒とは成分が入り混じった液体を加熱することで、沸点の違いによりアルコール成分を分離させたお酒のことです。アルコール成分だけが溜まるので、必然的に度数が高くなります。ウイスキーやブランデー、そして焼酎なども蒸留酒に含まれます。ただし日本においては分類の仕方が異なり、ウイスキーなどはスピリッツと称しません。代表的なスピリッツとしてはジンをはじめ、ラムやウォッカそしてテキーラの「4大スピリッツ」が挙げられます。そもそもスピリッツという言葉は精神や魂を表す単語でした。また精霊という意味もあり、そこから酒の精につながります。蒸留により酒の精が凝縮されお酒になったからと言われています。お酒には人々の心に活力を与えます。

4大スピリッツは生産地の文化や特色を表すお酒

4大スピリッツは日本のスピリッツの代表格ですが、それぞれ生産地の文化や特色を色濃く表しています。テキーラはメキシコ生まれで、ラムはキューバをはじめとするカリブ海エリアで誕生しています。テキーラはアガベと称する竜舌蘭が原料で、ラムはカリブ地域のサトウキビを原料としているわけです。ウォッカはロシアやポーランドが生産地ですが、そこで収穫されるジャガイモやトウモロコシなど原料です。これらの穀物が利用されるようになったのは、寒冷地でも育てやすいという理由からです。そしてジンは、ボタニカルと呼ばれる香草や薬草などで風味が付けられています。香草や薬草などの組み合わせは産地ごとに異なっており、その地域の風土や文化を色濃く反映させています。スピリッツの奥深さを味わうには原材料のことは勿論、原産地の文化や風土について理解することも大事になってきます。それがスピリッツを味わう楽しみをさらに広げることになります。

スピリッツのおすすめの飲み方

スピリッツはアルコール度数が高いので、冷凍庫に入れても完全には凍らず、シャーベット状になります。それゆえカクテルとして混ぜやすいので、バーなどで重宝されています。それでもスピリッツ本来の味を楽しむには、常温保尊されたお酒がおすすめです。それゆえお酒へのこだわりがあるバーであれば、常温保存したスピリッツも用意しています。また家庭で飲むときも飲酒前に冷凍庫から出しておけば、常温に近い状態で飲むことが出来ます。バーなどのテキーラの飲み方では、冷凍庫で冷やしたものをショットグラスで一気飲みしたりします。但しこれはテキーラの本当の飲み方ではありません。本来は常温の戻して、ゆっくり味わうものです。それゆえ宅飲みにも適したお酒であり、フルートグラスなどでじっくり楽しむのが良いと言えます。そうすればアガベ独特の甘みが、原産地の風景と一緒に感じられます。テキーラはスピリッツの中でもアルコール度数は低いです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3