カッコいい大人は知っている!リキュールとブランデーの違いとは?

「お酒を飲むだけ」はもう卒業。お酒の知識を増やしてカッコいい大人を目指しましょう。

  • メンバー
  • 更新日:
58view
favorite

リキュールとブランデーの違いをご存知でしょうか。どちらも香り高く濃厚な味わいが特徴で人気の高いお酒です。一口飲んで「おいしい!」と感じる人も多いでしょう。

ただ、「違いは?」と言われるとちょっと答えに詰まってしまう人も多いのではないでしょうか。
お酒の席で、
「リキュールはね…!」
「ブランデーはね…!」
とハッキリ答えられればきっとあなたの株も上がるはず!

「お酒を飲むだけ」はもう卒業。お酒の知識を増やしてカッコいい大人を目指しましょう。

ブランデーとはどのようなお酒か

ブランデーは主に白ぶどう(白ワインとは別タイプの白ぶどう)を原料にして作られています。
使われるのはぶどうの「果汁」のみ。
果実の皮や種は使いません。

ぶどうを収穫後、「果実を搾り取り樽の中で酵母と共に発酵させる」というところまでは白ワインと同じ作り方。
その後、蒸留→発酵→蒸留という手順でブランデーが作られていきます。

「ブランデーの原料は必ずしも白ぶどうでなければならない」という決まりはありません。
ブランデーは「果実酒から作った蒸留酒」という定義の元に作られているので、ぶどう以外の果実からも様々なブランデーが作られています。

ブランデーは大きく分けると2つの種類に分けることができます。

・グレープブランデー
ぶどうから作られたブランデーのことをグレープブランデーといいます。

・フルーツブランデー
ぶどう以外の果実、リンゴやさくらんぼ、黄梅・すももなどから作られたタイプのものをフルーツブランデーと呼びます。

リキュールとはどのようなお酒か

蒸留酒に果汁やハーブなどで風味を付けたり砂糖などで味を調整したお酒のことをリキュールと呼びます。

飲酒する他、お菓子作りの香りづけとしてもよく使われている種類のお酒の一つです。

主に以下4つに分類されています。

・香草・薬草系リキュール
蒸留酒に香草や薬草など薬用効果のある成分を浸出させたものをいいます。
このタイプは、様々な香草や薬草を組み合わせから作られています(100種類以上)。

・果実系リキュール
生産量のもっとも多いタイプのリキュールで、果実の持つ独特の味や香りを重点として作られています。
お菓子作りの香りづけ・カクテルに使われます。

・種子系リキュール
果実の種子を原料に作られているタイプのリキュール。
主にナッツやクルミ、カカオといった種子が使われストレート・カクテルとした飲み方で楽しみます。

・特殊系リキュール
上記以外のものを特殊系リキュールといいクリーム・ミルク・緑茶・卵黄などが使われています。

ブランデーとリキュール、それぞれの飲み方

さて、ブランデーとリキュールの違い分かったら、次はそれぞれの特徴を生かした飲み方で楽しむ方法を身に付けましょう。

・ブランデー
芳醇な香りを特徴としているブランデー。
香りを楽しむお酒ともいわれています。
口当たりが良く飲みやすいので薄めなくても大丈夫。
香りが消えてしまわないようロックや水割りではなくストレートな飲み方で楽しみましょう。

・リキュール
まずは自分好みのリキュールを見つけましょう。

カクテルとして飲むのが一般的で、何で割るかはお好み次第です。
ジンやブランデーなどといったアルコール度数の高いお酒と組み合わせる人もいれば、ソーダやソフトドリンク・トニックウォーターなどと割って楽しむ人もいます。

「何かと割るのは嫌だ!」という人には、グラスに氷のみを入れてそこにお酒を注ぐ「オン・ザ・ロック」という飲み方がお勧めです。
リキュールそのものをストレートでちょこっと舐める程度に楽しむという方法もあります。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3