即解決!リキュールとブランデーの大きな違いは味じゃなくてコレだった

今回は、知っているようで知らない、リキュールとブランデーの違いについてご説明します。

  • メンバー
  • 更新日:
86view
favorite
即解決!リキュールとブランデーの大きな違いは味じゃなくてコレだった

呑んべぇな皆さん、リキュールとブランデーの違いをご存知でしょうか。

味でしょうか?原材料が違う?

でも、ブランデーはぶどう酒を蒸留したお酒ですから、ぶどうからできているんです。

なのに世の中にはぶどうのリキュールもあるんです。

どちらもぶどうのお酒なのに、なぜリキュールとブランデーというように分けられているのでしょうか。

味だって甘いリキュールもあれば、甘くないリキュールもありますよね?

ではいったいリキュールとブランデーはどう違うのでしょうか。

今回は、知っているようで知らない、リキュールとブランデーの違いについてご説明します。

リキュールと違いがある?ブランデーとは


ブランデーは主に白ぶどう(白ワインとは別タイプの白ぶどう)を原料にして作られています。

使われるのはぶどうの「果汁」のみ。

果実の皮や種は使いません。

ぶどうを収穫後、「果実を搾り取り樽の中で酵母と共に発酵させる」というところまでは白ワインと同じ作り方。

その後、蒸留、発酵、再び蒸留という手順でブランデーが作られていきます。

「ブランデーの原料は必ずしも白ぶどうでなければならない」という決まりはありません。

ブランデーは「果実酒から作った蒸留酒」という定義の元に作られているので、ぶどう以外の果実からも様々なブランデーが作られています。

ブランデーは大きく分けると2つの種類に分けることができます。

グレープブランデー

ぶどうから作られたブランデーのことをグレープブランデーといいます。

フルーツブランデー

ぶどう以外の果実、リンゴやさくらんぼ、黄梅・すももなどから作られたタイプのものをフルーツブランデーと呼びます。

ブランデーは、果実酒を蒸留させたものであり、そこに糖分や香料などは加えられていません。

あくまで素材そのものの味であって、樽で熟成がすすんだものは樽の香りがしますが、ハーブや香料などで香りをつけることはありません。

ではリキュールとはどんなお酒?ブランデーとの違いは?


リキュールとは蒸留酒に果汁やハーブなどで風味を付けたり砂糖などで味を調整したお酒のことをいいます。

飲酒する他、お菓子作りの香りづけとしてもよく使われている種類のお酒の一つです。

主に以下4つに分類されています。

香草・薬草系リキュール

蒸留酒に香草や薬草など薬用効果のある成分を浸出させたものをいいます。
このタイプは、様々な香草や薬草を組み合わせから作られています(100種類以上)。

果実系リキュール

生産量のもっとも多いタイプのリキュールで、果実の持つ独特の味や香りを重点として作られています。
お菓子作りの香りづけ・カクテルに使われます。

種子系リキュール

果実の種子を原料に作られているタイプのリキュール。
主にナッツやクルミ、コーヒーといった種子が使われストレート・カクテルとした飲み方で楽しみます。

特殊系リキュール

上記以外のものを特殊系リキュールといいクリーム・ミルク・緑茶・卵黄などが使われています。

果実以外にも様々な原料でリキュールは作られていますね。

リキュールは蒸留酒に風味を添加するためにハーブや果汁、糖分などがくわえられています。

そのままの味わいであるブランデーに対し、リキュールは飲みやすくなっています。

ブランデーに風味を加えたリキュールもあり、カクテルなどにも使用されます。

もちろんブランデーに風味を付け加えたものですから、味そのものはブランデーにあるんです。

つまり、リキュールとブランデーの違いは、味や原料ではなくて、風味を添加物で整えられているかどうかというわけなんです。

リキュールとブランデーの違いを生かした飲み方


リキュールとブランデーの違いがわかったら、次はそれぞれの特徴を生かした飲み方で楽しむ方法を身に付けましょう。

ブランデーの飲み方

芳醇な香りを特徴としているブランデー。

香りを楽しむお酒ともいわれています。

口当たりが良く飲みやすいので薄めなくても大丈夫。

香りが消えてしまわないようロックや水割りではなくストレートで飲むのが通です。

アルコール度数が気になる方は、クラッシュアイスに注いで飲むのもおすすめです。

リキュールの飲み方

リキュールは千差万別なのでまずは自分好みのリキュールを見つけましょう。

カクテルとして飲むのが一般的で、何で割るかはお好み次第です。

ジンやブランデーなどといったアルコール度数の高いお酒と組み合わせる人もいれば、ソーダやソフトドリンク・トニックウォーターなどと割って楽しむ人もいます。

また、風味が整えられているので、そのままで飲んでみたい!という人には、グラスに氷のみを入れてそこにお酒を注ぐ「オン・ザ・ロック」がおすすめです。

いつもは割ってしまうことの多いリキュールですが、そのままでも充分おいしくいただけますよ!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3