【有楽町】スペインバル”真夜中の太陽”で旅行気分を味わおう!オリジナルサングリアが注目♪

今回は、一足お先に「有楽町駅」にある”真夜中の太陽”を堪能してきたのでレポートします!

  • あーちゃん
  • 更新日:
286view
favorite
【有楽町】スペインバル”真夜中の太陽”で旅行気分を味わおう!オリジナルサングリアが注目♪

2019年6月14日(金)にオープンしたのが「有楽町駅」にある”真夜中の太陽”です。

本場スペイン仕込みのパエリアやをはじめ、圧巻の26匹ものエビを太陽のように並べた赤海老や、10部位もの食べ比べができる生ハム、ハラペーニョなどちょっと珍しいオリジナルサングリアなど…

ここ”真夜中の太陽”でしか味わえないおいしくて楽しいメニューが盛りだくさん♪

今回は、一足お先に「有楽町駅」にある”真夜中の太陽”を堪能してきたのでレポートします!

【有楽町】真夜中の太陽はまるでスペインのバル♪旅行気分を味わえちゃう!

JR有楽町駅を出て徒歩4分程度…ザ!日本な高架下に突然現れるエスパニョールな雰囲気が漂う外観が本場スペイン料理と美味しいお酒を堪能できる”真夜中の太陽”です。

イタリア、スペインでは、フラッと立ち寄って軽いおつまみとお酒を一杯呑んで帰るような居酒屋を「バル」という名前で呼んでいます。

最近は日本でも美味しいワインをカジュアルに呑める場所として人気を集めていますよね。

本場スペインでは「気軽に立ち寄ってコミュニケーションをとる場所」として、朝食から夕食まで気軽に使われているのがバルで、夕食前の小腹を満たすために”コンビニ感覚”で使われる事もあるほどスペインの人々の暮らしに密生しています。

そんな本場スペインバルを思わせるように、陽気なスタッフさんが四六時中元気な掛け声を上げています。なんとスタッフさんは皆さん外国の方らしいです。

あ!でも、大丈夫ですよ。皆さん日本語とっても上手ですから(笑)お料理をテーブルに出すときは「恐れ入ります~」なんて気配りしてくれます。

【有楽町】真夜中の太陽でおすすめなのはフォトジェニックで味も確かなおいしいごはん♪

バルというと、気軽に食べられる「タパス」や「ピンチョス」が有名ですが、真夜中の太陽ではカンパイ用にサッと出てくるお料理としっかり作りこまれたおいしいお料理とを楽しむことができます!

まず出てきたのは「生ハム」!やっぱりワインには生ハムですよね~♪なんと、真夜中の太陽では全部で10部位を常備しているそうです。焼肉で部位っていうのは聞くけど…生ハムにも部位があったのね!!

確かに良く見てみると、それぞれ色合いや形が全然違う!!!これは食べ比べが楽しいですね♪せっかくなので盛り合わせ(1,800円)を頼んでみるのがおすすめです。

続いて出てきたのが、キャンディーが入っていそうなかわいらしい器!こちらはレバーとハラペーニョの和え物です。実は私…レバーが苦手なんです。じゃなんで頼んだかって?おすすめされたからです(笑)

蓋を開けるとなんだか目に優しい色合いですね。ちょっとハラペーニョを多めにとって、流し込む為のワインを片手に、いざレバー!!!

おや?これレバーですか?私が嫌いなレバー特融の臭みというか嫌なしつこさがない!!これは食べれる!ハラペーニョも辛すぎずレバーに程よい辛味と苦みを加えていいアクセントです。すごく食べやすい!

続いて出てきたのが、「焼きコーンコンビーフ(500円)」のタパス。色合いがすごくきれいですね!実はこのタパス、缶詰めなんです!

ちょっとコーンをどかして見てみると…ほら!かわいい缶詰に入っています♪最近缶詰のおつまみが流行っていますが、そこにちょっとアレンジしてあるのがこの”缶 DE TAPAS”なんです。

簡単なのに、見た目もかわいいしお酒のおつまみにはピッタリ♪お家でもおつまみとして自分で作れそうな所が缶詰のおつまみアイディアとしていいですよね♪

”缶 DE TAPAS”はこのほかにも種類があるので、ぜひチャレンジしてみてください♪

続いて出てきたのが、”真夜中の太陽”名物料理「海老の太陽(2,800円)」です!圧巻の26匹の赤海老!!太陽のように並べられていてとても美しい!目で見て楽しめるお料理です♪

もちろん味も抜群!しっかりボイルされてちょっとパサパサした海老なのかなぁと思いきや…めちゃくちゃぷりぷりでまるで生海老のように濃厚でしっとりしています!これはびっくり!え?これ生なの!?と思わず身を二度見してしまうぐらいです!

見た目にこだわる料理って、意外と味がおざなりになりがちじゃないですか…とくに海老26匹も使って、一皿づつこんなに丁寧に並べるともなるとまぁ味は二の次かなぁなんて見くびってました…味も抜群!!さすが本場スペイン仕込みと豪語するだけはあります!!

もぉワインがすすむ、すすむ(笑)これは注文マストメニューですね!

そして、最後にお待ちかね!スペインといえば「パエリア」です。真夜中の太陽にももちろんパエリアがあります!今回はその中でも「トロトロ手羽おこげパエリア(1,000円)」を頂きました!

パエリアといえば、魚介のイメージですが…こちらは手羽…そしておこげって書いてあるけど、見るからにおこげなんてついてなさそうな丁寧な盛り付けなんですが…

まぁとりあえず頂きましょう。

すっとフォークが通り、難なくすくいあげる事ができる!!これは衝撃!!パエリアって結構フライパンにこべりついてて、大きなスプーンでガリガリ”削り取る”イメージありません?あれはあれで楽しいんですが、半ばダンダン腕が痛くなってくるんですよね(笑)

でもね、これ!全然こべりついてないんです!すっと取れます!すっと!こりゃ楽だ!

でも、これだけすっと取れるんだからおこげなんてついてるわけないでしょ…と思い頂くと…あった!おこげいました!リゾットみたいにふわっとろっなしょく食感の後にほろ苦おこげ!新感覚!

パサパサしているパエリアというより、しっとりしていて濃厚なリゾットとおこげが合体したような不思議なパエリア。これはぜひ一度試してみていただきたいですね!チーズが効いているのでワインとの相性も抜群です♪

呑んべぇさんは「米はシメ!」というイメージがあるかもしれませんが、このパエリアはおつまみ感覚で軽く食べられますよ♪

色どりが良くてとても華やか!フォトジェニックですね~(笑)目でも楽しく味にも大満足できるお料理でした!

【有楽町】真夜中の太陽では自家製サングリアは外せない!!

スペインといえば、ヨーロッパの国ですよね。ヨーロッパ…お酒…ワイン!という事で、まず1杯目は赤ワインを頂きました!

…あれ?ワインなのになぜかお茶碗みたいな器に入れだすお兄さん…シャレをかましているのかとリアクションに困りながらソワソワしている私を横目に「イタリアではこの呑み方が最近のはやりなんです~」と教えてくれました。

実はこれ、ただの器ではなく「スコデッロ」と呼ばれる正式なワイングラスだそうです!その昔、イタリアのパルマの大衆食堂や酒場である”オステリーア”では器を使ってワインを呑んでいたそうです!

最近できた流行りというよりは、伝統的な呑み方が再び注目されているようですね。

私もこの「スコデッロ」でワインを頂きましたが、ワイングラスを傾けてちょびちょび呑むっていうより、お味噌汁を飲むテンションで口いっぱいにワインをほお張れるので何とも幸せな気分になれます(笑)

ワイングラスなんてちょっと恥ずかしい…なんて思っている呑んべぇさんでも、この「スコデッロ」なら気取らずにおいしくワインに挑戦できるんじゃないでしょうか?

そして、真夜中の太陽に来たら絶対1杯は頼んでほしいのが自家製サングリア!全4種類で左から、パイナップル・スイカ・ハラペーニョ・パッションフルーツです!色合いもキレイですよね~

これ、すべて自家製という事でここでしか呑めないと来たら、もぉ呑むしかありません(笑)

まずは、情熱の国スペインを思わせる「パッションフルーツ」。フレッシュでさわやかな甘みと酸味が食欲を増進させます!グラスの淵についている塩も、パッションフルーツの甘みを引き立ててくれるいいアクセント♪

私は食事中には甘いお酒をあまり呑まないのですが、真夜中の太陽のご飯はまろやかな味わいの物が多かったのでパッションフルーツの甘みと酸味との相性がとてもよかったです。

次に変わり種、「ハラペーニョ」!

ハラペーニョというのは、メキシコを代表する青唐辛子です。ホットドックなんかでハラペーニョのピクルスが挟まっている物を見かける事もありますよね。ピリ辛な味わいが料理のアクセントになるのが「ハラペーニョ」です。

問題は、フレッシュなサングリアにちょい辛な「ハラペーニョ」が果たして合うのか…ということです。罰ゲーム的な話題性の為の一杯なのかしら…?

まずは香り…おーサルサ!サボテンが見えそうな、スパイシーな香りがほわ~んと鼻を抜けていきます。…これ、大丈夫?

グラスの淵でもハラペーニョさんがアピールしてます。それでは、覚悟を決めて!!

…あれ?思っていたほど?辛味は多少あるのですが、ちょうどいいピリ辛具合!焼酎や日本酒でもアクセントとして唐辛子を入れてちょっと風味を楽しむ呑み方がありますよね。

あんな感じで、アクセントとしてほんの少し辛味があります。っが、全然嫌な感じではない!そして、心地よい苦み!これは美味しい!何より、甘すぎないので辛党の呑んべぇさんでもゴクゴク行けちゃいます♪

塩気の利いた生ハムや、濃厚な赤エビ、しっとりしたパエリアとの相性も抜群です!

サングリアでこの味わいは新感覚!ぜひ一度試してみてください♪

真夜中の太陽

住所:東京都千代田区丸の内3-7-6
アクセス:有楽町駅から271m
営業時間:17:00〜24:00(年中無休)

この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3