リキュールで作るホットカクテル♡カシスやゴディバを使って芯までポカポカ♪

温かいお酒といえば、焼酎のお湯割や熱燗などがすぐに思い浮かびます。確かに焼酎や日本酒の熱燗やお湯割りもおいしいのですが、ちょっと甘かったりほっこりできるようなホットカクテルを呑みたい夜もありますよね。今回はリキュールを使ったホットカクテルを

  • メンバー
  • 更新日:
20view
favorite
リキュールで作るホットカクテル♡カシスやゴディバを使って芯までポカポカ♪

キンキンに冷えたビールやスピリッツで作ったお酒ももちろん美味しくて、暑い季節には最高です。しかし、少し肌寒い日や紅葉が綺麗になってきた季節にはちょっと工夫を凝らした温かいお酒も楽しみたいものです。

温かいお酒といえば、焼酎のお湯割や熱燗などがすぐに思い浮かびます。確かに焼酎や日本酒の熱燗やお湯割りもおいしいのですが、ちょっと甘かったりほっこりできるようなホットカクテルを呑みたい夜もありますよね。

今回は、そんな方に向けて組み合わせ方で楽しみが広がる、リキュールを使ったホットカクテルをご紹介します♪

カクテルを作る前に…リキュールってどんなお酒?

今回は、リキュールを使ったホットなお酒を紹介していきます。そこで、まずはリキュールってどんなお酒?という事をご紹介していきますね。

リキュールは、「ジン」「ラム」「ブランデー」「ウォッカ」に代表されるスピリッツや日本では焼酎に代表される蒸留酒が原料となっています。

これに果物や花、薬草、香料、砂糖、シロップを加えて飲みやすくしたものを指します。

リキュールと聞くと外国のお酒を連想しますが、身近なところでは日本の梅酒もリキュールの一つです。

リキュールは様々な種類がありますが、大きく3つほどに分けることができます。独特の香りや苦味が好みの方には、薬草や香料のリキュールがおすすめ。代表的なものは「カンパリ」です。

飲みやすくて爽やかな味が好みの方には、果実のリキュールがおすすめ。代表的なものは「カシス」「キュラソー」です。深い風味が好みの方には、ナッツや種子のリキュールがおすすめ。代表的なものは「コーヒー」「アマレット」です。

       

心も体もほっこりポカポカ♪リキュールを使ったホットカクテル5選

【01】ホットカンパリ

カンパリは、「カンパリオレンジ」として試したことがある方が多いのではないでしょうか。

カンパリはイタリアが原産国のリキュールです。それだけでは苦味の強いリキュールとして知られています。

この苦味は、ビターオレンジやコリアンダー、リンドウなどの果実や薬草などが60種類ほど使用されることで生まれています。ハーバルな味や香り、苦味、くせのある味が好みの方に試していただきたいリキュールです。

ホットにするとカンパリの香りがより広がりやすくなります。「ホットカンパリ」の作り方ではカンパリをお湯で割り、そこにはちみつとレモン果汁を加えます。

試してみたいけれど、カンパリの苦味が心配な方や甘めのお酒が好みの方はここではちみつを多めに入れると飲みやすくなります。

寒い季節には、寝る前のリラックスタイムのお供にするのもおすすめです。はちみつとレモンの組み合わせは、喉の保湿をしてくれる効果やリラックス効果があります。

カンパリ CAMPARI [ リキュール 1000ml ] 出典:Amazon

カンパリ CAMPARI [ リキュール 1000ml ]

リキュール
アルコール度数: 25%

【01】ホットカシスウーロン

カシスのリキュールは、「クレームドカシス」が本来の名前です。

フランスが原産国のリキュールで、クリームのように甘いリキュールという意味が込められています。ビタミンCやアントシアンが豊富に含まれたカシスの実を原料にした、甘くて飲みやすいリキュールです。

お酒が苦手な方でも、「カシスオレンジ」ならジュースのようで飲むことができるという方も多くいます。

若い女性に人気のリキュールの一つです。「ホットカシスウーロン」の作り方はとても簡単です。

まずウーロン茶を温めます。市販のペットボトル入りのものでもいいですし、お茶好きの方は茶葉から淹れても美味しく出来上がります。温まった烏龍茶に、好みの分量のクレームドカシスを入れて混ぜれば完成です。

さらにアレンジを加えたい方は、レモン汁や砂糖を加えても美味しくなります。あまり甘くしたくない方は、濃いめのウーロン茶を選ぶと苦味が引き立ちすっきりとした後味を楽しめます。

サントリー ルジェ クレーム ド カシス [ リキュール 700ml ] 出典:Amazon

サントリー ルジェ クレーム ド カシス [ リキュール 700ml ]

リキュール
アルコール度数: 20.0%

【02】ホットアマレット

アマレットは、アーモンドのような香りがするイタリア原産のリキュールです。

その香りから原料はアーモンドが使用されていると思われがちのアマレットですが、実はアーモンドは使用されていません。

原材料には、杏の種の中にある「杏仁」という部分を取り出して使用しています。中華料理でおなじみの杏仁豆腐に使われている杏仁と同じものです。味は、甘さとほろ苦さを併せ持ったリキュールです。

ホットアマレットは原産国にちなんで「ホットイタリアン」とも呼ばれています。作り方は温めたアレンジジュースにアマレットを加え、風味づけにシナモンスティックを一本添えます。

シナモンスティックがなければ、お菓子作りによく使用されるシナモンパウダーを少しふりかけても代用することができます。甘口なアマレットのリキュールにオレンジジュースを使用しているので、とてもフルーティーで飲みやすくなっています。

お酒の苦味が苦手な方にはおすすめです。

ディサローノ アマレット [ リキュール 700ml ] 出典:Amazon

ディサローノ アマレット [ リキュール 700ml ]

原材料:香料、カラメル色素
お酒の製法/ベース/種類:ナッツ種子クリーム
アルコール度数:28%

【03】ティファナコーヒー

コーヒーのリキュールは蒸留酒にコーヒー豆を浸すことで、その濃厚な香りや苦味を引き出して作られます。

コーヒーのリキュールとして有名なものの一つが「カルーア」です。カルーアはメキシコ原産で、甘くて飲みやすいため女性に人気があるカルーアミルクが定番です。

このほかにも、実はコーヒーのリキュールは様々な種類の銘柄が登場しています。甘みの強いカルーアとは反対に、エスプレッソのような苦味を持つイタリアが原産国のエクリッセや高級なブルーマウンテンの豆を使用したジャマイカが原産国のティアマリアなどがあります。

「ティファナコーヒー」は、最初に紹介したカルーアを使用して作ります。作り方はとてもシンプルで、ホットコーヒーに好きな分量のカルーアを入れます。かき混ぜて上からホイップクリームをかければ完成です。

簡家でも簡単に作れるのに、おしゃれな装いに仕上がります。チョコレートを削ってトッピングするのもおすすめです。

サントリー カルーア コーヒー [ リキュール 700ml ] 出典:Amazon

サントリー カルーア コーヒー [ リキュール 700ml ]

リキュール
アルコール度数: 20%

【03】ゴディバホットミルク

ゴディバといえば高級チョコレートで有名です。実は、そんなゴディバではプレミアムチョコレートの味わいをそのまま楽しめる贅沢なリキュールも販売されています。

ゴディバリキュールはアイスにかけたりオンザロックで呑むのももちろんおいしいのですがホットミルクに注ぐだけで簡単においしい体の芯まで温まるゴディバホットミルクを作る事ができます。

ホットチョコレートの様に甘くておいしいので呑みすぎには注意です。

ゴディバ チョコレート リキュール [ 750ml ] 出典:Amazon

ゴディバ チョコレート リキュール [ 750ml ]

原材料:クリーム、スピリッツ、糖類、香料、着色料(カラメル)、カゼインナトリウム
お酒の製法/ベース/種類:その他
アルコール度数:15%

   
この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3