ギフトにおすすめな泡盛!その選び方とおすすめの泡盛をご紹介!

  • メンバー
  • 更新日:
19view
favorite

最近は、通販の流通などにより沖縄の泡盛がギフトとして利用されるようになってきています。様々な形で飲むことができる泡盛の選び方についてご紹介していきます。さらには、おすすめの泡盛についてもご紹介していきます。泡盛がギフトとして人気のある理由としては、まず健康に良いという面があります。泡盛は、低カロリーな蒸留酒なので、健康に良いのです。さらには、色々な形で飲むことができるというメリットもあります。そして、ギフトとして、泡盛は、特別感があります。

ギフトにおすすめ!その泡盛の選び方についてご紹介!

泡盛の選び方についてご紹介していきます。まず、本物志向や、ロックで飲むのが好きな方には、古酒をおすすめします。泡盛は、一般的には、3年以上寝かせた古酒と一般酒に分けることができます。そこで、ロックやストレートで飲むのが好きな方には、古酒をギフトで贈ると喜ばれます。
さらに、次の泡盛の選び方は、女性やお酒に弱い人には、飲みやすい泡盛をギフトとして贈るといいでしょう。泡盛の中でもアルコール度数が低めのもので、口当たりがマイルドなものを選んであげると喜ばれます。
さらには、泡盛をベースにした梅酒やリキュールなどは、話題性があってギフトとして贈ると喜ばれます。いつも甘いお酒を飲む人や新しもの好きの人には、ぴったしです。
そして、泡盛をギフトで贈る際の、予算はどれくらいになるのでしょうか。予算としては、大体1,000円~4,500円程度の幅に入ってきます。1000円くらいの安いものは、菊之露 親方の酒などがあります。

ギフトにおすすめの泡盛の銘柄についてご紹介!

プレゼントなどのギフトとしておすすめな泡盛をご紹介していきます。まずは、まさひろ酒造のまさひろ 44度 1800mlになります。こちらの泡盛は、まさひろ酒造で50年以上売られている商品になります。豊かな香りと、すっきりとした味わいが特徴となっている泡盛になります。アルコール度数が44度と高めになっていますが、じっくりと味わいたいという人にはおすすめになっています。価格は、2,800円となっています。
さらに、プレゼントにおすすめな泡盛は、比嘉酒造の残波 泡盛 30度 1800mlになります。こちらの泡盛は、女性や泡盛が苦手な人にも飲んでもらいたいと開発した泡盛になります。味わいとしては、コクのある味わいになっています。モンドセレクションを4年連続で受賞しています。豊かな香りが、お湯割りにするとより一層感じることができます。女性にも飲みやすい泡盛になっているので、安心してギフトとして贈ることができます。価格は、2,200円程度となっています。

まだまだギフトとしておすすめな泡盛の銘柄のご紹介!

続いてご紹介するギフトとしておすすめな泡盛は、菊之露の親方の酒 32度 1800ml瓶になります。こちらの泡盛は、宮古島の硬水で作られたお酒になっています。こちらの泡盛は、どんな人でも飲みやすいお酒になっており、コクがあり、すっきりとしています。女性にも人気の泡盛になっています。親方というのは、琉球時代の高官から付けられています。瓶のパッケージも、特別感があって、ギフトにはおすすめです。価格は、1,911円となっています。
さらに、紹介しますギフトとしておすすめの泡盛は、宮里酒造所のカリー春雨 30度 1800mlになります。こちらの泡盛は、1946年創業の宮里酒造所で作られています。カリー春雨は、軟水で仕込んでいる一般酒になりますが、古酒のようなコクがあるのが特徴になっています。さらには、ほのかな甘みを感じるお酒になっています。ラベルには、縁起物が描かれているので、ギフトとして最適です。価格は、2,134円となっています。

父親にギフトとして贈るのに最適な泡盛の銘柄をご紹介!

父親の誕生日などに贈るのに最適な泡盛の銘柄についてご紹介していきます。まずは、ヘリオスの古酒「くら」 25度 1800mlになります。こちらの泡盛は、3年熟成させた古酒になり、モンドセレクション金賞を5年連続で受賞しています。味わいとしては、芳醇な香りが特徴となっており、さらに、樫樽で熟成させているので深みのある美味しさになっています。ハーフロックやハイボールなど色々な飲み方ができるのも、おすすめの理由になります。価格は、1,990円になっています。
さらに、ご紹介します父親に贈りたい泡盛のギフトは、金武酒造の龍ゴールド古酒25度 720mlになります。こちらの泡盛は、仲里式蒸留器を使ったお酒になります。日本初の鍾乳洞による古酒蔵があるのも特徴です。名水を使っており、アルコール度数も25度と飲みやすく女性にも人気です。価格は、2,140円となっています。
以上が、ギフトで贈りたい泡盛の銘柄についてご紹介してきました。様々な泡盛を、ギフトとして贈り楽しんでもらって下さい。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3