沖縄のお土産は泡盛のミニボトルがおすすめ

  • ライターN
  • 更新日:
29view
favorite

沖縄旅行のお土産には、泡盛のミニボトルがおすすめです。ミニボトルの詰め合わせを選ぶのであれば、どこの銘柄が良いかわからない人でも簡単に選ぶことができますし、ミニボトルにすれば持ち運びも容易です。また、泡盛自体はオンザロック、水割り、ジュース割り、調味料として使うなどいろいろな楽しみ方ができます。加えて、家庭でも容易に保管できるので、泡盛をミニボトルのまま熟成させて味わうのもまた一つの魅力となります。

泡盛のミニボトルがお土産におすすめの理由

泡盛といえば、沖縄の風土が生み出した沖縄ならではの蒸留酒であり、現地で味わうのはもちろんのことお土産としてもおすすめできます。泡盛は原料であるタイ米に黒麹を混ぜて、もろみを加えて発酵させたお酒であり、沖縄でしか作られていません。とはいえ、お酒のお土産は重い、好みかどうかわからない、などといった否定意見があります。しかしながら沖縄では泡盛のミニボトルが発売されており、それはお土産に最適なのです。沖縄で作られていると言っても、沖縄は縦に長く本島だけでなく離島もありますので、産地や酒造場も多岐にわたります。北部と南部では味わいや銘柄も違い、それゆえ泡盛マイスターという資格もあるくらい奥の深いお酒なのです。ミニボトルであれば、産地を一つに絞らなくても複数の泡盛を買うことができます。予算や購入したい産地、種類に応じて選ぶことができるのも、泡盛のミニボトルが沖縄旅行のお土産に最適である理由の一つです。

泡盛のお土産、ミニボトルは使用用途もたくさん

泡盛は独特の香りとすっきりとしたのど越しが特徴です。そのため、お酒としてはおつまみを殺すことなく主張しすぎないさっぱりとしたお酒になります。それだけでなく、沖縄では調味料としても利用されているように、その使い方は多岐にわたります。また、泡盛は度数が高いお酒として敬遠している人がいるかもしれません。しかしながら、泡盛はオンザロックで楽しむだけでなく、泡盛の水割りなどでも楽しめます。またスイカやキュウリとも相性が良く、沖縄では一緒に食されるくらいです。オレンジジュースやパイナップルジュース、コーラやソーダ水などで割って即席のカクテルとしても楽しめます。このような工夫をすることで度数の高い泡盛でも、おしゃれに飲むことができます。アルコールが苦手な人でもミニボトルであれば、カクテルやソーダ割にして簡単に飲むことができます。年齢層やお酒の好みに関わらず選択できるお土産であることも、泡盛のミニボトルをおすすめできる理由です。

お酒好きもそうでない人にもおすすめできる泡盛ミニボトル

3年以上寝かせた泡盛を古酒といいますが、泡盛の大きな特徴としては腐敗しにくいので一般家庭でも保存ができることです。泡盛の味わいが変わりにくいので、お土産としても自分で楽しむのもおすすめです。また、100ミリリットル程度の小さなボトルなので、お酒好きでない人でも簡単に飲み切ることができます。一升瓶やかなり大きなボトルの泡盛だと、何を選んだらよいかわからない時でも、泡盛のミニボトルであればとりあえず詰め合わせを選んでおけばよいというのもおすすめできる理由の一つです。飲み終わった後のボトルは、きれいなミニチュアなので部屋に飾っておいても雰囲気が出ます。また、沖縄では食事の時に飲まれているなど、おつまみのメニューを選ばずに楽しめるのも泡盛の大きな特徴です。泡盛のミニボトルは、お酒を全く飲まない、と決めている人以外に多くの人に受け入れられるお土産であることも、泡盛のミニボトルがおすすめできる理由です。

奥の深いお土産、泡盛のミニボトル

泡盛は、3年以上寝かせているお酒を古酒といい、古酒は独特の深みとまろやかさがあるのが特徴です。泡盛は基本的に古酒をつぎ足しながら作ることができるので、そう古いお酒でなければ、比較的低価格でも古酒が含まれている泡盛を手に入れることができます。また、今では終売になっているような泡盛でも、ミニボトルであれば手に入れることができる場合もあります。また、貯蔵が容易なお酒なので、長い間家に置いているだけで風味が増すといったこともあります。同じミニボトルを複数買っていて、貯蔵する年数によって味わいの違いを感じることができるのも、泡盛のミニボトルが魅力あるお土産であることを証明しています。人へのお土産でも失礼はありません。ですが、自分用にミニボトルを数本買って、沖縄旅行を思い出しながら楽しむこともできます。夏は水割りやソーダ割、冬はお湯割りやあたたかいお茶割りなど飲みかたを工夫することにより、楽しみも増えていきます。

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3