初めてでも簡単!リキュールのおいしい飲み方と定番カクテル3つ!

今回は、宅飲みでもリキュールを楽しみたい方のために、自分でできるおいしくて簡単なリキュールの飲み方をご紹介します。

  • メンバー
  • 更新日:
33view
favorite
初めてでも簡単!リキュールのおいしい飲み方と定番カクテル3つ!

リキュールといえばカクテルを作る上で欠かせないお酒ですよね!

自分でもバーで飲むみたいに、リキュールを色々アレンジして飲めたら素敵だと思いませんか?

リキュールは果実を使ったり、ハーブやミルクを使ったものなど様々な種類のものがあります。

これらを炭酸やミルクで割るだけで、お店みたいなカクテルが自分でも作れるんです。

今回は、宅飲みでもリキュールを楽しみたい方のために、自分でできるおいしくて簡単なリキュールの飲み方をご紹介します。

意外?リキュールのおいしい飲み方


リキュールは度数が高いものもあることから、何かで割って飲んだり、カクテルにして飲むお酒だと思っていませんか?

でも、リキュールは、そもそもそのままで飲んでもしっかり風味が整えられているお酒です。

リキュールそのものの味を楽しむなら、やっぱりストレートかロックで飲んでみるのがおすすめです。

割って飲むと気がつかない、舌触りや香りに驚くかもしれません。

自家製で漬けることの多い梅酒も実はれっきとしたリキュールです。

梅酒ロックといえば、おなじみですね。

リキュールの中にはアルコール度数が40度以上のものもあるので、ストレートで飲む場合にはチェイサーを用意して、チビチビと少しづつ飲むようにしましょう。

他にストレートやロックで飲むのにおすすめのリキュールは、は杏仁豆腐のような香りがするアマレットのリキュール「ディサローノ」やフレッシュな桃の香りがする「ドメーヌ・アランヴェルデペシェ」などがあります。

ディサローノ

アマレットリキュールのディサローノはイタリアで誕生した人気のアマレットリキュールです。

アーモンドのような甘く香ばしい香りがしますが、アーモンドは入っておらず杏の種子の核が使われています。

お菓子作りの風味づけなどにも愛用されるリキュールです。

ディサローノ アマレット [ リキュール 700ml ] 出典:amazon

ディサローノ アマレット [ リキュール 700ml ]

原材料:香料、カラメル色素
•お酒の製法/ベース/種類:ナッツ種子クリーム
• アルコール度数:28%

度数が気になる時のリキュールの飲み方とは


リキュールは、度数が高いものも少なくありません。

でもジュースなどの飲み物で割ってカクテルにしてしまうと、リキュール本来の味がわかりづらくなってしまいます。

度数は気になるけれど、リキュールの味を損なわずに飲みたい!という方には水割りがおすすめです。

味や香りは多少薄まってしまいますが、それでもリキュールそのものの味は充分に楽しめます。

アルコール度数もストレートやロックに比べれば低くなっているので、ゴクゴク飲みたい人やお酒が弱い人も楽しめる飲み方です。

また、食事と一緒に楽しむなら水割りだと食事の邪魔をせずに飲むことができます。

水割りにおすすめのリキュールは、ライチリキュールの「ディタ」や紅茶リキュールの「ティフィン」 ティーリキュール(紅茶リキュール)」レモンのリキュール「リモンチェッロ」などがあります。

ディタ

ライチのさわやかな甘みがフルーティなリキュールです。

ライチの香りと、透明の液体が様々な飲み方にマッチします。

水割りにしても負けない香りと、甘すぎない味が水割りに最適。

他には柑橘系のジュースにもよく合います。

ディタ ライチ [ リキュール 700ml ] 出典:amazon

ディタ ライチ [ リキュール 700ml ]

原材料:アルコール
お酒の製法/ベース/種類:果実
アルコール度数:21%

定番のリキュールの飲み方といえば


リキュールの定番の飲み方といえば、甘さをおさえつつすっきり飲むことができる炭酸割りはいかがでしょうか。

ストレートや水割りでおすすめしたリキュールも、炭酸割にするとさっぱりと飲むことができます。

無糖の炭酸を選べば、味が変わることもなく、度数は控えめで楽しむことができますよ。

炭酸割りにするなら、グラスや炭酸水をあらかじめ冷やしておき、そのグラスに氷をたっぷり入れて、適量のリキュールと炭酸水をそそいでそっと混ぜます。

炭酸割りにオススメのリキュールはカシスリキュールの「クレーム・ド・カシス」オレンジリキュールの「コアントロー」ハーブリキュールの「カンパリ」などがあります。

炭酸割りではありますが、「カシスソーダ」「カンパリソーダ」のようにすっかりソーダ割りがカクテルとして定着しているリキュールもありますね。

クレーム・ド・カシス

フランス・ブルゴーニュ地方で作られているおなじみのカシスリキュールです。

ルジェカシスは厳選された良質のカシスを使い、保存料・添加物を一切加えずにフルーティな香りと味わいが特徴です。

ソーダ割りの他にも、ウーロン茶やミルクで割るカクテルも人気です。

ルジェ クレーム ド カシス [ リキュール 700ml ] 出典:amazon

ルジェ クレーム ド カシス [ リキュール 700ml ]

リキュール
原材料:カシス、スピリッツ、糖類
アルコール度数: 20.0%

やっぱりリキュールの飲み方といえばコレ!


リキュールでさまざまな味を楽しむなら、やっぱりカクテルですよね!

リキュール一つあれば、割りものによって、色々な味が楽しめて、宅飲みやホームパーティでも応用ができるので便利です。

でもリキュールを使ったカクテルはかなりたくさんの種類があり、いったい何を選んだらいいのかわからないという人や、どうやって作ればいいのかわからないという方も多いでしょう。

そこで今回は、定番のリキュールと、簡単に作れるカクテルをご紹介します。

【01】カシスオレンジ

先ほどご紹介した「クレーム・ド・カシス」にオレンジジュースを加えたカクテルです。

氷を入れたグラスに、クレーム・ド・カシスを入れます。

カシスリキュールとオレンジジュースの割合は1:4くらいがおいしい割合です。

その後オレンジジュースを入れて軽く混ぜます。

ここで、混ぜずにマドラーを添えて出すのも、カシスとオレンジの色がグラスの中で二層になり、とってもおしゃれですよ。

【02】カルーアミルク

こちらはコーヒーリキュールの定番、カルーアを使ったカクテルです。

ロックグラスに、氷を入れてカルーアをそそぎます。

カルーアと牛乳の割合は1:3くらいがおいしいです。

その後、牛乳をそそいで、軽く混ぜます。

ホットでもおいしく、また混ぜずに出したり、上に生クリームを飾るのもおすすめです。

【03】マリブパイン

ココナッツの甘味が優しいリキュール、マリブは手軽に南国気分の味わえるおすすめのリキュールです。

このマリブをパイナップルジュースで割ったカクテルが「マリブパイン」です。

氷を入れたグラスに、マリブを注ぎます。

マリブとパイナップルジュースの割合は、こちらも1:3です。

その後パイナップルジュースを注いで、軽く混ぜてできあがりです。

飾りにパイナップルやオレンジなどのフルーツを飾るとさらにトロピカルな雰囲気になりますよ!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ