今大人気!米焼酎の人気ランキングをご紹介!

  • メンバー
  • 更新日:
20view
favorite

日本人になじみのある米は、日本酒の原料として有名です。しかし、焼酎にも使っている米焼酎というものがあります。日本酒のように、クセがなく飲みやすいのが特徴になっています。芋焼酎や麦焼酎ほどは、有名ではありませんが、ひそかに人気のある米焼酎になります。そんな米焼酎の人気ランキングについてご紹介していきます。どのような米焼酎が人気があるのか、どんな銘柄が人気があるのかについてご紹介していきます。一つずつ見ていきましょう。

大人気!米焼酎の人気ランキング第一位と第二位!

“米焼酎の人気ランキング第一位は、吟香 鳥飼になります。こちらの米焼酎は、とてつもないほどのフルーティーさが特徴となっています。さらには、吟醸酒のような淡い風味がやみつきになってしまいます。96年モンドセレクション国際食品コンクールで特別金賞を受賞しています。それから、ずっと沢山の人に飲まれている米焼酎になります。おすすめとしては、ロックや、クラッシュアイスなどで飲むのがおすすめになります。価格は、720mlで、2,214円となっています。
米焼酎の人気ランキング第二位は、八海山 よろしく千萬あるべしになります。こちらの米焼酎は、「大吟醸」製造技術により製造されています。製造過程では、華やかな香りのする黄麹を使っています。ほのかに香る吟醸と、すっきりとした味わいで、ついつい飲みすぎてしまいます。おすすめの飲み方としては、ロックですっきりと飲むのがおすすめです。価格は、1800mlで、2,538円となっています。”

大人気!米焼酎の人気ランキング第3位と第4位!

続いて紹介する米焼酎の人気ランキング第3位は、豊永蔵になります。こちらの豊永蔵は、とよなぐらと読みます。熊本県、球磨地方で作られている焼酎になります。原料は、オーガニック米を使っており、高品質な焼酎になっており、香り高い風味を特徴としています。オーガニック米とは、無農薬で無化学肥料のことです。新鮮なきれいな水を使っており、蒸留は、減圧蒸留により行っているので、さっぱりと飲みやすくなっています。価格は、1800mlで、3,132円となっています。
続いて紹介する米焼酎の人気ランキング第4位は、白岳になります。こちらの白岳は、モンドセレクション4年連続金賞を受賞している焼酎になります。減圧蒸留により作られた焼酎で、非常にすっきりと飲みやすくなっています。おすすめの飲み方としては、さっぱりとした後味を楽しむのに水割りとなっています。また、上品な香りを立たせるためにお湯割りもおすすめです。価格は、900mlで、978円となっています。

大人気!米焼酎の人気ランキング第5位と第6位!

続いて紹介します米焼酎の人気ランキング第5位は、七田になります。この七田は、味わいとしては、クセがなく純米本来の旨味が引き出されています。さらには、とってもフルーティーな味わいをしています。旨味に雑味が加わらないように減圧蒸留により丁寧に作られています。おすすめの飲み方としては、すっきりとして飲める水割りや、オンザロックがおすすめです。この七田の価格は、1800mlで、3,400円となっています。
さらに紹介します米焼酎の人気ランキング第6位は、十四代になります。この十四代は、山形県、高木酒造の焼酎になります。こちらの焼酎は、様々な種類がありますがどれも入手困難となるほどの人気となっています。低温によりじっくりと蒸留されており、大吟醸のような味わいがあります。また、すっきりとして飲みやすいです。また、米本来の味わいを持ち、フルーティーに出来上がっています。おすすめの飲み方としては、ロックです。価格は、720mlで、5,835 円となっています。

大人気!米焼酎の人気ランキング第7位と第8位!

続いて紹介します米焼酎の人気ランキング第7位は、大石になります。この大石は、球磨の蔵元大石酒造が作っている焼酎になります。焼酎を熟成する際に、シェリー樽、コニャック樽を使ったものになります。そして期間は、なんと8年もの年月を寝かしています。味わいとしては、米焼酎本来のコクがあり、樽による良い香りが特徴となっています。おすすめの飲み方としては、ロック、ストレート、水割りになります。価格は、720mlで、2,232円となっています。
続いて紹介します米焼酎の人気ランキング第8位は、萬代 ばんだい 吟醸粕取焼酎になります。こちらの焼酎は、まろやかな味わいと、香り高い取り合わせが特徴となっています。焼酎らしくない甘い風味があります。おすすめの飲み方としては、爽やかにロックで飲んで下さい。価格としては、720mlで、1,324円となっています。
以上が、米焼酎の人気ランキングについて紹介してきました。日本人になじみのある米を使った焼酎を楽しんでみて下さい。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3