知っておきたい泡盛のおいしい飲み方

  • メンバー
  • 更新日:
22view
favorite

泡盛は、オンザロックやストレートで楽しむお酒だとされています。しかし、本場沖縄では多彩な飲み方をして楽しむことができる蒸留酒の一つです。泡盛はアルコール度数が高いので、初心者は水割りやカクテルで楽しむのが良いかもしれません。泡盛は水割りやお湯割りで楽しめますが、泡盛4、水6くらいの割合になるのが黄金比です。そのほかにもオレンジジュースやコーラ、カルピスや牛乳で割ったり、お茶で割ったりして楽しむこともできます。

やっぱりロックが良い、泡盛の飲み方について

泡盛はタイ米を使用して黒麹菌にて作られる伝統的な蒸留酒であり、沖縄のおいしい水とそして豊かな自然、気象条件があいまってできた伝統的なお酒です。そのような泡盛は保存のきくお酒であり、古酒につぎ足しながらよいお酒にしていくという独自の手法があります。このような泡盛にはさまざまな楽しみ方があります。泡盛独特の風味を味わうのであれば、まずはスタンダードな飲み方を抑えておきましょう。泡盛のスタンダードな飲み方としては、やはりオン・ザ・ロックです。ロックグラスに大き目の氷を入れてグラスの半分まで泡盛を注ぎます。泡盛のコクと香りを存分に楽しむことができ、これは食事などと一緒にゆっくりと味わいたい人に向いています。泡盛はかんきつ類との相性も良いので、ライムなどを絞っても楽しめます。アルコール度数が比較的高くない泡盛を味わうのにおすすめの飲み方であり、一人で泡盛を味わいたいときやまろやかさを感じるような古酒にも向いています。

泡盛のスタンダードな飲み方、水割りやお湯割り

泡盛を楽しむのであれば、やはり普通の焼酎のように水割りやお湯割りで楽しむのがスタンダードな飲み方の一つです。泡盛は比較的アルコール度数が高いため、夏は水割り、冬はお湯割りで楽しむことができるでしょう。泡盛の水割りの作り方はまず、グラス一杯に細かな氷を入れます。それから泡盛を注いで、水を注ぎ、軽く混ぜます。泡盛を薄めすぎると風味が薄まるので、泡盛と水が4対6程度になるようにしましょう。この割合は泡盛の黄金比と呼ばれています。まろやかな口当たりの水割りが楽しめ、アルコール度数の高い泡盛も簡単に楽しめるからです。一方で、冬の寒い時期におすすめなのが、泡盛のお湯割りです。これはグラスに泡盛を注いでからお湯を注ぐという順番を守ることで、泡盛独自の風味を殺さずに泡盛の香りがより豊かになります。甕に貯蔵された泡盛を使うとその風味がお湯の湯気にのるのでふわっと広がりおすすめです。お湯の温度は40度から50度程度に留めましょう。

泡盛のアレンジ、特殊な飲み方について

泡盛はクセが強くてアルコール度数も高い、と敬遠している人も少なくないでしょう。しかしながら、泡盛はほかのいろいろなドリンクと割ってもおいしく、特にシークワーサーやライムなどといった柑橘系と相性が良いようです。家庭でも簡単にできる飲み方としてはまず、泡盛のオレンジジュース割りがあります。オレンジの清涼感で飲みやすく、含まれるビタミンCはアルコール分解を助けてくれます。また、泡盛のカクテルとして気品ある味わいになるのが、泡盛をコーラである泡盛のコーラ割です。コーラの清涼感が泡盛とマッチしてごくごくと飲めてしまいます。また、泡盛独自の香りとコクをダイレクトに味わうならばソーダ割です。氷を入れたグラスに泡盛を注いでソーダを注ぐと泡盛独自の雰囲気は壊さず、清涼感だけを楽しめます。パインジュースとオレンジジュースをグラスに注いでからそこに泡盛を注ぐとマイタイというカクテルにもなります。このように炭酸系と相性が良いです。

アレンジしたい、泡盛の楽しみ方

実は泡盛は他のお酒と違っていろいろな飲み方ができます。たとえば、幅広い年齢層から支持される飲み方の一つとして、泡盛のコーヒー割があります。泡盛と水、ブラックコーヒーをそれぞれ4対4対2の割合で混ぜるとコーヒーの香りとコクも併せて楽しむことができます。また、グラスに氷を入れて泡盛と牛乳を注ぐという泡盛の牛乳割は、本場沖縄で飲まれているポピュラーな飲み方です。泡盛と乳製品の相性もよく、よりまろやかになります。牛乳以外にもカルピスやヨーグルトドリンク、豆乳などで割るのもおすすめです。乳製品でアレンジすると泡盛のアルコール度数の高さが緩和され、飲みやすくなります。本場沖縄では泡盛はさんぴん茶などお茶で割って楽しんでいるようですが、泡盛とお茶も意外に相性が良いものです。さんぴん茶は手に入れにくいですが緑茶やウーロン茶で割っても泡盛を楽しめます。このように多彩な楽しみ方のできる泡盛を一家に一つは常備したいものです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3