簡単大人カクテル!自分好みのリキュールを選ぼう

  • メンバー
  • 更新日:
27view
favorite

お酒好きなら一度は憧れるカクテル。美味しいカクテルはたくさんあるけれど、「これだ!」と思うのが見つからないな…王道のカクテルはもちろん美味しいけれど、他にないかな…と考えているあなたへ、一風変わった癖のあるリキュールをご存知ですか?

癖のあるリキュールなら、プラスする材料を変えるだけで甘いデザート系カクテルから、料理にも合う渋め系カクテルまで、いろんな味が楽しめます!今回は、ソーダやビール、柑橘系ジュースと相性の良いリキュールを並べました。大人だからこそ美味しいと思える癖のあるリキュール、カクテルをご紹介します。

食前酒にぴったり!「カンパリ」

「カンパリ」は、ビターオレンジ、コリアンダーなど癖のある素材が60種類以上も使われています。キレイな赤色をしているので、とても華やかな雰囲気になります。

カンパリの特徴は、独特の風味と苦味。この苦味が程よく甘さを抑え、それに風味が相まってさわやかな味をつくりだしてくれます。

カンパリを使ったカクテルといえば、ずばりカンパリソーダ。ソーダを混ぜただけ?と思ったそこのあなた、大間違いですよ。ソーダがリキュール独特の舌触りの重さを消してくれるので、ただただカンパリのさわやかさだけを感じられるカクテルなんです。必然的に感じる甘さも控え目になるので、食前酒にもってこいなお味に。

もう少し甘みが欲しいと思ったらトニックウォーターに変えたり、炭酸は苦手…という方は柑橘系のジュースもお勧めです。スプモーニ、というカクテルは有名ですよね。カンパリ、トニックウォーター、グレープフルーツジュースでつくるカクテルです。

深みが増す!「イエガーマイスター」

「イエガーマイスター」は、ハーブ、果物など56種類以上の材料をもとに作られているリキュールです。色は濃い赤茶。よくあるブランデーに近い色をしています。

イエガーマイスターは、原産国のドイツでは”薬酒”として飲まれています。日本でいう”養命酒”みたいな位置づけ。冷蔵庫で冷やしておいて、シングルをくいっとストレートで飲む、というのが一般的な飲み方のようです。

これをカクテルにするなら、意外とビールが合います。いつものビールにちょい足しするだけで、まるでアレンジされたクラフトビールのような味わいに!カンパリとはまた違った風味に驚き、ハマる人も多いでしょう。「とりあえずビール」の概念が変わるかもしれません。

他にも、カンパリと同様にトニックウォーターや柑橘系ジュースで割って楽しむのもお勧めです。飲んでも体にいいお酒って、お酒好きには一石二鳥ではありませんか?もちろん、飲む量は自己責任でお願いします(笑)

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3