悪酔いしないってホント?4大スピリッツとは!知っトクお酒の基礎知識 

今回は、スピリッツとはどんなお酒なのか、種類ごとに楽しみ方をご紹介したいと思います。

  • メンバー
  • 更新日:
178view
favorite
悪酔いしないってホント?4大スピリッツとは!知っトクお酒の基礎知識 

チューハイの缶などによく書いてある「スピリッツ」。

お酒であることはなんとなくわかりますが、どんなお酒なのか、よく考えるときちんと答えられない方も多いのではないでしょうか。

またスピリッツは悪酔いしないなんて聞いたこともありますが、アルコール度数が高いのに、悪酔いしないなんてちょっと信じられませんよね?

スピリッツといっても実は沢山の種類があります。

楽しみ方もそれぞれちがうので、スピリッツのことを知りたいなと思ったら、いろいろ試してみるとよいでしょう。

今回は、スピリッツとはどんなお酒なのか、種類ごとに楽しみ方をご紹介したいと思います。

悪酔いしにくいスピリッツもご紹介しているので最後までご覧くださいね!

そもそもスピリッツとは蒸留酒のこと!


ビールや焼酎、チューハイといったお酒なら聞けばなんとなくイメージできますが、スピリッツとまだ言われるとイメージが浮かびにくいお酒です。

スピリッツとは、蒸留酒の仲間の一つ。

蒸留酒とは、簡単にいうと醸造酒と呼ばれる発酵したお酒を原料にさらに蒸留させたお酒のことです。

醸造酒でメジャーなものは、ビールやワイン、日本酒があります。

この醸造酒を加熱して蒸留させることでアルコール度数の高いお酒が出来上がるのです。

これを蒸留酒と言います。英語ではスピリッツと表現されます。

スピリッツで有名なものには、「ジン」「ウォッカ」「テキーラ」「ラム」があります。

これは世界4大スピリッツと呼ばれているものです。

醸造されたものをさらに蒸留して水分が飛んでいますから、アルコール度数が高くなります。

蒸留酒はどれもアルコール度数が高いですよね。

この4大スピリッツについて、それぞれ詳しく説明していきます。

スパイスの香りのスピリッツとは?


スパイスの香りのスピリッツといえば、「ジン」ですね!

ジンは、大麦やライ麦、ジャガイモなどを原料にして作られているスピリッツです。

オランダ発祥の薬用酒で、ジュニパーベリーというアロマオイルにも使用されるスパイスで香りづけをされています。

他にも数種類の薬草を使用しているので、ボタニカルな香りが特徴的で好みが分かれるスピリッツとしても知られています。

ジンで有名な飲み方には、「ジントニック」「ジンバック」「マティーニ」があります。

「ジントニック」を作るときはジンをキンキンに冷やすのがお勧めです。

スピリッツは基本的に凍らないので、冷凍庫で冷やしても凍りません。

ジン、氷とライム果汁、トニックウォーターの順でグラスに注いでいきます。

全てコンビニでも揃えられる簡単さです。

氷はできれば、市販されている大きいものを使うと溶けにくく、ジンの味をより楽しむことができますよ!

クリアでくせのないスピリッツとは?


クリアなスピリッツといえば、「ウォッカ」ですよね。

ウォッカは、ロシア発祥のスピリッツで原材料としてはジンと変わりはありません。

ではどこがジンと違うのかというと、蒸留後に行う最後の一手間にあります。

ウォッカは醸造酒を加熱して蒸留した後、白樺の木を使った活性炭で濾過作業を行います。

この一手間をかけることで、ウォッカの品質の良さを決める味のクリアさが生まれます。

ウォッカと聞くと、アルコール度数が高くてお酒初心者の方にはハードルが高く感じられるかもしれませんが、実は飲みやすいお酒です。

クセがないので、好きな炭酸飲料や、果物のジュース等で割るととっても美味しく飲むことができます。

これならアルコールが弱くて、今までスピリッツに手が出にくかった方も気軽に挑戦できますね。

心配な方は、ウォッカ1に対して炭酸飲料などの割材を4の割合で作ると美味しく飲むことができます。

私のおすすめはグレープフルーツ割です。爽やかで飲みやすいですよ!

ショットの定番のスピリッツとは?


日本でもショットで飲むのが定番のスピリッツとえいば、「テキーラ」ですよね。

テキーラは、ブルーアガヴェと呼ばれるサボテンに似た植物が原材料のスピリッツです。

メキシコのテキーラという地域で発祥でこの名前が付けられました。

テキーラといえば、ショットで飲んでライムをかじるというイメージのある方も多いのではないでしょうか。

このイメージから、テキーラは一気に飲んで酔っ払うもの!という風に思ってしまう方もいるかもしれませんが、割って飲んでも充分おいしいスピリッツです。

もちろん、ショットで飲むのがおいしいテキーラもあります。

強いお酒に馴れている呑んべぇさんは、様々な味のテキーラをストレートで飲み比べるというのもいいですが、あまりお酒に強くない方なら、ハイボールやカクテルとしてゆっくりと楽しむこともできます。

テキーラ初挑戦の方には、コーラで割る「メキシコーラ」とソーダ水でわるテキーラハイボールがお勧めです。

テキーラ3に対してコーラなどの割るものを7程度の割合にするととても飲みやすくなります。

南国のほろ苦スピリッツとは?


南国のスピリッツといえば「ラム」ですよね。

ラムはサトウキビが原材料のスピリッツです。

私たちにも馴染み深いきび砂糖を作る際に出てくるモラセスという副産物から作られています。

カリブ海や西インド諸島が発祥の地と言われているスピリッツです。

ラムと聞くと仔羊をイメージしますが由来は諸説あるものの仔羊とは関係はありません。

ラムは、ほろ苦くて甘みがあることが特徴的です。

ラムには製造法によってホワイトラム、ゴールドラム、ダークラムに分けられます。

サトウキビの味を楽しみたい方はホワイトラム。

甘さと香りを楽しみたい方はゴールドラム。

強いラム特有の風味を楽しみたい方はダークラムがお勧めです。

おしゃれにラムを楽しみたい方には、モヒートがお勧め。

ホワイトラムとレモンやライムなどの柑橘系の味がついた炭酸水、ガムシロップを適量をグラスに入れれば完成です。ミントの葉があれば、フレッシュなミントを沢山いれましょう。

寒い日にはダークラムをお湯で割って砂糖と無縁バターでアレンジするホットバタードラムがお勧めです。

悪酔いしないスピリッツとはどれ?


ところで、スピリッツは悪酔いしない、なんて聞いたことはありませんか?

醸造酒である、ワインや日本酒より、アルコール度数の高いスピリッツのほうが悪酔いしにくいなんて、ちょっと信じられないですよね。

実は、醸造酒は複数のアルコール成分で構成されているため、複数のアルデヒドが体内で分解に時間がかかるのです。
それに対し蒸留酒であるスピリッツは、蒸留の段階でアルコールの種類がへるのと不純物が取り除かれるため悪酔いしにくいと言われています。

また、スピリッツの中でも透明なお酒は体内でいう不純物(味わいという意味ではけっして不純物ではありませんが)が取り除かれているので、ジンやウォッカは分解が早いと言われています。

ただしアルコール度数が高いのは事実ですから、悪酔いしにくいからといって多く飲んでしまっては意味がありません。

適量をわかったうえで、翌日に残らないていどにスピリッツを楽しんでください!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ