リキュールとサワーは飲みやすくておすすめ!でも何が違う?どっちを選んだらいい?迷ったらこっち!!

  • メンバー
  • 更新日:
79view
favorite

飲みやすいお酒にはリキュールで作られたカクテルやサワーがあります。
でもリキュールって何?サワーとはどこが違うの?などなど、何を選んだらいいかわからなくなりますよね。
どちらのお酒も甘くてジュースに近く、お酒が苦手な方やお酒を飲み始めたばかりの若い人にも飲みやすいです。
もちろん好みで選んでいいのですが、アルコール度数が意外と高かったり、お酒に弱い人にはちょっと注意が必要でもあります。
それでは、リキュール類のお酒とサワーはどんなものなのか、選び方や美味しい飲み方などをご紹介していきます!

そもそもリキュールって何のこと?

リキュールとは、スピリッツ(蒸留酒)に果物やハーブなどの香味を移し、砂糖やシロップを混ぜ合わせた混成酒のことを言います。
混成酒にはビールやワインなどの醸造酒をベースにしたものもありますが、リキュールは蒸留酒をベースにしたものです。
砂糖やシロップが入っているのでストレートで飲むととても甘いため、水や炭酸で割ったり氷を入れてロックにして飲むことが多いです。
代表的なものは梅酒やみかんを原料にしたミカン酒などがあります。
他にはカンパリ、カルーア、コアントローなどがあり、これらのリキュールはカクテルの材料としてよく使われています。
一度に飲む量はそこまで多くはならないのですぐに飲みきることが難しいですが、開封後に保存する場合は空気に触れて酸化しやすいので、フタをしっかり締めて冷暗所(冷蔵庫)に保存し、早めに飲みきるようにします。
特にアルコール度数が低めのものや糖分が少ないリキュールには注意しましょう。

じゃあどんなものをサワーと呼ぶの?

サワーは、スピリッツ(蒸留酒)をベースに、レモンなどの果汁を加えて炭酸で割ったもののことを言います。
基本は焼酎ですが、それ以外にもウォッカやジンなどがベースでも「サワー」と呼ばれます。
居酒屋などに行くと「サワー」「チューハイ」とメニューに書かれていますが、サワーとチューハイは同じものを指すことが多いです。
厳密に言うと、サワーとは「酸味」のことなので、柑橘系の果汁を加えて炭酸で割ったもののことになります。
チューハイはもっと定義が広く、ウーロンハイや緑茶ハイなど炭酸以外のもので割ったものもあります。
レモンサワーは定番で昔から居酒屋に行けば必ずあるものというイメージですが、キウイや桃、ぶどう、乳酸菌飲料系など、さまざまな果汁を使ったサワーが増えています。
種類が多く、クセも少なくて甘いものもあって飲みやすいので女性にも人気があり、居酒屋だけでなく自宅で晩酌やホームパーティの際に楽しむ人も多いです。

好みや作り方別!リキュールとサワーの選び方

リキュールは甘いので、甘いのが好きな人はリキュール類がおすすめです。
ロックで飲めば、その糖分の濃度でトロッとした口触りと濃厚な風味が楽しめます。
リキュールが1本あれば、その時の気分に合わせてロック、炭酸割り、ジュースと混ぜてカクテルなど、手間はかかりますがいろいろな味を楽しめます。
一方、サワーはすっきりとした飲み口でゴクゴクと飲むことができます。
レモンやグレープフルーツの果実を絞って炭酸で割れば甘くないものもできます。
リキュールよりも一緒に食べるものを選ばないので、つまみは揚げ物から刺身まで好きなものを食べることができるでしょう。
焼酎と果汁と炭酸を用意して作るのが面倒という人は、缶チューハイなら手軽に飲むことができます。
リキュールはいろいろな飲み方ができて、アレンジができるところがおすすめポイントです。
サワーは手軽でゴクゴク飲めること、一緒に食べる料理を選ばないことがおすすめポイントです。

リキュールとサワー、お酒に弱い人はどっちを選ぶ?

リキュールで作られたカクテルは、甘くて飲みやすくジュースのようなので、あまりお酒を飲んでいる感覚がなくどんどん進んでしまいます。
しかしリキュール自体のアルコール度数は高く、ジュースで割ったとしてもアルコール度数は高いです。
一方でサワーは焼酎やウォッカなどのアルコール度数は高いですが、たくさんの炭酸で割るので飲むときのアルコール度数はそれなりに低くなっています。
また、炭酸でお腹も膨れやすく、そこまでたくさんの量を飲むこともできません。
カクテルよりもサワーのほうが酔いづらいので、お酒に弱い人はリキュール類のお酒よりはサワーの方がいいかもしれません。
それでもカクテルを飲みたいという人は、ロックではなく炭酸割りや水割りにする、チェイサーを用意するなどして、飲み過ぎに注意するようにしましょう。
また、酔いやすい・酔いにくいの差は体質によるもあるので、体調や様子を見ながら適量を楽しむようにしましょう。

サワーの王道!自宅で美味しいレモンサワーを作ろう

サワーの王道のレモンサワー、グレープフルーツサワーを自宅で楽しむ人も多いでしょう。
しかし、ただ焼酎と果汁、炭酸を混ぜればいいわけではありません。
レモンサワーのおすすめの作り方をご紹介します。
良質な生レモン、焼酎でもクセが少ない焼酎甲類、強炭酸水と、よく冷やしたグラスを用意します。
そのグラスにたっぷりと氷を入れ、ここでまずマドラーで氷を混ぜます。
こうすることでさらにグラスが冷やされます。
次に焼酎甲類をグラスの1/3ほどそそぎ、再度マドラーで氷ごとゆっくり混ぜます。
その上にグラスのふちから静かに強炭酸水を注ぎ入れ、ゆっくりと一回だけマドラーを回します。
最後にレモンをぎゅっと搾り入れ、絞ったレモンをグラスの縁に付けて一周させてレモンの香り成分をグラスの縁に付けます。
レモンをグラスに入れて完成です。
完成したらできるだけすぐに飲みましょう、できたてはフレッシュなレモンの香りと炭酸の爽快感が最高です。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3