それやっちゃってたの!?結婚式のお酒のマナー違反は赤っ恥!!スマートな呑んべぇになろう♪

今回はどの結婚式に呼ばれても恥ずかしくない大人としてのお酒のマナーをご紹介します♪

  • メンバー
  • 更新日:
198view
favorite
それやっちゃってたの!?結婚式のお酒のマナー違反は赤っ恥!!スマートな呑んべぇになろう♪

幸せな雰囲気で一杯になる結婚式の時間はとても楽しく、ついついお酒も進んでしまいますよね。

知り合いの結婚式でうっかり呑みすぎてしまい、気がついたら泥酔…なんて失敗は誰でも一度は経験したことがあると思います。楽しさのあまり、呑みすぎて醜態をさらすのもあまりよいとは言えませんが…

それよりも大人として身につけておきたいのは、結婚式にまつわる知っているようで意外に知らない、様々なお酒のマナー(ルール)です。

今回はどの結婚式に呼ばれても恥ずかしくない大人としてのお酒のマナーをご紹介します♪

結婚式のお酒のマナーで覚えておきたい「お酌」の事

結婚式でつきものなのが、歓談の場でのお酌ですね。

よくいそいそとお酌をして回っている人がいるのですが、本来お酌をして回るのはマナーとしてはどうなのでしょうか?

実は、本来ゲストがお酌をして回るのはマナー違反です。お酌(グラスにお酒を入れる)のは結婚式場のスタッフの仕事で、ゲスト自らお酌をするというのはあまり好ましくありません。

ただし、日本の風習として新郎新婦のご両親がお酌をして回るという事はよくありますよね。

昔の日本では親せきを呼び寄せて自宅で披露宴をしていました。そのため、おもてなしをするホストが新郎新婦の両親となりお酌をして回る文化があり今でも続いているといわれています。

実際、新郎新婦の両親であれば自分のかわいい息子娘の結婚式に参列してくれるような人達ですから会話も詰まらず話す事ができます。

しかし、参列者の一人であるゲストが自らお酌をして回るとまったく見ず知らずの人にもお酌をする事となりお互いに気まずい思いをしてしまう事になりますよね。

めでたい祝いの席で、楽しくなって「みんなもっと呑もうぜ!」とうれしくなってしまう気持ちもわかりますが、ここは大人として幸せな雰囲気を酒の肴に落ち着いて席に座ってお料理とお酒を楽しみましょう。

なお、どうしても個人的に挨拶をしたい人がいれば別です。タイミングを見計らって、気さくに声をかけお酌をしましょう。

その際その方に一緒に参列しているご家族がいる場合は、全てのご家族に声をかけ目上の方からお酌することがマナーです。

また、ひな壇でポツンと寂しそうにしている新郎がいたら、あえてお酌に出向くことも優しさかもしれません。

結婚式のお酒のマナーとして乾杯の音頭を任された時に覚えておきたいポイント!


結婚式で乾杯の音頭という大役を任命される人もいるでしょう。レストランウェディングや二次会などのフランクな場でも、乾杯の場面は必ずあります。

乾杯の場で1番注意しなくてはいけないマナーは、ズバリ話が長くならないことです。

目安としては2分以内に終わることがベストで、それより短すぎてもまったく問題はありません。

よく乾杯の音頭の際に、気を利かせて一旦新郎新婦に座ってもらうよう促す人もいますが、座らせてまで改まったスピーチをするよりも、そのままスピーディーに乾杯まで持ち込むことの方が参列者へのマナーです。

参列者の中の呑んべぇさんは特に、お酒の鮮度を大切にしています。お酒が目の前にあるのに、呑めないという時間はまさに生殺し…。シャンパンやビールの泡が消えないうちに、乾杯の音頭を済ませることがスマートなマナーです。

一方参列者側の乾杯時のマナーとしては、乾杯の挨拶の間はグラスを手に持ち、乾杯と同時に胸の高さまでグラスを上げて、近くの人とアイコンタクトを交わすだけでOKです。グラスをカチンとぶつけ合うことは本来あまりいいマナーではありません。

また乾杯の後は必ず一口グラスの中の飲み物を口に含みましょう。アルコールが苦手な方は、口につける演技でも構いません。

その後グラスを置いて拍手して着席するのが一般的な流れになります

結婚式のお酒のマナーはお酌スムーズにしてもらえるとベター


今度は自分がお酌をされる側のマナーです。お酒をつがれる側にマナーなんてあるの?と思うかもしれませんが、マナーを知っておくだけでスマートな印象になりますのでぜひ覚えておいて損はありません。

気を抜いている時に思いがけずお酌を受けると、ついうろたえてしまう時がありますね。

まずお酌をされる側は、気を使って立ち上がる必要はありません。そのまま着席の状態で杯を受けて大丈夫です。

さらに日本人には多い悪しき風習なのですが、お酌される前に無理してグラスの中の飲み物を飲んで少なくする必要もありません。

本来であればお酌する側がグラスの中身を観察して、お酒が進んでいない人には挨拶だけにとどめるのがマナーです。

そうではない場合は、今あるグラスに真似事だけでも注ぎ足してもらうか、新しいグラスがあればそちらに入れてもらいましょう。

お酌を受けたら、乾杯時同様に一口飲むのがマナーです。当然ムリは1番いけません。飲むフリだけでも充分です。

また、お酌される時のグラスの持ち方ですが、ビールやソフトドリンクのグラスは手に持った状態で受けます。両手を添えることがポイントです。

ワインやシャンパンの脚の長いグラスは持たずに、テーブルに置いた状態で杯を受けるようにしましょう。

意外に知らない結婚式のお酒のマナー~その4 その贈答品が赤っ恥!

結婚式では、参列者はお祝い品として、新郎新婦は引き出物として贈答品のやり取りをする場合があるでしょう。

結婚式での贈答品で、お酒を選ぶこと自体はまったく問題はありません。特にタブーとされているお酒の種類もなく、相手の好みに合ったお酒をプレゼントすると喜ばれるでしょう。

ただし、気をつけなければならないポイントがいくつかあります。

まず1つ目は、お酒の銘柄に結婚式でタブーとされている忌み言葉が含まれていないか?ということです。

おめでたい場で避けられている「別」「切」「離」「仏」「悲」「九」「四」「戻」「再」などの漢字が含まれていないか?英語の意味で同様の意味に捉えられる言葉がラベルに書かれていないかをチェックしましょう。

2つ目は、お酒と一緒にお酒を飲むためのグラスをプレゼントする場合です。

結婚式では基本的に割れたり、壊れやすいもののプレゼントは好まれていません。万が一の事態も考慮して避けておいた方が無難ですし、どうしてもあげたい場合は、後日「お酒を飲む時に使って!」と結婚式とは別のプレゼントして渡す方が良いでしょう。

最後の大事な気遣いは、新婦が妊娠中でお酒を飲めない状況ではないか?もしくは差し上げる人が病気などでお酒を断っている時期ではないか?などの事前リサーチをしっかりしておくことです。

相手側からはもらった手前何も言うことはできません。夫婦そろって差し上げたい場合は、どちらかが喜ぶ贈り物ではなくて、両方に享受してもらえるようなプレゼントを選ぶような配慮をしましょう。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3