おすすめの泡盛とは、どんなお酒?通が選ぶ泡盛の銘柄とは?!

  • メンバー
  • 更新日:
23view
favorite

琉球諸島でできた蒸留酒になる泡盛。その歴史は、なんと600年にもなります。そのため、日本最古の蒸留酒とも言われています。実は、銘柄によって、様々な味わいのする泡盛。今回は、おすすめの泡盛の銘柄についてご紹介していきます。ジャンルとしては、本格焼酎に割り当てられますが、その作り方は、独特です。一般的には、麦、米、芋などを用いて白麹菌により作られるのが焼酎ですが、泡盛は、タイ米を使い黒麹菌を使っているのが特徴です。その独特のお酒の魅力について見ていきます。

おすすめの泡盛!その泡盛の選び方についてご紹介!

泡盛の選び方についてご紹介していきます。まずは、自分に合った度数を選ぶのがいいでしょう。一般的な泡盛は、30度くらいありますが、ものによっては、50度ある泡盛もあります。ですから、初心者の方には、できるだけアルコール度数の小さいものを選ぶのがいいでしょう。ロックや水割りなど飲み方によっても、アルコール度数は変わってきますので、自分に合ったものを選びましょう。
続いて選ぶポイントというのは、味わいの傾向で選ぶのがいいでしょう。爽酒は、比較的クセがなく、飲みやすい泡盛となっています。減圧蒸留により作られた泡盛は、ソフトな口当たりでとても飲みやすくなっています。さらには、薫酒は、香りの強い泡盛になっています。ロックやストレートにより飲むのがおすすめの泡盛になっています。醇酒は、まろやかでコクのある味わいになっています。良く寝かせた泡盛は、深い味わいになっていて、アルコール度数も高めになっています。好みの味わいのものを選ぶようにしましょう。

ここでしか分からないおすすめの泡盛についてご紹介!

まず、おすすめする泡盛が、比嘉酒造の残波という泡盛になります。この泡盛は、読谷村の蔵元が作っている有名なブランドになります。なんと、6年連続でモンドセレクション金賞を受賞しているお酒になります。アルコール度数が25パーセントと、泡盛にしては、飲みやすいアルコールになっています。その味わいは、フルーティな味わいと爽やかな口当たりが特徴となっています。そのため、初心者や女性に人気の泡盛になっています。価格は、1800mlで、2,444円となっています。
さらに続いておすすめする泡盛が、久米仙という泡盛になります。久米仙は、名前の通り久米島で作られている泡盛になります。すっきりとした口当たりとほんのりとした甘みが特徴の泡盛になっています。飲み方としては、ロックや水割りの他、カクテルベースとしてもおすすめになってきます。この久米仙は、様々なタイプの泡盛が販売されていますので、好みのものを飲んでみて下さい。価格は、1800mlで、2,355円となっています。

続いてここでしか知れないおすすめの泡盛の銘柄とは?!

続いて紹介します、おすすめの泡盛は、請福酒造の直火請福になります。この泡盛は、石垣島で作られている泡盛で、昔ながらの直火釜蒸留法で作られています。そのため、ほんのりとした甘みと直火ならではの香ばしさを感じることができる泡盛になっています。飲みごたえのある泡盛で、ツウには、人気の泡盛です。食事中に飲むお酒としてもおすすめになります。直火のお酒を試してみたいという方には、おすすめになります。その価格は、1800mlで、2,180円となっています。
さらに続いて紹介するおすすめの泡盛は、八重泉酒造の八重泉になります。この泡盛は、葷酒になります。鑑評会でも人気のある泡盛になっています。直火製法で作っているため、穀物の芳醇な香りを楽しむことができるようになっています。そして、クセが無いので、いくらでも飲むことができます。飲み方としては、ロックで飲むのがおすすめであります。価格は、1800mlで、1,974円となっています。

さらにここでしか知れないおすすめの泡盛についてご紹介!

続いて紹介するおすすめの泡盛は、ヘリオス酒造のくらになります。こちらの泡盛は、モンドセレクションで金賞を取ったこともある、3年熟成させている泡盛になります。そして、銅製蒸留器とオーク樽を使って熟成しています。そのため、芳醇なエレガントな香りが特徴となっています。おすすめの飲み方としては、香りが分かりやすいロックがおすめで、冬にはお湯割りもいいでしょう。価格は、1800mlで、2,200円となっています。
さらに、最後におすすめする泡盛は、菊之露酒造の菊の露 VIPゴールドになります。こちらの泡盛は、醇酒になります。その味わいは、芳醇な香りと、マイルドな口当たりが特徴で人気の泡盛となっています。コクのある高級感のある泡盛がリーズナブルな値段で手に入れることができます。価格としては、720MLで、2,420円になっています。
以上が、泡盛の選び方と、おすすめの泡盛の銘柄のご紹介でした。泡盛は、銘柄によって様々な味わいを楽しむことができます。色々飲み比べてみて下さい。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3