そうだったのか!ビールの起源!日本・ドイツ・イギリスで比べてみた

今夜話したくなる豆知識!今回はビールの成り立ちから日本そしてビールの本場、ドイツやイギリスのビールの起源を探っていきたいと思います。

  • メンバー
  • 作成日:
67view
favorite
そうだったのか!ビールの起源!日本・ドイツ・イギリスで比べてみた

私達が毎日飲んでいるビール。一体誰が発明したのでしょう。

その人が発明してくれなければ私達が今日も乾杯できないのですから、毎日感謝したいくらいです。

実はビールは誰が発明したのかわかっていません。ビールの起源はとっても古く、紀元前4000年以上前とされているのです。

今回はビールの成り立ちから日本そしてビールの本場、ドイツやイギリスのビールの起源を探っていきたいと思います。思わず誰かに話したくなる豆知識がいっぱいですよ!

そうだったのか!ビールの起源は日本・ドイツ・イギリスでこう違う!


日本は現在世界で第7番目にビールを生産している国ですが、一体いつからそのようなビールを作るようになったのでしょう。

まず、私達の暮らしている日本にいったいどのようにしてビールが伝わったのか紐解いていきたいと思います。

【1】日本のビールの起源

日本でのビールの歴史は、江戸時代です。

日本の書物にビールが登場するのは享保4年(1724年)で「和蘭問答」という書物に、オランダ商館長ヨハネステイデンスの一行が江戸を訪れた時に、宿舎で酒宴をした時のことが記されています。

「麦酒」のことを「殊の外悪敷物にて何のあぢはひも無座候、名をビイルと申候」と記されているのですが、この当時すでに「ビール」という呼称で日本人に認識されたということですね。

万延元年(1860年)には玉虫左太夫という仙台藩士の記録が残っています。

彼はアメリカへの使節団として派遣された折に、太平洋を航海中にビールを飲み「苦味なれども口を湿すに足る」と記しているのです。

当時はまだ飲みなれていなかったビール。何のあじわいも感じなかったり、苦かったりと、日本人とビールの出会いは文字通り苦いものだったのですね。

その後、日本では明治3年に横浜で初めてビールの醸造が行われます。

ドイツ系アメリカ人、ウィリアム・コープランドによってスプリング・バレー・ブルワリーが誕生し外国人向けに試験的にビールの醸造が始まったのです。

このスプリングバレーブルワリーといえば、現在のキリンビールのクラフトビールブルワリーの名前と同じですね!

なんだかキリンビールのビールに対する思いを感じませんか?

その後明治14年には日本人向けにもビールが販売されるようになり、現在のビール文化への礎となるのです。

   

【2】ドイツのビールの起源

それでは、ビールの本場ドイツの起源はどうだったのでしょうか。

ヨーロッパでは、紀元前500年頃にはエジプトから伝わったビールをギリシャで醸造してた記録が残っていますが、それよりもっと前、ゲルマン民族が定住生活に入った紀元前1800年頃には、ドイツではビール造りが行われていたといわれています。

ローマの詩人ウェリギリウス(紀元前70年~19年前後)は「ドナウ川流域の民族は、寒い冬に洞窟の中でたき火をしながらビールを飲んでいる」と記していますが、この洞窟こそ、中世のドイツでビールを醸造していた「フェルゼンケラー」であるといわれています。

つまりその頃にはもう中世と同じような場所でビールの醸造がされていたということです。

また、紀元前800年頃のビールジョッキがクルムバッハというところで発見されています。

クルムバッハといえば現在もビールが有名な町ですが、なんと紀元前からビールを醸造していたとは驚きですね!

また8世紀ころには、ビールの原料の一つであるホップの栽培が始まり、ビールの質はここで格段に上がります。

バイエルンのハタタウという地域にホップ農園ができたという記録が残っているのですが、バイエルンのハラタウは、現在も世界最大のホップの生産地です。

現在のドイツにもこんなに影響があるなんて、ビールの歴史は奥が深いですね。

その後ビール造りが本格的に広まったのは、中世の修道院で盛んに造られるようになってからです。

修道院でビールというと、奇妙な感じがしますが、ビールに興味のある方は中世の修道院がいかに大事な拠点であったかはご存じですよね。

当時のビールは薬としても価値のある栄養豊な飲料として、人々のお腹を満たしていて、修道院が質のいいビールを作っては人々にふるまわれていたということです。

そして、ドイツで見逃してはならないのが、1516年に制定された「ビール純粋令」です。

「ビールは大麦、ホップ、水によってのみ造るべし」(酵母は後ほど追加されました)という厳格な決まりです。

しかし、発令から500年以上たったいまでも、ドイツの人々はこの純粋令を今でも忠実に守っているのです。

【3】イギリスのビールの起源

それではパブの国イギリスでは、どのようにビールが伝わったのでしょうか。

イギリスにビールが伝わったのも紀元前1世紀頃と言われています。

6世紀の終わり頃には、ローマ教皇グレゴリウス1世が布教目的で修道院と共に醸造所を建設したのがきっかけと言われています。

ここでも、修道院が拠点となっているのですね。

9世紀には「エールハウス」という居酒屋が登場します。イギリスではビールといえばエールですから、今でいうビアホールやパブのような感じでしょうか。

自宅で女性が醸造することもあり、そのビールを売って一家の収入にすることもあったそうです。

中世の都市の発展につれて、12世紀頃にはビール醸造を本職とした業者が誕生します。修道院でも盛んにビール醸造が行われており、ビールはますます人々に愛されるようになりました。

当時のイギリスではホップの代わりに、グルートというハーブを使用するのが主流でした。

15世紀に入り、ホップを使用するようになってからは、ホップを使用したものを「ビール」グルーとを使用したものを「エール」と呼んでいたそうです。

   

紀元前4000年?メソポタミア文明のビールの起源


さて、それではいよいよ、ビールが初めてこの世に誕生した時のことをお伝えしましょう!

ビールの起源はある一定の場所で始まったのではなく、世界のいくつかの場所で同時多発的にビールが発生したといわれていますが、諸説あります。

ビールの歴史は古く、現在確認できるもの中では、紀元前4000年のメソポタミア文明のシュメール人が作ったビールが人類最古のビールであるとされています。

メソポタミア文明に使われている楔形文字の解読は難航を極めているので、文献でビールの起源を確認することはできませんが、「モニュマンブル―」と呼ばれている粘土の板碑から、当時のビールの製造方法を伺い知ることができるのです。

メソポタミア文明は現在のイラク周辺で発生した文明ですが、イラクは気候が高く生水が飲用に適さなかったこともあってビールの醸造文化が進んだのではないかと言われています。

当時のビールは、大麦で造ったお粥を放置していたところそこに酵母が入り込んで発酵し、アルコールが生じたのが始まりだったとされています。

現在のように炭酸は入っていませんが、発酵の段階で生じる微発泡を感じる麦でできた白ワインという感じだったといいます。

また、シュメール人たちが醸造の女神、ニンカシにささげたビールには、ハーブと蜂蜜、ワインをいれて醸造されたといわれています。

もし、手元にビールと蜂蜜、白ワインがあったらぜひ混ぜてみてください!そして飾りにフレッシュハーブを飾ったら……古代のカクテルと同じ味がするかもしれませんよ!

   

現在につながるビールの起源


こうして誕生したビールが、現在と同じような形になったのは中世のことです。

中世になるとドイツやイギリスの起源にも登場したようにヨーロッパの修道院でビールが作られ、栄養補給や医療に使用されていました。

特に11世紀後半になると今と同じように「ホップ」を使用した場合にビールの品質が飛躍的に向上し、長持ちすることも判明しました。

修道院の修道士や僧侶たちは、知識にも長けていたことから、ビールの醸造方法についても工夫を凝らしよりいっそうビールの品質を高めていったのです。

やがて、年の発展とともにギルドが発達し、市民もビールを作ることができるようになりました。

修道院のビールと都市のビールでも激しい競争が巻き起こされ、それと同時にビールが市民に広く愛飲されるようになりました。

それにともない醸造技術もますます進化、ビールの品質向上につながったのです。

また19世紀になると、いままで上面発酵のみで造られていたビールから下面発酵のビールが造られるようになり、再びビールの醸造法が飛躍します。

実は下面発酵のビールはそれまでにも造られていたのですが、冷蔵ができないため細菌に感染しやすかったのです。

それが冷蔵技術の進化により、下面発酵でも日持ちのするビールが造られるようになったため、のどごしの良い下面発酵のピルスナーが人々に人気を博し、現在の下面発酵ビール(ラガー)ブームとなったのです。

ビールの起源、いかがでしたでしょうか。今夜の晩酌のビールにもこんな古い歴史があったのですね!

また、中世のビールを飲んでみたい方は、修道院が伝統的なレシピで造り続けている、トラピストビールやアベイビールを飲んでみるのもいいかもしれません!きっと時の流れを味わうことができますよ!

ヴェルテンブルガー・バロックドゥンケル

ドイツの修道院醸造所の伝統的なレシピで作られた黒ビールです。なめらかな舌触りと香ばしい香りが心地よいビールです。

ヴェルテンブルガーは世界最古の醸造所と言われています!ぜひ世界最古の味を味わってください。

ヴェルテンブルガー・バロック・ドゥンケル 瓶 330ml×24本入 出典:amazon

ヴェルテンブルガー・バロック・ドゥンケル 瓶 330ml×24本入

原材料:麦芽・ホップ
アルコール分4.5%

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ