人には聞けない!ウイスキーのブレンデッドて?国内外おすすめ銘柄7選

今回はそんなウイスキーの種類であるブレンデッドウイスキーについて今更聞けない基礎知識をお届けします。おすすめ銘柄もあるのでぜひ呑んでみてくださいね。

  • メンバー
  • 更新日:
1,002view
favorite
人には聞けない!ウイスキーのブレンデッドて?国内外おすすめ銘柄7選

シングルモルトや、グレーン、ブレンデッドというウイスキーの種類。

そういえばウイスキーのラベルに書いてあるけど、「それっていったいどういう意味?」と実は知らないという呑んべぇさんもいると思います。

知らなくてもおいしいウイスキーは呑めるのですが、知っておけば次に好みのウイスキーを飲みやすくなりますよね!

バーで「さすがですね」なんて言われちゃうかもしれません。

今回はそんなウイスキーの種類であるブレンデッドウイスキーについて今更聞けない基礎知識をお届けします。おすすめ銘柄もあるのでぜひ呑んでみてくださいね。

ウイスキーのブレンデッドとはどういう意味?


ウイスキーには、シングルモルトやブレンデッドという種類があるのを呑んべぇならなんとなく知っていますよね。

モルトウイスキーとは、大麦麦芽だけで作ったウイスキーのことです。

またグレーンウイスキーは、大麦だけでなくとうもろこしやライ麦などを使ったウイスキーのことをいいます。

よく聞く、シングルモルトウイスキーとは、大麦だけを使い1箇所の蒸留所で造ったウィスキーのことを指すのです。

それに対して、ブレンデッドウイスキーは、モルトウイスキーだけでなく、グレーンウイスキーをブレンドしたり、複数の蒸留所で造ったウイスキーをブレンドしたものをいうのです。

ブレンデッドウイスキーは、その配合によってさまざまな味になります。

元になるシングルモルトの銘柄やグレーンとモルトの割合によって全く違うものになるのです。

飲みやすさを追求してブレンドしたものは、シングルモルトのウイスキーよりもかなり飲みやすく仕上がっています。

初めてウイスキーを飲む人であれば、ブレンデッドウイスキーから飲むのが抵抗をあまり感じなくて良いでしょう。

また、ヴァッテドモルトウイスキーというウイスキーもあり、これは複数の蒸留所で作ったモルトウイスキーを混ぜたものです。

グレーンが混ざっているものは、ブレンデッドになります。

日本のウイスキーでブレンデッドといえばこれがおすすめ!


ブレンデッドウイスキーといっても、その配合次第で無限の味わいがありますから、どれがおいしいのかは飲んでみなければわかりませんよね。

こちらではおすすめの銘柄をご紹介します。

【01】響・JAPANESE、HARMONY

 
日本を代表するブレンデッドウイスキーが響です。

響はミズナラ樽で作られたウイスキーをベースにしているので、芳醇で独特な香りを持っています。

少し甘さを感じる味わいになっていますが、スッキリとして飲みやすくなっています。

JAPANESE、HARMONYはノンエイジタイプになっているので、熟成の味わいとまではいきませんが、スッキリ感を感じることができ、初心者には飲みやすい銘柄です。

画像にマウスを合わせると拡大されます サントリーウイスキー 響 JAPANESE HARMONY [ ウイスキー 日本 700ml ] 出典:amazon

画像にマウスを合わせると拡大されます サントリーウイスキー 響 JAPANESE HARMONY [ ウイスキー 日本 700ml ]

原材料・成分:モルト、グレーン
アルコール度数:43%

【02】ブラックニッカ リッチブレンド エクストラシェリー

甘い香りとドライフルーツのような芳醇さを感じることができるウイスキーです。

シェリー樽を使用しているので濃厚な甘さとやわらかく芳醇な樽のコクを味わうことができます。

ストレートやロックがおすすめのウイスキーです。

ブラックニッカ リッチブレンド エクストラシェリー [ ウイスキー 日本 700ml ] 出典:amazon

ブラックニッカ リッチブレンド エクストラシェリー [ ウイスキー 日本 700ml ]

原材料・成分:モルト、グレーン
アルコール度数:43%

【03】富士山麓

樽から出した状態にできるだけ近いままボトリングすることで強い香りを残したブレンデッドウイスキーです。

樽熟原酒の旨みをそのまま活かすことで、さらに豊かな味わいになっています。

アルコール度数は50%と高めになっていますが、まろやかなウイスキーです。
キリン 富士山麓 樽熟50度 [ ウイスキー 日本 600ml ]

キリン 富士山麓 樽熟50度 [ ウイスキー 日本 600ml ] 出典:amazon

キリン 富士山麓 樽熟50度 [ ウイスキー 日本 600ml ]

原材料・成分:モルト・グレーン
アルコール度数:50%

【04】トリス クラシック

ハイボールやカクテルなど様々な用途に合うベーシックなウイスキーになっています。

やさしい甘い香りと、なめらかな味わいのウイスキーです。

日々の晩酌に大活躍するウイスキーです。

サントリー ウイスキー トリス クラシック [日本 700ml ] 出典:amazon

サントリー ウイスキー トリス クラシック [日本 700ml ]

原材料・成分:モルト、グレーン
アルコール度数:37%

海外のウイスキーではこんなブレンデッドがおすすめ!


ウイスキーといえば、国産だけでなく海外のウイスキーも沢山ありますよね。

憧れの銘柄もあるかもしれません。中でもおすすめのブレンデッドウイスキーをご紹介します。

【05】ジョニーウォーカー・ブラックラベル

こちらも有名な銘柄です。ブラックラベルはジョニ黒なんて言い方をしますよね。

世界的にも人気の高いウイスキーで、スコットランド各地で作られている12年以上熟成された原酒をブレンドしています。

29種類ものシングルモルトをブレンドした味わいは格別です。

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 出典:amazon

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年

原材料・成分:モルト・グレーン
アルコール度数:40%
内容量:700ml

【06】シーバスリーガル12年

シーバスリーガル12年は200年の歴史を誇るブレンデッドスコッチの代表格になります。

ハーブや蜂蜜、果物の華やかな香りとバニラとヘーゼルナッツの風味を、熟したリンゴの味わいが広がってリッチで柔らかな余韻が長く続きます。

とっても飲みやすくファンの多いウイスキーです。

シーバスリーガル 12年 ブレンデッドスコッチ 出典:amazon

シーバスリーガル 12年 ブレンデッドスコッチ

原材料・成分:モルト、グレーン
アルコール度数:40%
内容量700ml

【07】バランタイン12年

12年以上熟成されたモルトをなんと約50種もブレンドした有名スコッチウイスキーです。

バランタインの特長である、フルーティーでバランスの取れたエレガントさがベースに円やかで深いコク、冷たくても香り立つ、華やかでフルーティーな香りが特徴のウイスキーです。

ブレンデッドスコッチウイスキー バランタイン 12年 出典:amazon

ブレンデッドスコッチウイスキー バランタイン 12年

原材料・成分:モルト、グレーン
アルコール度数:40%

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3