おすすめの美味しくて安い麦焼酎をご紹介!

  • メンバー
  • 更新日:
8view
favorite

安い価格で手に入れることができるというイメージの焼酎です。そして、アルコール度数もある程度あるので、気軽に楽しみたいという人には、おすすめなのが、焼酎になっています。焼酎の中でもメジャーなのが、麦焼酎になってきます。どんなおすすめの安い麦焼酎があるのか、こちらで紹介していきます。さらには、おすすめの麦焼酎の買い方についてもご紹介していきます。ビールと同じ大麦でできている麦焼酎のおすすめ商品をご紹介!

安いおすすめの麦焼酎をどのように買うのがお得か

麦焼酎を買うには、前まででは、居酒屋で買うのが一番イメージがあるのではないでしょうか。しかし、最近ではコンビニやスーパーで購入することもできます。そして、さらには、インターネット通販で購入することができるようになっています。どの買い方が、安い麦焼酎を買うのにおすすめの買い方になるのでしょうか。答えは、インターネット通販で購入するのがおすすめになってきます。インターネット通販の良いところは、持ち運ばなくて良いということにあります。多くの麦焼酎が、瓶で入っています。ですから、十分な重さがあるので、持ち運びが大変になります。しかし、インターネット通販であれば、持ち運びをしないですむのです。なので、一度にまとめ買いなどをしてしまうこともできるようになります。送料を考えたら、まとめ買いをして、送料無料になるものもあるので、利用してみるのがいいでしょう。コンビニのように、すぐにその日に飲むことができないですが、普段から飲むのであれば、インターネット通販がおすすめです。

安いおすすめの麦焼酎のご紹介!本当に安い!

安いおすすめの麦焼酎を紹介していきます。まず、ご紹介するのが、二階堂になります。この二階堂麦焼酎は、すっきりとした味わいになっていて、とても飲みやすい麦焼酎になっています。価格が、900mlで、928円と1000円を切っております。かなり安く飲み味わうことができます。第一次焼酎ブームの火付け役でもある焼酎であります。どのような割り方をしても美味しい麦焼酎になっています。
続いて紹介する安いおすすめの麦焼酎は、情け嶋になります。この情け嶋は、東京都の八丈島で作られている麦焼酎になります。原料は、麦と麦麹を使っており、芳醇な香りが特徴となっています。とてもすっきりとした味わいになっており、料理を邪魔しない麦焼酎にもなっています。飲み方としては、ロックや水割りで飲むのがおすすめになってきます。価格は、25度 1800mlで、2,230円となっています。1.8リットルもあるので、単価からすればかなり安いお酒になっています。

まだまだご紹介します!おすすめの安い麦焼酎について!

続いて紹介する安いおすすめの麦焼酎は、山乃守になります。この山乃守は、壱岐島で作られている麦焼酎になります。朝鮮から焼酎が伝わったときの中継点となって地域であります。米麹1に対して、大麦2という割合で作られた焼酎のため、琥珀色をしています。米麹を使っているため、とても特徴のある味わいとなっています。この深い味わいを楽しむため、飲み方としては、水割りやお湯割りで飲むのがおすすめとなっています。価格としては、1800mlで、1,974円となっています。こちらも、かなりコストパフォーマンスの良い麦焼酎となっています。
続いて紹介する安いおすすめの麦焼酎は、いいちこになります。こちらのいいちこは、コスパが最高に良い麦焼酎となっています。麦焼酎をあまり知らない人でもこのブランド名は、知っているというほど有名な麦焼酎になっています。原料は、大麦- 大麦麹を使っています。臭みがなくすっきりとした味わいをしてます。価格は、1800mlで、1,625円となっています。

専門家もおすすめ!安い麦焼酎をご紹介!

続いて紹介する安いおすすめの麦焼酎は、神の河になります。この神の河は、薩摩酒造が作っているおすすめの麦焼酎になります。ホワイトオーク樽で3年以上熟成されて作られています。バニラの香りと、飲みやすい味わいが特徴となっており、若い人に人気のお酒になっています。ストレートやロックなどで飲むのがおすすめですし、ソーダ割などで飲んでも美味しく味わうことができます。価格としては、720MLで、1,620円となっています。
さらに、おすすめの安い麦焼酎は、壱岐になります。この壱岐は、米麹1に対して、大麦2で作られている伝統的な麦焼酎になります。安い麦焼酎独特のとげというものはなく、まろやかな口当たりになっています。後味が、甘みが残る感じになっています。価格としては、1800mlで、1,838円となっています。
以上が、安いおすすめの麦焼酎の紹介になります。どれも、かなり安い値段でお酒を手に入れることができると思います。普段、毎日のように飲むなら、コスパの良いお酒もいいのではないでしょうか。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3