知らないと損をする!テキーラの美味しい銘柄のご紹介!

  • メンバー
  • 更新日:
32view
favorite

4大スピリットに入っているテキーラ。そのテキーラは、どのような美味しい銘柄があるのでしょうか。ここでは、一つずつ、紹介していきます。テキーラは、100パーセントアガぺを使用したプレミアムテキーラと、それ以外のものも混ぜたミクストテキーラに分かれます。それぞれのテキーラの特徴は、プレミアムテキーラは、高いですが、フルーティな味わいになっています。一方で、ミクストテキーラは、安いですが、飲みやすいテキーラになっています。それぞれ、美味しい銘柄をご紹介します。

知って得する!テキーラの美味しい銘柄を見分ける方法

美味しいテキーラのご紹介の前に、それらを見分ける方法についてご紹介していきます。まずは、原料についてよく見極めるということがあります。原料は、竜舌蘭(リュウゼツラン)という通称アガぺと呼ばれる植物を使っています。このアガぺがどんなアガぺを使っているかによって、味わいというものが変わってきます。
さらには、熟成期間が変わると、味わいも変わってきます。ほとんど熟成させないブランコや、熟成させたテキーラをカラメルなどで色付けするホーベン、2か月から1年以内熟成させたレポサド、1年以上熟成させたアネホ、最低3年以上熟成させたエクストラ・アネホなどがあります。これらの熟成期間によって味わいが変わります。ブランコは、熟成させないのでさっぱりとした味わいになっており、ホーベンは、熟成時の樽の香りを楽しむことができます。さらには、エクストラ・アネホは熟成時間が長いためウィスキーのような深い味わいを楽しむことができます。好きな味わいを選んでいって下さい。

テキーラの美味しい銘柄についてご紹介1

まず、最初にご紹介するおすすめのテキーラの銘柄は、オルメカテキーラ レポサドになります。このオルメカテキーラ レポサドは、メキシコの古代文明から名前の付けられたテキーラになります。ヨーロッパで人気のテキーラになっています。オーク樽で6ヶ月間熟成させており、まろやかで深い味わいが特徴となっています。アルコール度数は、40度となっており、テキーラにしては、そこまで高くありません。そのため、飲みやすくついつい沢山飲んでしまうので注意が必要です。このテキーラの価格は、2,259円になっています。
続いて紹介するテキーラの銘柄は、クエルボ・エスペシャル ゴールド レポサドになります。このクエルボ・エスペシャル ゴールド レポサドは、2か月間熟成させたテキーラになっています。深い味わいが特徴となっており、ストレートで飲むのがおすすめになります。さらには、飲みやすいジュースやコーラで割って飲むのもお勧めの飲み方になります。

テキーラの美味しい銘柄についてご紹介2

続いてご紹介するテキーラの美味しい銘柄は、サウザ ブルーになります。このサウザ ブルーは、パッケージに青い鳥が描かれているテキーラになります。サウザという銘柄は、無農薬を目指しているブランドになります。2000円以下という安い価格ながら、味わいは上質なものになっています。初めてテキーラを飲む人には、おすすめのテキーラになっています。味わいとしては、柑橘系の味わいがあり、まろやかで飲みやすいです。ショットやストレートで飲むのがおすすめになっています。
続いてご紹介するテキーラの美味しい銘柄は、エラドゥーラ アネホになります。このエラドゥーラ アネホは、とても安く手に入れることができるテキーラになっています。安い価格ながらも、しっかりとした味わいを楽しむことができます。濃厚なバニラの香りがして、ドライなのど越しが特徴となっています。価格としては、700mlで6,519円となっています。気軽に飲みたいという方におすすめです。

テキーラの美味しい銘柄についてご紹介3

続いてご紹介するテキーラの美味しい銘柄は、サントリー テキーラ サウザになります。このサントリー テキーラ サウザは、とてもすっきりとして、飲みやすく、ストレートだけでなく、カクテルとして飲むのがおすすめになります。こちらの銘柄は、世界的にもとても有名な銘柄であるにもかかわらず、とてもお求めやすい価格になっています。その価格は、750mlで、1,944円となっています。
続いて紹介しますテキーラの美味しい銘柄は、カサ ノブレ アネホになります。このカサ ノブレ アネホは、アガぺの中でも有機アガベを使ったテキーラになっています。なんと蒸留を、3回も行っているテキーラになります。そして、その後、フレンチ・オークの樽で2年以上熟成をさせています。そのため、とても深みのある味わいとなっています。スパイスやバニラなどの香りを楽しむことができます。

以上が、テキーラの美味しい銘柄でした。好きな熟成期間のテキーラを探してみて下さい。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3