麦焼酎で水割りを飲むなら何が良いのか?おすすめの麦焼酎を紹介

  • メンバー
  • 更新日:
25view
favorite

お酒が好きな人であれば、いろいろなお酒を飲んで楽しむことができると思います。
お酒は種類によって味わい方が違うので、お酒によって楽しみ方を知っておくことは大事になります。
お酒の中でも日本人が好んでいるものに焼酎があります。
焼酎はそのままストレートに飲むこともできますが、水割りやお湯割りなどで薄めて飲むこともできます。
飲み方に幅があるのが焼酎の良いところですが、今回は麦焼酎の水割りについておすすめなどを紹介していきます。

麦焼酎の水割りはおすすめ!でも麦焼酎はどのような焼酎か

焼酎は種類があり、芋焼酎、米焼酎、麦焼酎があります。
この3つの焼酎は、どれもコクや香りなどに違いがあるため、焼酎でも好みが分かれることもあります。
まずは芋焼酎ですが、一言で言うと芳醇な甘みがあるのが特徴になります。
サツマイモを使用しているので、甘い香りが強く残ります。
芋焼酎は味が濃いため、お湯や水割りで割っても味が薄まりづらく度数も強いので、初めて焼酎を飲む人は抵抗を感じることもあります。
米焼酎であれば、素材がシンプルでスッキリしているのが特徴になります。
原料を糖化させるために使われる麹も元はお米なので、さわやかでフルーティーな味わいになっています。
日本酒と通じるところもあるので、日本酒好きの人なら好む焼酎と言えます。
麦焼酎の場合は原材料が幅広く使用されており、ウイスキーやウォッカなどにも麦は使われています。
麦焼酎は香りにクセがなく飲みやすいので初心者におすすめの焼酎と言えます。
このように焼酎にはそれぞれ特徴があります。

麦焼酎は水割りをして飲むことはおすすめなのか?その理由とは

麦焼酎を水割りをして飲むこともできますが、なぜストレートでは無くて水割りをして飲むのかは理由があります。
まず、ストレートで焼酎を飲むと素材の強い味わいを感じることはできますが、味が強過ぎて初心者であれば、飲むことは難しいときがあります。
また、焼酎を飲むのが好きな人でも、ストレートやロックであれば度数が高いので、直ぐに酔いが回ってしまうこともあります。
そのため、麦焼酎を水割りで飲むとその点を解決できます。
水割りであれば、素材の味わいは薄まりますが、やさしい味わいへと変化するので、初心者の方でも飲みやすくなります。
また、水割りで度数も減少するので、一杯で酔いが回ることを防ぐこともできます。
水割りの作り方としては、まず冷やしたグラスに大きめの氷を入れます。
その次に氷に当てるように焼酎をそっと注ぎ、よくかき混ぜて冷やします。
水をグラスの中に好みの濃さになるまで加えていきます。
このようにして麦焼酎を水割りで美味しく飲むことができます。

初めて麦焼酎を水割りで飲むなら何が良いのか?おすすめ3選を紹介

麦焼酎を水割りで飲む際におすすめできる焼酎はたくさんあります。
その中でもおすすめの麦焼酎を紹介していきます。
まず1つ目は一粒の麦です。
人気の芋焼酎であり、宝山シリーズを販売している西酒造の焼酎です。
香りは軽快でシャープなものになっており、飲むと麦の濃厚な味わいを楽しむことができます。
水割りで飲んでも麦の味わいを楽しむことができるので、おすすめです。
2つ目は博多の華です。
厳選した大麦を100%使用した本格的な焼酎になります。
いろいろな原材料が混在しているので、安い値段で購入することもできます。
柔らかな香りと芳醇な味わいを楽しむことができるので、おすすめできます。
3つ目は中々と言われる麦焼酎です。
芋焼酎でも高級品として名高い焼酎になります。
非常にスッキリとした飲み口が特徴になっており、シンプルな味わいとコクを感じることができます。
水割りにすることで、さらにスッキリ感を味わうことができるので、おすすめです

麦焼酎が好きな人が水割りで飲む際におすすめできるものを3選紹介

麦焼酎を飲むのが好きな人が水割りをして飲む際、おすすめできるものがいくつかあります。
どんなおすすめの麦焼酎があるのか3つ紹介します。
まず1つ目は二階堂です。
二階堂は値段が安い焼酎となっていますが、スッキリとクリアな飲み口となっているので、焼酎として飲む際に味わいを感じることができます。
もちろん水割りとして飲むと、さらにスッキリ感を味わうことができるので、焼酎が好きならばいくらでも飲むことができます。
2つ目は高千穂 白ラベルになります。
天然水で作られた焼酎であり、白ラベルは麦の香りと濃厚な味わいが特徴となっています。
麦の香りがとても強く感じるので、焼酎の本来の香りを楽しみながら水割りで飲むことができます。
3つ目は神の河です。
芳醇な香りはバニラの香りと評されるほどマイルドな味わいになっています。
水割りで飲んでも心地よい香りを楽しむことができるので、焼酎が好きな人にとっても楽しみながら飲むことができます。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3