日本人なら知っておきたい泡盛の歴史

  • メンバー
  • 更新日:
6view
favorite

泡盛の歴史は古く、沖縄で14世紀くらいに作られたと言われています。その製造法やルーツは厳密には明らかになっていませんが、600年以上の間その変わらぬ製造法で泡盛ならではの芳醇な味わいとコクが実現されています。沖縄では泡盛の製造が盛んで諸外国に提供されたり、幕府に献上されたりしました。第二次世界大戦の沖縄戦で深刻な打撃を受けたものの、その後は復興しています。現在は、酒造場の従業員の高齢化などの問題があり、販路の拡大が急務です。

泡盛の歴史とルーツについて

泡盛とは、言わずもがなお気縄で作られている蒸留酒であり、原料にお米を使用し、黒麹菌を用いて仕込むという特徴があるお酒です。日本酒には黄麹、焼酎は白麹が使われていますが、泡盛の最大の特徴は黒麹菌を使うことです。原料にはタイ米が使われていることも特徴の一つです。この泡盛の歴史はかなり古く、13世紀初頭にまでさかのぼると言われています。13世紀に西アジアで発達したお酒の蒸留技術が、14世紀ごろに中国から東アジア諸国を経由して琉球に伝わったところから誕生しました。琉球の気候に最適なのが黒麹菌であり、琉球王国だからこそできる蒸留酒として泡盛が発達してきました。現在のようにお米、タイ米を原料とした泡盛がいつ作られたかという正確な情報は定かではありません。ですが、15世紀から19世紀までには各地で泡盛が作られてから奉納品として中国や日本の権力者に献上されていました。琉球泡盛は薩摩藩を通じて献上されていたのです。

泡盛の歴史と現在に至る発展について

泡盛は沖縄を代表する蒸留酒ですが、琉球王朝時代には首里三か所だけに製造が許されており、厳重に管理をしました。その後、第二次世界大戦の沖縄戦では、かなり多くの酒造場が深刻な被害を受けました。終戦後には原料のコメも不足していましたが、アメリカ占領下で官営の酒造工場が作られたり、コメの代わりにソテツの実から採取されるでんぷんを使用するなど少しずつ泡盛づくりが始まってきました。1949年には民間の酒造場がつくられ、泡盛づくりも徐々に復活してきました。戦後、目覚ましい経済発展によりビールやウイスキーなど海外のお酒の普及に伴い、泡盛づくりは相対的に衰えを見せることもありました。いっとき数百か所あった泡盛の蔵元も大きく減少しました。しかしながら、貴重な古酒の生産、沖縄料理ブームや国内外の流通ルートの開拓などにより、少しずつ泡盛のブームも盛り返してきています。現在では沖縄全土に50箇所近くの酒造場があります。

泡盛の歴史的発展と特徴について

600年以上の歴史を持つ泡盛ですが、このような蒸留酒は日本で類を見ません。特に泡盛の名前の由来においても諸説あり、アルコール度数の高さから注ぐときに泡が立つから泡盛という説や、製造原料として栗が使用されたことがあったために「アワモリ」と呼ばれていたなどと言ったことがあります。サンスクリット語でお酒のことをアワムリと呼んでいたからといった説もあります。泡盛の特徴としては、日数や温度による劣化が少ないことです。そのため、何十年も寝かせることが出来、そうして長い間熟成させることでこくとうまみがまろやかになるといった特徴もあります。泡盛ひとつとっても、歴史的な味わいを見せるものはたくさんあり、生まれた年の泡盛を仕込んで成人の時に楽しむなど、沖縄においてもいろいろな楽しみ方をしています。泡盛自体は沖縄の人の生活に根付いており、水割り、ンザ・ロックやお湯割りなど好みやアルコールの強さに合わせて味わえるのも特徴です。

沖縄の泡盛、歴史とその特徴や今後について

日本を代表する古酒と言ってもよい泡盛は、沖縄で作られているため「琉球泡盛」と呼ばれることもあります。琉球泡盛として認定されるには、「麹菌は黒麹菌のみ使う」「原料のお米はすべて麹にするという全麹仕込み」「もろみ仕込みは1回のみ」「1回の蒸留のみ」といった4つの要素があります。泡盛のバリエーションは増えてはいるものの、その基本的な製造は600年変わらず受け継がれているのも特徴の一つです。それが泡盛ならではの豊かな香りとコク、芳醇な味わいを実現しているのです。現在では、沖縄の泡盛を保護するために酒税軽減措置などを継続して行っていますが、多くの酒造場で従業員が少なく後継者が少ないといった問題や、酒税軽減措置を廃止された後に赤字になる見込みなどといった問題があります。また、焼酎など競合するお酒があるなど先行きは明るいものとはいえないかもしれません。今後は海外を含めた販路の拡大などが期待されています。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3