泡盛の選び方!初心者でもはずさない4つのポイント

今回は、泡盛を選ぶポイントを4つに絞って、ばっちり自分に合う泡盛に出会う方法を伝授します!

  • メンバー
  • 更新日:
165view
favorite
泡盛の選び方!初心者でもはずさない4つのポイント

最近の焼酎ブーム以上に人気が出ているのが泡盛です。

南国のイメージがある泡盛ですが、実は歴史も古く、日本では最も古い蒸留酒だといわれています。

なんとその歴史は600年前にもさかのぼります。

長い年月の中で、脈々と受け継がれてきた泡盛には豊富な種類があり、呑んべぇを唸らせるものから初心者でも気軽に飲めるものまで色々あります。

種類が豊富なだけに、自分に合った泡盛を選ぶにはちょっとしたポイントが必要です。

このポイントを逃すと、自分の好みとは違った泡盛を選んでしまうことになり、せっかくの泡盛が台無しになってしまいます。

今回は、泡盛を選ぶポイントを4つに絞って、ばっちり自分に合う泡盛に出会う方法を伝授します!

【01】泡盛の選び方は好みの「香り」で選ぶ


泡盛の大きな特徴と言えば、あの独特の香りです。

好きな人にとっては魅惑の香りですが、実はその泡盛の香りが苦手だという人も少なくありません。

泡盛独自の香りは、他の焼酎とは異なる原料と、濃厚な味わいを引き出す常圧蒸留という製法で作らているからです。

しかし、最近の泡盛は、従来の原料に加えて、色々な原料もミックスされるようになり、かなり飲みやすくなってきています。

ただし、香りは個性でもありますから全くなくなってしまったわけではありません。

ではどうやって好みの香りを見つければよいのでしょうか。

それを解決したのが、フレーバーホイールです。

フレーバーホールとは、泡盛から感じられる香りや味の表現を円状に配列して視覚化したものです。

このフレーバーホイールを見ることで、泡盛を飲む人だけではなく、製造や販売に携わる人まで、その香りを視覚的に認識することができるわけです。

泡盛のフレーバーホイールは、国税庁のホームページからPDFをダウンロードして見ることができます。

自分に合った泡盛を探すためには、ぜひこのフレーバーホイールを活用してくださいね!

ホームページ

【02】泡盛の選び方は度数が大事!


泡盛を飲む時に、こだわりと同時に気をつけたいのが、アルコール度数です。

呑んだことがある人ならわかると思いますが、泡盛のアルコール度数は通常30度程度となっていますので、ビールのようにストレートでぐいぐい飲む!という訳にはいかないのです。

できれば、初めうちはアルコール度数が低い泡盛から飲むことがいいでしょう。

酒税法では泡盛のアルコール度数は45度以下と定められていますが、泡盛のほとんどが30度前後です。

中には昔から伝わる歴史のある泡盛だと43度の物もありますが、その一方で25度以下の泡盛は、「マイルド」と表示されています。

最初はこの「マイルド」から始めたいですね。

度数の低い泡盛からスタートさせて、慣れてきたら度数を上げていくのが上手に飲むためのコツと言えます。

【03】泡盛のおいしい選び方のために原料を知る


お酒の味の決め手といえば、言わずもがな「原料」ですよね。

泡盛の製造で特徴的なことは、泡盛のほとんどが原料にタイ米を使用していることです。

そして、次に麹菌に黒麹菌を使っていることです。

泡盛の原料に使われているタイ米は、日本のお米と比べて、とてもサラサラしています。

このタイ米とあわせて欠かすことができないのが「黒麹」です。

アルコールを作るには、糖を発酵させる麹は必要不可欠なものなのです。

黒麹を使っている焼酎は、泡盛の他にも芋焼酎などがありますが、どちらもコクがあってしっかりした味わいとなっています。

そして、タイ米はこの黒麹ととても相性がよく、しっかりとした味の泡盛ができるという訳なのです。

泡盛を選ぶ際には、この原料の欄もしっかり確認してから選んでみてくださいね!

【04】泡盛の選び方で大事なのは楽しみ方

そして、泡盛を美味しく飲むためには、ストレートやロック、水割り、あるいはお湯割りなど様々な飲み方で楽むことができることも知っておきたいポイントです。

度数の高い泡盛は、何で割るか?どうやって飲むか?によって選ぶ基準も変わってくるのです。


もちろん先ほどご紹介した「マイルド」なタイプの度数が低いものならば、ストレートやロックでも充分楽しむことができます。

ただし沖縄の人やお酒に強い人は、度数の高いものでもロックでぐいぐい呑んでいたりもするので、はじめのうちは真似するのはやめておきましょう。

食事と一緒に楽しむのであれば、どんな食事にも合うクセのない銘柄を水割りにするのが向いているといえます。

銘柄でいうなら「久米仙」や「残波」などはクセがなく飲みやすい部類に入ると思います。

食後にまったりと楽しむのであれば、さらに熟成させた古酒(クース)をロックでちびちび呑むなど、シチュエーションに応じた楽しみ方をするといいでしょう。

コクのある銘柄というと、の新里酒造の古酒「琉球クラシック」や石川酒造の「島風OLD」などもまろやかでおすすめです。

また、泡盛の中には、シークワーサーやライム、コーラなどのジュース、またはコーヒーなどで先に割ってあるものもあります。

合わせる料理などによって、さっぱりしたいときはシークワーサー入りの泡盛、一風違う味を楽しみたいならコーヒー泡盛など気分によって変えるのも楽しみ方の一つです。

       
この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ