ウォッカと焼酎の違いとは何?おすすめの焼酎とウォッカも紹介

  • メンバー
  • 更新日:
195view
favorite

お酒が好きでいろいろなお酒を飲んでいる方もおられると思います。お酒は種類によって味わいや度数も変わってきますし、楽しみ方も変わってきます。そのため、各お酒の特徴や飲み方などを知っておくことは大事になります。度数が強いお酒であればウォッカや焼酎を飲む方もおられると思います。ただ、この2つのお酒は明確に違いがあります。お酒を楽しく飲むために、ウォッカと焼酎では何が違いがあるのか紹介していきたいと思います。

知らないと損をする!ウォッカと焼酎の違いは原料に違いあった

ウォッカと焼酎は共に度数が高いアルコール飲料となっており、同じ蒸留酒になります。蒸留酒とは、一般的に原料を酵母によってアルコール発酵させた醸造酒を煮沸して、融点の低いエタノールだけを抽出したアルコール飲料になります。ウォッカは主にロシアや東欧で作られたものであり、焼酎は日本で作られている蒸留酒であり、とりわけ南九州で多く作られています。共に同じ蒸留酒になりますが、作る際の原料は違いがあります。ウォッカはロシアや東欧で作られているので、ライ麦や大麦、ジャガイモ、グレーン、果物などで作られており、さらに蒸留後には白樺の炭で濾過をします。焼酎の場合は、原料が米、麦、サツマイモなどになっており、蒸留を行なう際に原料の味わいを残すようにします。また、糖蜜を原料として、連続的に蒸留を行なった連続方式蒸留焼酎もあります。このように、作られている産地に違いがあるため、ウォッカと焼酎では原料に違いが生じます。

お酒好きであるならば知らないと恥ずかしい!ウォッカと焼酎の違い

ウォッカと焼酎は同じ蒸留酒であり、大雑把に分類すればウォッカも焼酎になります。同じ蒸留酒なので、同じ蒸留酒の作られ方で作られているお酒だと思うかもしれませんが、焼酎とウォッカでは同じ蒸留酒でも蒸留と製造方法に違いがあります。日本の焼酎は単式蒸留で作られており、原料の風味が残るようになっています。焼酎を飲んだときに米や麦、サツマイモの味をほのかに感じるのは、これが理由です。取り出される際のアルコールにも不純物が多く含まれており、アルコール度数も40度くらいになります。ウォッカの場合は、複式蒸留式によって作られる純度の高いアルコールとなっています。そのため、度数も80度以上になる上、活性炭濾過によって極めて雑味の少ないお酒へと変化していきます。ウォッカを飲んだときに喉が焼けるように熱く感じるのは、この方式で蒸留酒として作っているためです。焼酎も甲類は複式蒸留になっていますが、一般的に蒸留方式に違いがあります。

焼酎との違いを感じるためのウォッカおすすめ3選を紹介

焼酎とウォッカには違いがあるので、違いを感じるためのおすすめウォッカを紹介していきます。ウォッカの1つ目のおすすめは、フィンランディアウォッカです。フィンランドの神秘を体現したプレミアム・ウォッカになります。フェインランディアは原料に高純度の天然氷河水と最上級の六条麦を使用しています。世界では第5位のプレミアムウォッカとして販売されている人気のウォッカになります。おすすめ2つ目は、シロックウォッカになります。原料に大麦や穀物を使用するのが一般的ですが、このウォッカは厳選されたフランス産のブドウを100%で作られたウォッカになります。まろやかでフルーティーな味わいになっており、ストレートやロックで飲むとより味わいを感じることができます。3つ目はスカイウォッカになります。スタイリッシュなピュアウォッカとなっており、4回の蒸留と3回の濾過による透明感のある滑らかな味わいになっています。飲み方をいろいろ試すことができるので、おすすめすることができるウォッカになります。

お酒好きが飲みたい!ウォッカとの違いも分かる焼酎おすすめ3選

お酒好きであれば、焼酎とウォッカの違いを知っておくのは当然です。そのため、おすすめの焼酎も3選紹介したいと思います。1つ目のおすすめは白霧島になります。80年以上もの長い歴史を誇る霧島酒造の人気銘柄になります。芋焼酎でありながら芋臭さ感じさせない華やかな香りが鼻を抜けるためどんな人でもおいしく飲むことができる焼酎になります。クセも強くないので、ストレートやロックでも飲むことができます。2つ目のおすすめは薩摩酒造の神の河です。初心者でも飲みやすい麦焼酎を求めており熟成香が鼻を抜けて、香りを楽しむことができます。クセも少なくスッキリと飲みやすい焼酎になっています。3つ目のおすすめは白岳しろになります。芋焼酎や麦焼酎とは異なるフルーティーで口当たりの良い甘さや香りを楽しむことができます。食事をしながら飲んで楽しむことができる焼酎となっているので、みんなで楽しみながら飲むことができます。このような焼酎を飲んで楽しんでみてください。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3