知らないと損をする!テキーラの種類をあますところなくご紹介!

  • メンバー
  • 更新日:
10view
favorite

ショットで飲むイメージのあるテキーラ。そのテキーラも他にもカクテルと飲んだりすることもできます。テキーラの種類について見ていきながら、おすすめのテキーラを紹介していきます。あなたの好みにあったテキーラとは、どのようなものなのか、探してみてく下さい。テキーラには、大きく分けて二つの種類があります。ここでは、まず、その2種類について説明させていただきます。そして、その種類それぞれにあったおすすめのテキーラを紹介していきます。

1分でわかる。テキーラの種類についてご紹介!

テキーラには、大きく分けて二種類のものがあります。その一つ目が、100%・デ・アガベというテキーラになります。アガぺを100パーセント利用したものになっています。別名をプレミアムテキーラとも呼んでいます。このテキーラは、甘みがしっかりとあり、飲みやすいものになっています。口当たりも良く上品に飲むことができるテキーラになっています。飲み方としては、ショットよりもロックで飲み、香りを楽しむ飲み方がおすすめになっています。一方で、もう一種類のテキーラが、ミクストテキーラというテキーラになっています。アガぺが51パーセント以上で、その他にも、サトウキビを使って抽出したものを使っています。加糖による甘みがとても強いため、カクテルに混ぜて飲むなどの飲み方がおすすめになっています。ミクストテキーラは、100パーセントアガぺに比べて、うまみや甘みというものは、劣りますが、安価で様々な種類を楽しむことができます。

熟成期間で分かれる!テキーラの種類についてご紹介!

次は、熟成期間によっても、テキーラの種類が変わってくるということのご紹介です。まずは、ブランコというテキーラになります。このブランコは、樽での熟成を行っていない方、60日以内の熟成のもにになります。熟成を行っていないため、透明できれいな色をしており、シルバーと呼ばれることがあります。そして、味わいとしては、すっきりとした味わいで、初心者の方にもおすすめのテキーラになっています。
次に紹介するのは、レポサドというテキーラになります。このレポサドは、60日以上、1年くらいまでの熟成を行ったテキーラになります。クリアな味わいがあり、さらに、テキーラのちょうどよい味わいを楽しむことができるものになっています。色合いからゴールドとも呼ばれています。このレポサドは、銘柄も沢山でています。
このように、テキーラの熟成期間で、全く違ったテキーラが出来るのですね。テキーラと一言いっても、奥深いのが分かると思います。

あなたに合うテキーラの種類は、何?!おすすめのテキーラ

おすすめのテキーラについてご紹介していきます。一つずつ見ていきましょう。まずは、ポリフィディオ(Porfidio) アネホというテキーラになります。このテキーラは、100パーセントアガぺを使ったテキーラになります。可愛らしいサボテンの絵がかかれたボトルが使われており、コレクトする人も出ています。ハリスコ産の12年物のブルーアガベを使っていて、さらには、オーク樽の中で5年も熟成させているテキーラになります。その深い味わいを楽しんでみて下さい。
次に紹介するのは、サウザ(SAUZA) ブルー レポサドというテキーラになります。こちらのテキーラは、2か月以上樽で熟成させたテキーラになります。ほのかな甘みと、バニラの香りが特徴となっているテキーラになります。農薬を一切使っていないブルーアガベを使っているので安心して飲むことができるものになっています。アガぺの味わいを楽しむためにストレートで飲むのがおすすめで、またカクテルと混ぜてもいいでしょう。

さらにテキーラの種類別。おすすめのテキーラについてご紹介!

その他のテキーラの種類に関するおすすめをご紹介していきます。まずは、ドン・フリオ(Don Julio) アネホというテキーラになります。こちらのテキーラは、最低でも1年以上の熟成をしているテキーラになります。そのため、まろやかな味わいになっています。高い所で取れたブルーアガベを使っている、プレミアムテキーラになります。ライム、グレープフルーツなどの香りを楽しむことができます。アルコール度数も低めなので、初心者の方にもおすすめのテキーラになっています。
次は、オルメカ(OLMECA) アルトス レポサドというテキーラのご紹介になります。THE TEQUILA MASTERSで金賞を取った世界で認められているプレミアムテキーラになります。原料は、アガぺ専門の農家によって育てられたブラーアガベを100パーセント利用しています。カクテルベースとしてでも、ストレートでも楽しむことができます。
以上が、テキーラの種類と、おすすめのテキーラの紹介でした。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3