毎日焼酎を飲む私がおすすめする麦焼酎とその味わい

  • メンバー
  • 更新日:
27view
favorite

安くていくらでも飲むことのできる焼酎ですが、その中でも味わいがあり、飲みやすく初心者でも飲めるのが、麦焼酎になります。ビールや、ウィスキーにも使われており、大麦が原料のお酒になっています。本当に味わい深く、飲んでいて、いくらでも飲みたいと思えるのが、麦焼酎になります。あらゆるシチュエーションで活躍する麦焼酎。その麦焼酎の選び方や、おすすめの麦焼酎についてご紹介していきます。あなたがこれまで選んできた麦焼酎とは、一味違うものを発見することができるでしょう。

麦焼酎をより味わうために注意すべき点についてご紹介

まず、麦焼酎をどのくらいの価格で選んでいったらいいでしょうか。最近では、スーパーに沢山の麦焼酎が並んでいて、価格も安いものから高いものまで幅広く出ています。そんな中、おすすめとして、飲んでいくのは、安いものから飲み比べていくというものです。最近の麦焼酎は、安いものでも十分に味わいがあるものがあります。
ですから、安いものから少しずつ値段を上げていて、自分の一番のお気に入りを順に探していくというのは、いいのではないでしょうか。大体、3000円くらいで、より美味しい麦焼酎を探すことができるようになっています。まずは、それ以下のお酒から探してみてはいかがでしょうか。
さらには、麦焼酎の香りを良く嗅いで、好きな麦焼酎を選ぶようにするといいでしょう。麦焼酎は、軽めにできているので、香りがそのまま味に影響していきます。ですから、香りをかいで、自分の好きな香りかどうかを確認するというのは、おすすめの方法になるでしょう。

まだまだある!麦焼酎の味わいを引きただせる方法

他に麦焼酎の味わいを深くさせるには、飲み方を探すということになります。飲み方は、ロック、水割り、お湯割り、ソーダ割などがあります。この飲み方の中でも、麦焼酎の種類によって合うものがあります。水割りは、ちょうどいい味わいなのだけれでも、ソーダ割にすると少し風味が消えてしまうなどです。
ですから、購入した麦焼酎がどの飲み方に合うのかということを探ってみるのはいい方法かもしれません。
さらには、自分好みの産地を見つけるというのも大事です。産地によって、使う水や製造方法などが異なってくるので、麦焼酎の味わいが変わってきます。ですから、どの産地が自分好みの味わいなのかを探していくということをするといいでしょう。
一度、好きな産地を見つけてしまえば、いつも、その近くで作られたものを選べばいいので、美味しく麦焼酎を味わうことができます。
以上が、麦焼酎の味わいを深くさせるポイントでした。飲み方や、産地などによって、味わいが変わってくるので、それぞれ人の好みによってきます。

麦焼酎の味わいを楽しみたい!おすすめの麦焼酎たち

まず、ご紹介するのが、田苑 金ラベルという麦焼酎になります。8年連続のモンドセレクション金賞を取っている麦焼酎になります。この麦焼酎は、よく熟成されており、琥珀色をしています。とても味わい深い麦焼酎になっています。伝統的な方法で作られたお酒に、クラシックを聞かせています。クラシックの効果が出て、味わい深い麦焼酎になっています。一度、お試ししてみて下さい。
続いて、ご紹介するのが、隠し蔵という麦焼酎になります。2016年にモンドセレクションで金賞を受賞している麦焼酎になります。こちらの麦焼酎もよく熟成させているので、琥珀色に輝いています。味わいとしては、マイルドでとても飲みやすい状態になっています。一度、お試しして頂ければ、その良さが分かると思います。
以上が、まず、おすすめの二つの麦焼酎になります。どちらも、よく熟成させているというのが特徴になります。その割に、麦焼酎の良さである飲みやすさという特徴を残しています。

麦焼酎の味わい!おすすめの麦焼酎についてご紹介!

次にご紹介するおすすめの麦焼酎は、神の河になります。こちらも、樽でよく熟成して作られています。原酒が、ホワイトオーク樽に3年以上貯蔵されて作られており、長い期間かけて作られるので、ふくよかな香りと、まろやかな味わいが作られています。おすすめの飲み方としては、ストレート、ロックなどがおすすめの飲み方になっています。価格としては、720ML 1本で1,620円になっています。お求めやすい値段なので、普段の晩酌に利用されてみては、いかがでしょうか。
さらに、ご紹介するのは、兼八という麦焼酎になります。大分県産の人気の麦焼酎になります。伝統的な手法により製造された麦焼酎で、麦本来の味わいを引き出す麦焼酎になっています。一度、飲んだら忘れられない味わいになっています。価格としては、1800mlの瓶で、4,678円になっています。少し値段は、張りますが、味わい深い麦焼酎に出会いたいというあなたには、おすすめの麦焼酎になっています。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3