渋い大人が飲むウイスキーのブレンデッドで高級な時を過ごす4つの秘訣

今回は高級ブレンデッドウイスキーを、おいしく頂ける4つの秘訣をご紹介します!

  • メンバー
  • 更新日:
228view
favorite
渋い大人が飲むウイスキーのブレンデッドで高級な時を過ごす4つの秘訣

呑んべぇならわかると思いますが、ブレンデッドウイスキーて高級なものって、呑んべぇの最高峰!みたいな気がしませんか?

ワインや日本酒ももちろん楽しみ方が豊富で、もちろんシングルモルトのウイスキーは個性が味わえて楽しいと思います。

ただ、ブレンデッドウイスキーの高級なウイスキーを、ブレンダーの作り出した味わいを楽しめるようになったら、ウイスキー好き呑んべぇとしては一人前かな?

みたいな気持ちになりませんか?

国産のジャパニーズウイスキーも評価が高く、飲みやすいですし、海外のメーカーのものも沢山あります。

正直沢山あるので、「いざ、ブレンデッドウイスキーの美味しいやつを呑もう!」と意気込んでも、どれにしたらいいか迷ってしまいますよね。

今回はそんな呑んべぇのための高級ブレンデッドウイスキーを、おいしく頂ける4つの秘訣をご紹介します!

【01】国産ウイスキーのブレンデッドで高級な時間を「響17年」

サントリー ブレンデッドウイスキー 響17年 [ ウイスキー 日本 700ml ] 出典:amazon

サントリー ブレンデッドウイスキー 響17年 [ ウイスキー 日本 700ml ]

原材料・成分:モルト、グレーン
アルコール度数:43%

まず、優雅なひと時には、ふさわしいお酒が必要ですよね。

日本人の男なら、国産ブレンデッドウイスキーにも精通していてほしいものです。

そこで高級な時を過ごす秘訣その【1】は、国産の高級ブレンデッドウイスキーを嗜む!です。

そんな時におすすめしたいのは日本産の高級ブレンデッドウイスキー「響17年」です。

国産なだけあり、日本人には馴染みのある、まろやかな味わいで、厚みのあるコクがあり、余韻に浸ってしまいます。

高級なウイスキーですが、ブレンデッドウイスキー初心者の方にもおすすめです。

朝ドラで登場したことでも、人気が急上昇し、「響17年」はその人気のあまり現在生産休止になっています。

買うことはできますが希少です。早く生産が復活してほしいですね。

世界に誇るジャパニーズウィスキーの甘く華やかな熟成香を楽しんでください。

どっしりと構えたボトルに「響」の文字が、渋くてカッコイイです!

【02】スコッチのブレンデッドのウイスキーの高級銘柄「バランタイン30年」

バランタイン 30年 700ml 40度 [並行輸入品] 出典:amazon

バランタイン 30年 700ml 40度 [並行輸入品]

原材料・成分:モルト、グレーン
アルコール度数:40%

国産のウイスキーが楽しめるようになったら、やはり海外の銘柄も視野に入れたいところですよね。

高級な時を過ごす秘訣その【2】は、スコッチの高級ブレンデッドウイスキーを嗜む!です。

そんな時には蜂蜜やバニラの様な、甘い香りを楽しむことができる、イギリス産のウイスキー「バランタイン30年」がおすすめです。

バランタインは、スコッチ三大ブランドのひとつとも言われています。このバランタイン30年は「キング・オブ・スコッチ」とも呼ばれています。

ハイランド、ローランド、スペイサイド、アイラのスコットランドの4つの地方の厳選されたモルト原酒とグレーン原酒をなんと約40種類もブレンドされています。

30年以上もの歳月を徹底して管理し、熟成の極みに達した、優美でまろやかな味わいのブレンデッドウイスキーです。

濃厚で贅沢な味わいは、一度知ってしまうと忘れられません!「バランタイン30年」を嗜む時間は、きっと特別なものになるかと思います。

ウイスキー好き上級者をも、唸らせることができる逸品です。

【03】高級ブレンデッドウイスキーをもっと楽しむ秘訣


高級なブレンデッドウイスキーだからこそ、最高の状態で楽しまなければ、もったいないですよね!

響17年や、バランタイン30年などの高級ブレンデッドウイスキーを楽しむなら、やはり「ロック」がおすすめです。

そう、高級な時を過ごす秘訣その【3】は、ブレンデッドウイスキーを飲むスタイルにこだわる!です。

目で楽しむというのもウイスキーの楽しみ方の一つですよね。

熟成が進んだ高級ブレンデッドウイスキーはグラスに注いだ瞬間の琥珀色が、本当の宝石の様に美しく、その美しさを氷が際立ててくれます。

見つめているだけで、日々の疲れや悩みを癒してくれます。

そのためにはぜひ、ガラス製の美しいロックグラスで、大きめの氷を使うのがおすすめです。

大き目の氷は美しいだけでなく、溶けるのがゆっくりなのでじっくりブレンデッドウイスキーを楽しみたい人におすすめです。

香りに関しても、その熟成された高級ブランデッドウイスキーの芳醇で濃厚なままの状態を楽しんでもらいたいです。

また、より美味しいままの高級ブランデッドウイスキーを楽しむには、その後の保存方法も大切です。

開封後も、常温保存で問題はありませんが、必ず瓶は立てて、直射日光の当たらない場所で保存しましょう。

残念ながら瓶詰めの状態でさらに熟成されることはないので、開封後は早めに呑みきるようにしましょう。

【04】ウイスキーのブレンデッドならおつまみもちょっと高級に


高級なひと時を過ごすためには、お酒とグラス、飲み方にこだわった後は、やはりおつまみにもこだわりたいですよね。

高級なブランデッドウイスキーは、長年熟成されることで、まろやかな口当たりになり、甘みが増すことが特徴です。

そんな高級ブランデッドウイスキーに、特に合うおつまみは何でしょうか。

まず、ウイスキーのおつまみといえば真っ先に思い浮かぶのがチョコレートです。

しかし、甘すぎるチョコレートは、高級ブランデッドウイスキーの甘い香りを殺してしまうので、あまりおすすめしません。

かといって、ビターすぎるカカオの主張が強いチョコレートも、濃厚すぎるが故に、高級ブランデッドウイスキーとは反発してしまいます。

そこでおすすめなのが、チョコレートコーティングされたドライフルーツです。

特に、チョコレートコーティングされたオレンジは、甘味の中に苦味があり、さっぱりとした後味のため、ブランデッドウイスキーの美味しさと一緒に楽しむことができます。

高級ブランデッドウイスキーのおつまみを考える際は、あくまでウイスキーを主体とし、爽やかな味わいのものを選ぶようにしましょう。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3