ウイスキー×ブレンデッド ×高級をより楽しむ方法

  • メンバー
  • 更新日:
15view
favorite

麦芽(モルト)の原酒と穀物(グレーン)の原酒をブレンドさせた「ブレンデッドウイスキー」はウイスキーの中でも人気の高いウイスキーです。国産のものから海外のものまで種類も豊富で、中には自分好みにブレンドして自作する人も…。パッケージもオシャレなものが多く、飾っているだけでテンションが上がります。今回はそんなブレンデッドウイスキーをより美味しく楽しむため、高級なものに着目し、今更人には聞けないあれこれを、ご紹介いたします!

ウイスキー×ブレンデッド ×高級のオススメ!

まず、オススメしたいのは日本産の高級ブレンデッドウイスキー「響17年」です。国産なだけあり、日本人には馴染みのある、まろやかな味わいで、ブレンデッドウイスキー初心者の方にもオススメです。朝ドラで登場したことでも、人気が急上昇し、「響17年」はその人気のあまり一時販売休止になりました。どっしりと構えたボトルに「響」の文字が、渋くてカッコイイです!
また、蜂蜜やバニラの様な、甘い香りを楽しむことができる、イギリス産のウイスキー「バランタイン30年」もオススメです。バランタインは、スコッチ三大ブランドのひとつとも言われています。30年徹底して管理され、厳選されたウイスキーは貴重なものなので、値段もお高めです。濃厚で贅沢な味わいは、一度知ってしまうと忘れられません!「バランタイン30年」を嗜む時間は、きっと特別なものになるかと思います。ウイスキー好き上級者をも、唸らせることができる1品なのではないでしょうか。

ウイスキー×ブレンデッド ×高級の美味しい呑み方は?

高級なウイスキーだからこそ、最高の状態で楽しまなければ、勿体ないです! まず、オススメしたい呑み方は、「ロック」です。基本的にウイスキーは度数が高いため、アルコールが苦手な方は避けがちな呑み方ではありますが、高級ブレンデッドウイスキーに関しては、特にオススメしたいです。というのも、高級ブレンデッドウイスキーはグラスに注いだ瞬間の琥珀色が、本当の宝石の様に美しく、その美しさを氷が際立ててくれます。見つめているだけで、日々の疲れや悩みを癒してくれること間違いありません。香りに関しても、その熟成された高級ブランデッドウイスキーの芳醇で濃厚なままの状態を楽しんでもらいたいです。また、より美味しいままの高級ブランデッドウイスキーを楽しむには、その後の保存方法も大切です。開封後も、常温保存で問題はありませんが、必ず瓶は立てて、直射日光の当たらない場所で保存しましょう。残念ながら瓶詰めの状態でさらに熟成されることはないので、開封後は早めに呑みきるようにしましょう。

ウイスキー×ブレンデッド ×高級に合うおつまみ!

“高級なブランデッドウイスキーは、長年熟成されることで、まろやかな口当たりになり、甘みが増すことが特徴です。そんな高級ブランデッドウイスキーに、特に合うおつまみは何なのか、考察してみました。
まず、ウイスキーのおつまみといえば真っ先に思い浮かぶのがチョコレートです。しかし、甘ったるいチョコレートは、高級ブランデッドウイスキーの甘い香りを殺してしまうので、あまりオススメしません。かといって、ビターすぎるカカオの主張が強いチョコレートも、濃厚すぎるが故に、高級ブランデッドウイスキーとは反発してしまいます。そこでオススメなのは、チョコレートコーティングされたドライフルーツです。特に、チョコレートコーティングされたオレンジは、甘味の中に苦味があり、さっぱりとした後味のため、ブランデッドウイスキーの美味しさと一緒に楽しむことができます。高級ブランデッドウイスキーのおつまみを考える際は、あくまでウイスキーを主体とし、爽やかな味わいのものを選ぶようにしましょう。”

ウイスキー×ブレンデッド ×高級と楽しみたい食事

ウイスキーは食事とあまり合わない、と思われる方も多いかと思います。しかし、高級ブランデッドウイスキーだからこそ、楽しめる食事もありますので、最後にご紹介したいと思います。
まず、副菜としてはナッツを和えたサラダがオススメです。ナッツ自体がウイスキーと合うのはもちろんのことですが、サラダと組み合わせることで口内が爽やかになり、高級ブランデッドウイスキーの濃厚さが際立ちます。ウイスキーの味を邪魔させないためにも、あまりドレッシングはかけずに、かけるとしても、レモン風味のものなどを選びましょう。メインディッシュとしては、やはり、高級なものには高級なものを合わせて、ステーキなどはいかがでしょうか。特に脂身ではなく、赤身の多い部位のほうが、高級ブランデッドウイスキーと組み合わさった瞬間、とろけるような芳醇な香りが広がるのを楽しめるはずです。
適度に食事をとって栄養バランスにも注視しながら、高級ブランデッドウイスキーライフを、より一層、エンジョイしましょう!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3