呑み比べが楽しい!静岡県のクラフトビール

今回は、今夜クラフトビールが思わず呑みたくなるような、静岡県のクラフトビールをご紹介します。

  • ライターN
  • 更新日:
45view
favorite
呑み比べが楽しい!静岡県のクラフトビール

静岡には本当にマニアックなビールがたくさんあることをご存知でしょうか。

こだわりの飲食店なんかも結構クラフトビールを扱っているお店がたくさんあります。そんな静岡ではクラフトビールの代表格といえばヴァイツェンとペールエールです。

今回は、今夜クラフトビールが思わず呑みたくなるような、静岡県のクラフトビールをご紹介します。

県外にも名前が届くほど有名な静岡県のクラフトビール【御殿場高原ビール】

ヴァイツェンというのは 、白く濁った色が特徴のビールで、ホップの苦味が少なく甘くフルーティーな女性にも人気のあるビールのことです。

この製法で作られた『御殿場高原ビール』は県外にも名前が届くほど有名なクラフトビールです。

富士山から集められた伏流水を使って作られていますので本当に美味しく出来上がっています。 おそらく静岡県のクラフトビールの中で最も有名なブランドではないでしょうか。

御殿場高原ビール ヴァイツェンボック24缶セット

出典:Amazon

御殿場高原ビール ヴァイツェンボック24缶セット

味については口に含むと大変インパクトのある甘みが口に広がります。バナナの甘い風味が特徴的な 少しの苦味と少しの酸味が フルーティーさを醸し出しています。 後味がドライなのですっきりしていて、食べる料理などの味の邪魔をしないのが大変気に入られています。

ビールだけを味わう人にとっては少し物足りなさを感じられるかもしれません。2013年には世界で3番目の歴史を誇るビール新栄店「インターナショナル・ビアコンペティション」で金賞を受賞しました。

御殿場高原ビール 選べる8缶セット

出典:Amazon

御殿場高原ビール 選べる8缶セット

呑み比べると、クラフトビールの違い事に味わえておすすめですよ!

明治から作り酒屋を営んでいる静岡県のクラフトビール【反射炉ビヤ】

明治から作り酒屋を営んでいた「蔵屋鳴沢」が手掛ける『反射炉ビヤ』の踊り子ヴァイツェンは、ヴァイツェンの中でも革新的で銘柄名も特徴です。限定ビールなのでお目にかかれればラッキーですね。

『反射炉ビヤ』はその種類と味わいの多様さも魅力ながら、日本らしい和風な絵をあしらったラベルも特徴的です。

敷地内に湧き出る天然水を使用して、ろ過や加熱を行わない製法で 新鮮なクラフトビールを作っています。 泡がほとんど立たず少し濁った褐色がかった色合いが特徴です。

反射炉ビヤ 踊り子 ヴァイツェン

出典:楽天

反射炉ビヤ 踊り子 ヴァイツェン

やはりヴァイツェンならではのフルーティーな柑橘系の甘みが しっかりと香ってくる感じです。その甘みと苦味と酸味がうまく混じり合って本当に女性にも飲みやすいクラフトビールに仕上がっているように思います。

普通ヴァイツェンは小麦麦芽使用率50%なのですが、この『反射炉ビヤ』は小麦麦芽使用率60%なので香りと味がかなり重く感じどっしりした口当たりになります。そのため食事などに飲まれるのには少しクセがありすぎるように思います。ビールだけをじっくり味わう飲み方をお勧めします。おつまみにスモークナッツはいかがでしょうか。

反射炉ビヤ 大吟醸政子

出典:Amazon

反射炉ビヤ 大吟醸政子

ヴァイツェンだけではなく、ビール酵母ではなく、”日本酒酵母”で独特のスタイルで作られる『大吟醸 政子』も「蔵屋鳴沢」でしか味わえないクラフトビールです。北条政子の女性らしさと重なるような柔らかな味わいを実現した『大吟醸 政子』は、日本酒の吟醸香にも通ずるリンゴやバナナを思わせる香りが特徴です。

反射炉ビヤ 太郎左衛門

出典:Amazon

反射炉ビヤ 太郎左衛門

ペールエールというのは、高温発酵により生じた果実味が特徴のイギリス発祥のビールで、一番の美味しい温度は13°で、一般のビールの美味しく飲む温度の5°から8°高い温度で飲むのが美味しそうです。

ご紹介する中でも一番色が濃い褐色の色をしています。かなりどっしりとした重みのビールで、 フルーティーなバナナの味は感じますが、すごくコクがありビターの感じを受けます。イングリッシュペールエールの代表的な味ではないでしょうか。

お酒の名前が特徴的ですがこれは昔の由来ある人物の名前から取ってあります。江川太郎左衛門という人ですが日本で初めてパンを焼いたことからパン祖とも呼ばれています。

このペールエールはビール好きの方には本当に気に入っていただける逸品だと思います。一度飲むとやみつきになるのではないでしょうか。

反射炉ビヤ 飲み比べセット

出典:楽天

反射炉ビヤ 飲み比べセット

ぜひ、呑み比べてそれぞれの特徴的な味わいを楽しんでみて下さい!

”ビールを祝福する”ために生まれた静岡県のクラフトビール【ベアードブルーイング】

アメリカのクラフトビール·ルネッサンスの中心地である北西部でビール醸造を学び、1997年に静岡県伊豆市でブルワリーをオープンしたのがブライアンとさゆりベアード夫婦です。

ビールへの深い愛情と、ビール醸造の歴史、伝統、文化に対する尊敬をこだわりとして”ビールを祝福する。”というモットーを掲げて作られているのがベアードビールです。

ベアードブルーイング ライジングサン ペールエール

出典:楽天

ベアードブルーイング ライジングサン ペールエール

こちらはアメリカンペールエールで柑橘系の爽やかな香りが特徴的です。

深めの赤褐色でペールエールのわりにそんなに重くない印象をもちました。苦味はありますが大変切れが良く最後の方に甘い後味が残ります。

炭酸も強めな感じがします。 クラフトビールはアメリカン製法を用いて作られています。

私の中でも今回ご紹介している中でも一押しのクラフトビールだと思います。

同じペールエールでもこのビールは本当に特徴的で、一度飲むとこのビールにしかない味わいが次また飲みたいと感じる味ではないでしょうか。

ベアードブルーイング 飲み比べセット

出典:Amazon

ベアードブルーイング 飲み比べセット

こちらもクラフトビールならではの種類が豊富な味わいが魅力の醸造所なので、ぜひ呑み比べて見てくださいね!

   
この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3