メキシコのお土産といえばやはりテキーラ

  • メンバー
  • 更新日:
29view
favorite

メキシコ原産のテキーラは、お土産として人気です。本場ならではの芳醇な香りと味わいがあるので、ストレートやロックでも楽しむことができるからです。また、メキシコ原産のテキーラにはいろいろな種類があり、アガぺを100パーセント使っているものとそうでないもの、熟成度による違いなどで洗濯することができます。お土産用にかわいらしいパッケージや個性的な瓶で売られているものもあるので、メキシコ旅行に行ったらぜひチョイスしてみましょう。

メキシコのお土産として人気のテキーラってどういうお酒

テキーラとは、メキシコ原産の蒸留酒であり、テキーラと言えばメキシコ、メキシコと言えばテキーラというイメージが定着しています。メキシコの中部にあるハリスコ州とその周辺で作られており、アガぺ・テキラナ・ウェベル・バリエダ・アスルと呼ばれる竜舌蘭から作られています。古代アステカの時代から伝わる醸造酒をもとにしており、メキシコの特産品と言われるまで歴史を紡いできました。樽の中で長く蒸留することが特徴であり、長く熟成すればするほどきれいな琥珀色になります。その色で熟成度合いが判断できるのもテキーラの特徴の一つです。もともとはピュアな蒸留酒であり、アルコール度数は高く、33%から55%程度と定められています。お土産として売られているメキシコのテキーラの多くが40度くらいになっています。メキシコにはたくさんのテキーラがあり、高級なものからお手頃のものまでバリエーションが多く、予算に応じて選ぶことができます。

お土産におすすめのメキシコのテキーラ

古代遺跡やリゾート地などがあるため、メキシコに旅行に行く人は増えてきています。このような人に人気のお土産であるテキーラは、メキシコを代表するリキュールです。テキーラはメキシコを中心に自生しているアロエのような竜舌蘭からつくられるので、やはり本場現地で調達するのが一番です。しかも、テキーラと呼ばれるにはテキーラ規制委員会の厳しい審査を経ないといけないので、メキシコ以外のテキーラというのは発売されておらず、それ故に貴重なお土産となるのです。メキシコの特産品であるテキーラはお土産としてかなり定評であり、かわいらしいサボテンの花が印刷されたものやボトルのかたちが特徴的なもの、本物のプレミアムテキーラなどといったようにたくさんのバリエーションがあります。また、種類や熟成度はそのテキーラの種類によってそれぞれ違いがあり、飲み方もロックやカクテルなど、いろいろな飲み方が楽しめます。そのため、アルコール好きの人はもちろんのこと、そうでない人に渡しても喜ばれるお土産です。

メキシコのお土産にするテキーラ選びのポイント

アルコールをたしなんだり、家で晩酌する習慣のある人へのメキシコ土産は、テキーラが人気になっています。しかし、本場メキシコではたくさんの銘柄があるのでどれにすればよいか迷う人もいるでしょう。そんなテキーラの選び方にはいくつかの基準があります。テキーラには、100%のアガぺだけを原料として作られるプレミアムテキーラと、アガぺを51%以上使用し、砂糖やフレーバーを加えて発酵させたものをミクストという2種類があります。またテキーラは樽で熟成させるお酒であり、熟成度によっても違いがあります。樽熟成を一切しない、もしくは60日以内にとどめたテキーラをブランコといいます。ブランコに熟成させたテキーラをブレンドもしくはホーベンといい、どちらも入門用のテキーラです。次に、1年以上熟成させたものをアネホ、3年以上熟成させたものをエクストラアネホと呼びます。熟成度が高く、芳醇な味わいがするのでお酒の上級者に向いています。

メキシコ土産のテキーラの楽しみ方

メキシコの代表的なお土産であるテキーラには、さまざまな楽しみ方があります。本場メキシコではながらくショットグラスに入れたテキーラを、ライムで濡らして塩を載せた手を少し舐めてから飲むとか、ライムを先にかじるなど、塩とライムをあわせる飲み方が定番とされてきました。現在では、ストレートやロックでじっくり味わうという飲み方も定番化しています。特にプレミアムテキーラ、原材料にアガぺしか使用しないテキーラでは、本来のうまみやフレーバーを味わうために、ストレートやロック、水割りで楽しむのが良いとされています。また、マルガリータやテキーラサンライズなどといったカクテルとして味わうのがおすすめです。実は本場メキシコのテキーラには、生産者が丁寧に作っているからこそできる芳醇な味わいがあるので、テキーラそのもので味わえます。お酒に弱い人は、コーラや炭酸水など自分の好きな飲み物で割って飲むとより楽しめるでしょう。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3