知らなきゃ損!日本酒の味はグラスで変わる!種類別メーカー4選!

今回は、味の濃さと香りで分けられる日本酒のタイプと、最適なグラスの形状についてご紹介します。

  • メンバー
  • 作成日:
281view
favorite
知らなきゃ損!日本酒の味はグラスで変わる!種類別メーカー4選!

日本酒を呑むとき、どんなグラスで飲んでいますか?

ワインは白ワインだったら小ぶりの白ワイングラス、赤ワインだったら丸みのある大き目の赤ワイングラス、なんて分かれていますよね。

実は日本酒も、種類に合ったグラスがあり、グラスで味が全然ちがってくるんです!

え、日本酒の種類って何?日本酒は日本酒でしょ!と思った方もいるかもしれません。

日本酒は味の濃さと香りのタイプで4種類に分けることができるんです。

今回は、味の濃さと香りで分けられる日本酒のタイプと、最適なグラスの形状についてご紹介します。

まず日本酒のグラスを知る前にお酒の種類とは?


日本酒は香りと味わいで4つのタイプに分類する事ができます。

軸は2つで、1つは香りが高いか低いか、もう1つは味が濃いか淡いかです。

そういわれてもどこで見分ければいいかわからない!いう方はまずはラベルを見てみましょう。

アルコール分や原材料名、精米歩合、原料米の品種などが必ず表示されています。

ポイントは「大吟醸」や「生酒」といったお酒の特定名称や特徴の記載です。

また、ビンの裏に味の甘辛やおすすめの飲み方、味の説明が書かれていることもあるので、迷った場合はぜひ一度「裏」を見てみてください。

お酒の特定名称や特徴とタイプとの対応は下記の通りです。

1.大吟醸酒系や吟醸酒系は香り高く味が淡い「薫酒(くんしゅ)」

2.長期熟成された古酒系は香り高く味が濃い「熟酒(じゅくしゅ)」

3.普通酒系や生酒系は香り低く味が淡い軽快でなめらかな「爽酒(そうしゅ)」

4.純米酒など味が濃いコクのある日本酒は「醇酒(じゅんしゅ)」

この4種類に分かれます。

種類別!日本酒とグラスだけでなく料理との相性は?


先ほどの4タイプのうちどれを選択するかは合わせる料理や個人のお好み、季節によって変えるのが良いと思います。

合わせる料理で言うと、煮物など甘い味付けの料理は同じく甘口の日本酒と相性が良いです。

4タイプの中では味の濃い熟酒や醇酒は、魚の煮つけや肉じゃがなどに適しています。

また、脂っこい料理は、口をさっぱりさせる淡麗な爽酒タイプか脂に負けない熟成タイプ、淡白な魚には同じく淡麗な爽酒タイプの方が良いです。

うま味がダシに溶け込んでいるおでんは、醇酒タイプがおすすめ。

口の中をさっぱりさせるため、途中で爽酒タイプに切り替えてもいいでしょう。

季節と言う観点では夏は暑いので軽快でなめらかな爽酒でサッパリと、秋になってくると「ひやおろし」という夏の間蔵で熟成された落ち着いた香りとまろやかな適熟の味わいのお酒が出てくるので、このような季節限定のお酒があるのも日本酒の魅力です。

あまり日本酒に親しみが無い方は、まずは大吟醸酒系や吟醸酒系(薫酒)から飲みはじめられるのが良いと思います。

味にクセが少なく良い香りが楽しめます。

知らなきゃ損!日本酒の種類別グラスのすすめ


日本酒の4タイプを知ったら、いよいよタイプ別のグラスです。

このタイプによって異なる形のグラスを使用すると、日本酒の味と香りをより引き立てる事ができるんです。

大吟醸や吟醸、生酒の場合

まずは、大吟醸酒系や吟醸酒系の「薫酒」や普通酒系や生酒系「爽酒」の場合。

この2タイプにオススメなのは縁が広がっているタイプです。

縁が広がれば広がるほど日本酒が持つ芳醇な香りを楽しむことができます。

ここでおすすめしたいグラスは意外にも縁の広いワイングラスで、グラスの縁が鼻まで覆うような大きさは日本酒が持つ香りを芳醇に感じさせてくれます。

古酒や純米酒の場合

次に長期熟成された古酒系の「熟酒」や純米酒などの「醇酒」の場合、オススメのグラス形状は先ほどと逆の縁が狭いタイプです。

いわゆるお猪口が代表的で、お酒の香りはそれほど感じられなくても飲みやすく感じます。

すっきりとした飲み口が特徴的です。

おすすめの種類別日本酒用グラス

では実際におすすめの種類別の日本酒グラスにはどのようなものがあるのでしょうか。

我が家で使っているのは、リーデルのオータイプのグラスです。

持ちやすくて飲み口が薄く、特に大吟醸酒系や吟醸酒系(香り高く味が淡い薫酒)の持つ香りを非常に引き立ててくれます。

このリーデルは、大吟醸用と純米酒用のグラスを開発してます。

大吟醸や吟醸、生酒用のグラス

【01】リーデル・オー・大吟醸

リーデルはワインの品種ごとにグラスを開発したことでも有名ですが、この大吟醸も日本酒の蔵元と一緒に開発をしたものです。

縦長のボウル型の形状が、大吟醸のフルーティな香りをより一層引き立ててくれます。

[正規品] RIEDEL リーデル 日本酒 グラス ペアセット リーデル・オー 大吟醸オー/酒テイスター 375ml 2414/22-2 木箱入 出典:amazon

[正規品] RIEDEL リーデル 日本酒 グラス ペアセット リーデル・オー 大吟醸オー/酒テイスター 375ml 2414/22-2 木箱入

高さ:(約)10.6cm
容量:375ml
素材:クリスタルガラス
生産国:ドイツ
製法:マシンメイド
おすすめの飲料:大吟醸、吟醸酒

【02】うすはり・大吟醸

ちょっと不思議な形をしているこのグラスは、グラスを振ると突起がマドラーの役割を担って、香りを引き出してくれるんです。

またうすはりならではの0.9㎜という繊細な口当たりは、お酒がするりと流れ込んできます。

薄いからといって、割れやすいということもないので安心。

香りがとびすぎないようにほんの少しだけすぼまった口のラインも美しい、老舗ガラスメーカーの松徳硝子ならではの逸品です。

うすはりグラス 大吟醸 木箱2個セット 出典:amazon

うすはりグラス 大吟醸 木箱2個セット

製造元: 松徳硝子株式会社(東京都墨田区)
内容: グラス2個(木箱入り)
酒器サイズ: 口径 54mm × 高さ 90mm
木箱サイズ: 縦 110mm × 横 185mm × 高さ 98mm
容量: 約250ml(1個)

古酒や純米酒用のグラス

こちらもリーデルがグラスを作っています。
古酒や純米酒はおちょこでいただくのもおいしいのですが、透明のグラスだと日本酒の色も見て楽しめるので、ぜひグラスで飲んでみてくださいね。

【03】リーデル・エクストリーム純米

純米酒に特化した形状を8年かけて開発したグラスです。

複雑で奥深いうまみを堪能できるように、少し大振りで横長、飲み口の口径が広めになっています。

口径部が薄く仕上げられているため、日本酒の滑らかな味わいを楽しむことができます。

RIEDEL <リーデル・オー> エクストリーム 純米 2個入 出典:楽天

RIEDEL <リーデル・オー> エクストリーム 純米 2個入

サイズ:20
容量: 495ml
素材:クリスタルガラス
製法:マシンメイド
おすすめの品種:純米酒

【04】東洋佐々木・こだわりの冷酒グラス

スマートで美しいシルエットの冷酒グラスです。

こちらは純米酒用で、まるでお猪口にステムをつけたかのような口の広がっていないタイプのグラスです。

ファインクリアという透明度の高いガラスで作られているため、お酒の色も楽しむことができます。

日本でも有数のグラスメーカーですが、お値段が手ごろなので来客用にそろえておくのもいいですね。

また食洗器で洗えるのもうれしいポイントです。

東洋佐々木ガラス 冷酒グラス 105ml こだわりの冷酒ぐらす 純米酒 出典:amazon

東洋佐々木ガラス 冷酒グラス 105ml こだわりの冷酒ぐらす 純米酒

本体サイズ:約φ6.0×9.1(最大径6.3)cm
本体重量:約95g
素材・材質:ソーダライムガラス
原産国:日本
食洗機対応:可
容量:約105ml

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ