日本酒はグラスの形で味が大きく変化する!

  • メンバー
  • 更新日:
15view
favorite

日本酒の種類とそれに合ったグラスの形について解説します。

実は日本酒は味の濃さと香りの強さで大きく4タイプに分類でき、どのタイプかによって最適なグラス形状が異なるのをご存知でしたか?

グラスを選ぶ前にこの4タイプの特徴と選び方についてご説明します。また、個人的にオススメのグラスもご紹介しますので、皆さまが日本酒と日本酒用グラスを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

日本酒用のグラスを選ぶ前に!まずは味と香りの種類を知ろう!

日本酒は香りと味わいで4つのタイプに分類する事ができます。軸は2つで、1つは香りが高いか低いか、もう1つは味が濃いか淡いかです。

日本酒を選ぶ時、この4つのどれかわからない!と困るかもしれませんが、まずは落ち着いてラベルを見てみましょう。アルコール分や原材料名、精米歩合、原料米の品種などは必ず表示されています。ポイントは「大吟醸」や「生酛」といったお酒の特定名称や特徴の記載です。また、ビンの裏に味の甘辛やおすすめの飲み方、味の説明が書かれていることもあるので、迷った場合はぜひ一度“裏”を見てみてください。

お酒の特定名称や特徴とタイプとの対応は下記の通りです。
1.大吟醸酒系や吟醸酒系→香り高く味が淡い薫酒(くんしゅ)
2.長期熟成された古酒系→香り高く味が濃い熟酒(じゅくしゅ)
3.普通酒系や生酒系→香り低く味が淡い軽快でなめらかな爽酒(そうしゅ)
4.純米酒など→香り低く味が濃いコクのある醇酒(じゅんしゅ)

日本酒用のグラスを選ぶ前に!4タイプのどれを選ぶ?

先ほどの4タイプのうちどれを選択するかは合わせる料理や個人のお好み、季節によって変えるのが良いと思います。

合わせる料理で言うと、煮物など甘い味付けの料理は同じく甘口の日本酒と相性が良いです。4タイプの中では味の濃い熟酒や醇酒ですね。

また、脂っこい料理は、口をすっとさせる淡麗な爽酒タイプか脂に負けない熟成タイプ、淡白な魚には同じく淡麗な爽酒タイプの方が良いです。うま味がダシに溶け込んでいるおでんは、醇酒タイプがおすすめ。口の中をさっぱりさせるため、途中で爽酒タイプに切り替えてもいいとのことです。

季節と言う観点では夏は暑いので軽快でなめらかな爽酒でサッパリと、秋になってくると「ひやおろし」という夏の間蔵で熟成された落ち着いた香りとまろやかな適熟の味わいのお酒が出てくるので、このような季節限定のお酒があるも日本酒の魅力です。

あまり日本酒に親しみが無い方は、まずは大吟醸酒系や吟醸酒系(薫酒)から飲みはじめられるのが良いと思います。味にクセが少なく良い香りが楽しめます。

それぞれの日本酒タイプに合った形状のグラスを選ぼう!

日本酒の4タイプの解説を終えたところで、ようやくグラスのお話です。(笑
このタイプによって異なる形のグラスを使用すると、日本酒の味と香りをより引き立てる事が可能です。

まずは、大吟醸酒系や吟醸酒系(香り高く味が淡い薫酒)や普通酒系や生酒系(香り低く味が淡い軽快でなめらかな爽酒)の場合。この2タイプにオススメなのは縁が広がっているタイプです。縁が広がれば広がるほど日本酒が持つ芳醇な香りを楽しむことができます。
ここでおすすめしたいグラスは意外にも縁の広いワイングラスで、グラスの縁が鼻まで覆うような大きさは日本酒が持つ香りを芳醇に感じさせてくれます。

次に長期熟成された古酒系(香り高く味が濃い熟酒)や純米酒など(香り低く味が濃いコクのある醇酒)の場合、オススメのグラス形状は先ほどと逆の縁が狭いタイプです。

お猪口が代表的で、お酒の香りはそれほど感じられず飲みやすく感じます。すっきりとした飲み口が特徴的です。

こんな私が日本酒用に愛用しているグラスはリーデル!

実は私が家で日本酒を飲む時、愛用しているのがリーデルの大吟醸グラスです。中でもオーという足の無いタイプです。

さすがリーデルといったグラスで、持ちやすいですし飲み口が薄く、特に大吟醸酒系や吟醸酒系(香り高く味が淡い薫酒)の持つ香りを非常に引き立ててくれます。

リーデルはグラスを設計する時、お酒がどう口の中に入っていくかを検証し、お酒の生産者たちとテイスティングをしながら形の詳細をつめていくそうで、この大吟醸グラスも日本酒の蔵元と一緒に開発をしたそうです。木箱入りのものもあるので、贈り物にもピッタリだと思います。

お酒はグラスによって大きく味が変わります。お酒を美味しく飲むにはグラスもちょっと良いものを使う事をオススメしますので、まずはこのあたりのグラスから始めてみてはいかがでしょうか?ちなみに2個入りで3500円+税というお値段なので、日本酒の味と香りをより楽しめると考えるとそこまで高額なものでは無いと思います。

皆さまの日本酒ライフがより良くなりますように!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3