テキーラにいちごを入れるとおしゃれなお酒に

  • メンバー
  • 更新日:
37view
favorite

働き盛りの方は、会社でお酒を飲むこともありますので、お酒が好きな方も多いかと思います。普段からお酒を飲んでいる方もいるかと思いますが、自宅にテキーラがある方もいるかもしれないです。テキーラそのままでもいいですが、いちごが入ったものを飲んだことがある方は少ないかなって思います。テキーラといちごの相性など書きつつ、紹介をしていきたいと思います。

テキーラといちごの相性はどうなのか

1.テキーラのアルコール度数
テキーラを飲む時には、アルコール度数が40度もありますので、ショットグラスに少量入れて飲むのが普通です。

2.テキーラといちごの相性
テキーラにフルーツを入れて飲むことも出来るので、いちごも入れることも出来るかと思いますが、実際の所相性はいいのか気になる方もいるかと思います。テキーラといちごの相性は抜群にいいとされてます。テキーラの強いお酒にいちごが入ることで、強いお酒に感じることがないいちごの甘みと香りを感じられるので、女性には大人気なのです。わかりやすい所で言うと、女性が好きなカクテルのようなものです。

3.テキーラにいちごが入ったものを自宅で楽しめる
実際にテキーラにいちごシロップを入れたものが販売されているので、自宅で飲みたい方はぜひ買って飲んでみるといいですね。ふたを開けるとほのかないいちごの甘い香りがするので、この香りを嗅いだだけでも美味しく感じられます。自宅ならば、テキーラで酔っても自宅なので安心ですね。

テキーラにいちごを入れて飲む時に満足できる飲み方

1.テキーラにいちごを入れる方法
作り方としては、テキーラにいちごを丸ごと入れてソーダ割をする方法もありますが、いちごの香りを十分に感じたい時には、テキーラにいちごを着けておいたものをソーダ割をして飲むと女性は喜ぶかと思います。25歳から45歳の男女は、まだ年齢的に若いので、おしゃれなお酒を飲みたいと思う男女も多いかと思います。

2.バーに行けばいちご漬けのテキーラを置いてあるお店も
自宅で飲む時には、自分でテキーラにいちごを漬け込んでおいて飲むことも出来ますが、外でおしゃれな場所で、好きな人と飲みたい女性もいると思います。大変女性に人気がありますので、バーに行けば置いてあるお店もあるかと思います。

3.アルコール度数が高いテキーラでもいちごが入ることで満足
テキーラそのものは、アルコール度数が高いので、敬遠してしまう方もいるかと思いますが、いちごのシロップが入っただけで、お酒の弱い方でも大変満足していただけると思います。

女性はロマンチックな雰囲気が大好きなので、テキーラといちごを使ったものを

1.働き盛りの男女にぴったり
居酒屋などでお酒を飲んで、仕事でのストレスを発散させる方も多いか思います。上司から仕事の失敗をして怒られてへこんでしまっている方は、お酒の力を使って忘れようと思いますね。テキーラは若い社員の方におすすめのお酒です。ワイングラスなどにテキーラのソーダ割を入れて、そこに複数のいちごを入れるだけで、ただのテキーラではなく、若めの年ごろの男女に最適なお酒と早変わりするのです。

2.テキーラはアルコール度数が高いので飲みすぎ注意
普通のお酒でも酔うことは出来ますが、強いお酒をという方は、テキーラをおすすめします。ショットグラスに少量のテキーラを入れて一気に飲むというものなのですが、それでは強すぎてという方には、テキーラにソーダで割ることで、飲みやすいお酒となりますが、テキーラが入っていることには間違いないので、25歳から45歳の若めの年頃の方は、飲みすぎに気を付けることです。

自宅で作るいちご漬けのテキーラ

1.自宅でも美味しくいちご漬けのテキーラを
いちご漬けのテキーラにはまってしまった方は、自宅でも簡単に作ることが出来ます。準備するものとしては、いちごとテキーラです。まず、いちごのへたを取って、熱湯消毒をした容器に入れて常温で置いておきます。冷蔵庫に保存をしておくと、色が出やすくなります。いちごにテキーラ一瓶使って漬け込んで、冷蔵庫で保存をするだけなので、簡単ですね。ポイントは、いちごはたくさん入れた方がいちごの色が出やすいので、一パック使うといいかと思います。熱湯消毒をしないで、容器に入れると、長く放置をした時に、カビが繁殖したりするので注意が必要です。

2.いちご漬けをしたテキーラの飲み方
いちごの色に染まったテキーラをそのまま飲んでもいいですが、ソーダ割をしたりトニックウォーターと割って飲んだりするといいです。夏の時期などはソーダ割にすると、炭酸のシュワシュワが涼し気な感じになります。ソーダなどで割ることで、アルコール度数も低くなってくるので、飲みやすいお酒となること間違いなしです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3