ウォッカのお勧めの飲み方について

  • メンバー
  • 更新日:
39view
favorite

ウォッカと言えば、アルコールが高い飲み物としてよく知られていますよね。その一方で、アルコールが高すぎてどのように飲んだら良いのかわからない、アルコールが高すぎて自分には飲めない、などとマイナスのイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。しかしウォッカは一般の人でも十分楽しめる飲み方があります。ここでは、誰もが簡単に楽しめるウォッカの飲み方について4種類紹介します。ウォッカに関心を持っている人は、ぜひ試してみてください。

ウォッカの美味しい飲み方【01】

ウォッカのおいしい飲み方の1つは、何といってもストレートです。むしろ、ウォッカの素朴な味わいを楽しみたいと思うのであれば、1番良い飲み方なのではないでしょうか。
まず、ウォッカを冷凍庫に入れて瓶ごと冷やしましょう。実は、ウォッカはアルコール度数が高いため、冷凍庫に入れても凍ることがありません。しかし、冷蔵庫でしっかり冷やしたウォッカであれば、非常にまろやかな口あたりになりますので、アルコール度数が高すぎて心配だという人にも安心です。さらに、ショットグラスも冷蔵庫で冷やしておき、そのショットグラスにウォッカを入れてレモンやライムの薄切り、そして粗塩とともに口に含んで楽しみましょう。この粗塩は岩塩などがオススメです。テキーラなどもこのような飲み方で楽しむことが可能です。テキーラの場合、親指と人差し指の付け根を濡らしてそこに岩塩を置き、舐めるというスタイルになります。
ストレートで飲むならば、香り付けがされているウォッカもオススメです。シトラス風味のものなどもありますので、好みのものを探してみましょう。

ウォッカの美味しい飲み方【02】

ストレートで飲むのは少し怖い、と不安を感じるのであればロックで楽しむ方法もありますが、それでは強すぎると感じる場合、ウォッカをカクテルで割っても良いかもしれません。例えば、ウォッカにトニックウォーターを加えればウォッカトニックが完成します。ライムを絞ってグラスにで、トニックウォーターを適量注いで混ぜれば完成です。さらに、炭酸水とライムジュースで割っても良いですね。これはウォッカリッキーと呼ばれており、初めてこの飲み方をした人の名前からついた名称だと言われています。ジンジャーエールで割り、レモンを絞って軽くかき混ぜると、ウォッカバックというものが出来上がります。これは鹿に蹴られるような少々強いカクテルであり、バックというのは鹿という意味になります。さらに、ジンジャーエールで割ったウォッカにレモンではなくてライムを加えれば、モスコミュールという飲み物になります。モスコミュールというのはモスクワのラバであり、鹿ではなくてラバに蹴られるという意味になります。

ウォッカの美味しい飲み方【03】

さらに、ウォッカの美味しい飲み方を紹介していきます。ジンジャーエールなどで割っても良いですがオレンジジュースやグレープフルーツジュースで割っても美味しく楽しめます。オレンジジュースで割ったウォッカであればスクリュードライバーという飲み物になりますし、グレープフルーツで終わったのであればソルティードッグになります。ソルティードッグの場合、グラスの縁をレモンでしっかりと濡らし、塩をつけます。そこに氷、ウォッカ、グレープフルーツジュースという順番で注ぎ、軽くかき混ぜれば完成です。また、トマトジュースやパイナップルジュース、ココナツミルクで終わっても美味しくなります。ウォッカをトマトジュースで終わり、レモンを添えればブラディーメアリーというものになりますし、パイナップルのジュースとココナツミルクで割るとチチという飲み物になります。ブラディーメアリーは二日酔いを解消するために効果的だと言われていますし、チチは口当たりが良く、まろやかな味になります。

ウォッカの美味しい飲み方【04】

もしも、強いお酒が楽しめるということであれば、デザートのようにウォッカを楽しんでみても良いかもしれません。ウォッカとアマレットを注いでゴッドマザーという飲み物が楽しめます。アマレットは優しい味わいが楽しめますが、アルコール度数は非常に高いですので気をつけましょう。ウォッカとアマレットを3対1の割合で注ぎ、軽くかき混ぜます。

ブラックルシアンというものは食後用のカクテルとして作られました。ウォッカとカルーアを2対1の割合で注ぎましょう。コーヒーリキュールの甘みと苦味がデザートがわりの味を作り出してくれます。

また、りんごとウォッカを合わせることでウォッカアップルというものが出来上がります。リンゴジュースのような味わいが楽しめますが、あまり知られていない飲み方だとも考えられています。これは居酒屋などで楽しむより、自宅で楽しんだほうが美味しく感じられるかもしれません。りんごであれば簡単に手に入りますので、もしもりんごが購入できたらウォッカアップルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

これらの楽しみ方はアルコール度数が高いですので、お酒に強くないという人は無理をしないことも大切です。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3