ウォッカの美味しい飲み方!本格的なのに簡単な13選

今回はウォッカを美味しく楽しむための本格てきなのに簡単な飲み方をご紹介します!

  • メンバー
  • 作成日:
62view
favorite
ウォッカの美味しい飲み方!本格的なのに簡単な13選

ウォッカと言えば、アルコールが高い飲み物としてよく知られていますよね。

その一方で、アルコールが高すぎてどのように飲んだら良いのかわからない、アルコールが高すぎて自分には飲めない、などとマイナスのイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。

しかしウォッカは一般の人でも十分楽しめる飲み方があります。ここでは、誰もが簡単に楽しめるウォッカの飲み方について13選をご紹介します。

今回はウォッカを美味しく楽しむための本格てきなのに簡単な飲み方をご紹介します!

ウォッカの美味しい基本の飲み方3選

【01】ストレート


ウォッカのおいしい飲み方の1つは、何といってもストレートです。

むしろ、ウォッカの素朴な味わいを楽しみたいと思うのであれば、1番良い飲み方なのではないでしょうか。

まず、ウォッカを冷凍庫に入れて瓶ごと冷やしましょう。

実は、ウォッカはアルコール度数が高いため、冷凍庫に入れても凍ることがありません。

しかし、冷蔵庫でしっかり冷やしたウォッカであれば、非常にまろやかな口あたりになりますので、アルコール度数が高すぎて心配だという人にも安心です。

さらに、ショットグラスも冷蔵庫で冷やしておき、そのショットグラスにウォッカを入れてレモンやライムの薄切り、そして粗塩とともに口に含んで楽しみましょう。

この粗塩は岩塩などがオススメです。

ストレートで飲むならば、香り付けがされているウォッカもオススメです。シトラス風味のものなどもありますので、好みのものを探してみましょう。

【02】ロック

背の低いロックグラスに大きな氷を入れてゆっくりと楽しむのがウォッカのロックえす。

飲み進めるうちにどんどんと氷が解け、ウォッカの度数も下がってくるのでついつい飲みすぎてしまう人でも最後は度数が低くなるので安心です。

ストレート・ロックにおすすめのウォッカ:アブソルート シトロン 出典:Amazon

ストレート・ロックにおすすめのウォッカ:アブソルート シトロン

原材料:麦
お酒の製法/ベース/種類:モルト
アルコール度数:40%

レモンフレーバーのウォッカで、糖分を一切加えていないため柑橘系の自然でフレッシュな風味を味わえます。

香りを楽しむためにもストレートやロックで楽しむのがおすすめです。

【03】水割り


バーテンダーがウォッカをテイスティングするときの飲み方が水割りです。

あまりメジャーな飲み方ではないもののウォッカ本来の味と香りを楽しむ事ができます。

簡単!ウォッカの美味しい飲み方カクテル10選

【01】ウォッカトニック / ウォッカリッキー


ライムを絞ったグラスにウォッカとトニックウォーターを加えればウォッカトニックが完成します。

炭酸水とライムジュースで割ってもおいしくいただけます。

これはウォッカリッキーと呼ばれており、初めてこの飲み方をした人の名前からついた名称だと言われています。

【02】ウォッカバック


ジンジャーエールで割り、レモンを絞って軽くかき混ぜると、ウォッカバックというカクテルになります。

バックというのは鹿という意味です。まるで鹿に蹴られるような強いカクテルです。

【03】モスコミュール


ジンジャーエールで割ったウォッカにレモンではなくてライムを加えれば、モスコミュールになります。

モスコミュールというのはモスクワのラバであり、ラバに蹴られるという意味になります。

【05】スクリュードライバー / ソルティードッグ


オレンジジュースでウォッカを割るとスクリュードライバーというカクテルになります。

オレンジジュースの代わりに、グレープフルーツで割ればソルティードッグになります。

ソルティードッグの場合、グラスの縁をレモンでしっかりと濡らし、塩をつけます。

そこに氷、ウォッカ、グレープフルーツジュースという順番で注ぎ、軽くかき混ぜれば完成です。

【06】ブラディーメアリー


ウォッカをトマトジュースで割り、レモンを添えればブラディーメアリーというカクテルになります。

ブラディーメアリーは二日酔いしづらいカクテルと言われています。

イギリスでは迎え酒としても愛されていて、お酒を飲んだ翌日にはこのカクテルを飲むそうです。

トマトは栄養素が高く、お酒を飲むと失われる栄養を補ってくれます。さらに、トマトのアミノ酸はアルコール分解酵素の働きをすることもわかってきました。

飲みすぎかなぁというときにはブラディーメアリーがおすすめです。

【07】チチ


パイナップルジュースとココナッツミルクで割るとチチというカクテルになります。

トロピカルカクテルの定番で、口当たりが良くまろやかな味を楽しめます。

ブルボン おいしいココナッツミルクPET 430ml×24本 出典:Amazon

ブルボン おいしいココナッツミルクPET 430ml×24本

原材料:砂糖、ココナッツミルク粉末、食塩、デキストリン、加熱済乳酸菌末(乳成分を含む)/乳化剤、香料(乳由来)、セルロース、カゼインNa(乳由来)、安定剤(キサンタン)、甘味料(アセスルファムK、酸化防止剤(抽出V.E)
内容量:430ml×24本
カロリー:34kcal(100ml当り)

【08】ゴッドマザー


もしも、強いお酒が楽しめるということであれば、デザートのようにウォッカを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ウォッカとアマレットでゴッドマザーというカクテルが楽しめます。

アマレットは優しい味わいが楽しめますが、アルコール度数は非常に高いですので気をつけましょう。ウォッカとアマレットを3対1の割合で注ぎ、軽くかき混ぜます。

ディサローノ アマレット [ リキュール 700ml ] 出典:Amazon

ディサローノ アマレット [ リキュール 700ml ]

原材料:香料、カラメル色素
お酒の製法/ベース/種類:ナッツ種子クリーム
アルコール度数:28%

【09】ブラックルシアン

ブラックルシアンというものは食後用のカクテルとして作られました。ウォッカとカルーアを2対1の割合で注ぎましょう。コーヒーリキュールの甘みと苦味がデザートがわりの味を作り出してくれます。

【10】ビッグアップル


りんごジュースとウォッカを合わせることでビッグアップルになります。

リンゴジュースのような味わいが楽しめる、まだあまり知られていない飲み方です。

りんごであれば簡単に手に入りますので、もしもりんごが購入できたらウォッカアップルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

作り方は簡単で、ウォッカ・りんごジュース・カットしたりんごを用意して、氷を入れたタンブラーにウォッカとりんごジュースをいれ混ぜてからカットしたりんごを添えるだけ!

甘くておいしいビッグアップルですがアルコール度数が高いですので、お酒に強くないという人は無理をしないことも大切です。

ウォッカはりんごだけではなく他のフルーツジュースでもおいしく楽しめるので、自分の好きなジュースと混ぜて楽しんでみるのがおすすめですよ!

寿高原食品 ストレートジュースセット 出典:楽天

寿高原食品 ストレートジュースセット

■規格
信州産りんごジュース「しぼりっぱなし」、信州産白桃ジュース「千曲の滴」、信州産巨峰ジュース「紫宝の恵」 各1L×1 計3本

カクテルベースにおすすめのウォッカ:スミノフ ウォッカ 出典:Amazon

カクテルベースにおすすめのウォッカ:スミノフ ウォッカ

内容量:750ml
アルコール度数: 40%
原材料・成分:スピリッツ

世界一の流通量を誇り、世界中で愛されているのがロシア皇帝御用達の「スミノフウォッカ」です。

雑味や濁りがなく無色透明のクリアな味わいなのでカクテル作りにはピッタリです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3