安いウォッカでもおいしく飲める、ウォッカを楽しもう

  • メンバー
  • 更新日:
38view
favorite

ウォッカというとアルコール度数が高いお酒であり、家で飲むのは抵抗がある人がいるかもしれません。しかし、ウォッカはモスコミュールやスクリュードライバーといった有名なカクテルの多くに使われています。安くても品質の良いウォッカを楽しむのであれば、酒屋さんに行って手に入れるのも一つです。そして、ウォッカを楽しむときは瓶だけでなくグラスもしっかりと冷やすなど、家庭でもできるほんの少しのテクニックで味が格段に良くなります。比較的カロリーも低く長く楽しめるウォッカを家庭にぜひ取り入れてみましょう。

安いウォッカでもおいしく飲める、ウォッカとはどんなお酒

ウォッカとは世界的にも有名な蒸留酒であり、ジンやテキーラ、ラムとともに世界4大スピリッツの一つとして飲まれているお酒です。ロシアや東ヨーロッパでよく飲まれており、ロシアでは命の水とも言われており、たくさんの人から飲まれているお酒です。ウォッカは、蒸留した原酒を白樺などの炭によってろ過しており、そのため無味無臭に近く、水のようにまろやかな風味が楽しめます。ウォッカはアルコール度数が平均40度と高く、高いものでは90度に達するものもあるくらいです。しかしながら多くのカクテルのベースとして使われているので、飲んだことがある人は多いのです。本場ではウォッカはロックで飲まれているものであり、そうなれば品質の良さも重要になります。しかしながら、たとえ安いウォッカであっても、カクテルにすることでおいしく飲むこともできます。アルコール度数が高いので飲み過ぎることもなく、毎日晩酌する人にとってはおすすめできるお酒の一つなのです。

安いウォッカはどのようにして楽しむのか

ウォッカはロシアをはじめとして外国で作られているお酒なので、なんとなく高いといった印象があります。しかしながら、ウォッカの中には本場ロシアの高いものもあるかもしれませんが、酒屋などでは安いものもあります。このような安いウォッカは、スーパーマーケットよりもむしろ酒屋のほうにある音が多いでしょう。実は、ウォッカはカクテルのベースとなっており、市販のチューハイなどにも使われていることから、毎日晩酌する習慣があるのであれば、安いウォッカを手に入れて自分でカクテルなどを作って楽しむという飲み方もあります。普段酒屋さんになかなかいかないという人は、インターネットなどでも購入できます。ウォッカは、ロック、水割り、カクテルなどといろいろな楽しみ方があります。そのため、一瓶買っておけばバリエーションあふれる楽しみ方ができ、アレンジも比較的簡単なので、ウォッカを買ってみてぜひ一度チャレンジしてみるとよいでしょう。

安いウォッカをカクテルとして楽しむには

毎日かかるお酒代を抑えたい、と思うならウォッカをカクテルとして楽しむことがよいでしょう。簡単なカクテルなら専門的な道具はなくても自宅でできます。ウォッカトニックは、ウォッカをトニックウォーターで割るだけで簡単です。ライムやレモンといった果物とともに楽しむとよいでしょう。オレンジジュースを入れるとスクリュードライバーとなります。安いジュースでもマドラーで混ぜるだけで本格的な味わいになります。オレンジジュースをグレープフルーツジュースに帰ればソルティドッグになります。おもてなし用の本格的なソルティドッグにするには、グラスのふちをレモンで湿らせて塩をつけるとよいです。トマトジュースで割るならば、ブラディーメアリーとなり、ジンジャエールで割ってライムジュースを入れるとモスコミュールになります。このように、市販されている安いジュースと混ぜるだけで簡単にカクテルにできるので、いろいろな楽しみ方ができます。

ウォッカの安い楽しみ方といいところ

そうはいっても、ウォッカを本気で楽しむならロックです。しかし安いウォッカでは雰囲気が出ないという人もいるかもしれません。ただ、安いウォッカでも飲み方を工夫するだけで簡単に飲むことができます。まず、ウォッカは冷やすと風味が増すので、キンキンに冷やしましょう。冷凍庫で冷やしたとしても凍ることは無くドロッとした舌触りになるので飲みやすくなりまろやかさが増します。ウォッカを飲むのに使うグラスもしっかりと冷やしましょう。ウォッカには、野菜やフルーツもよくマッチします。安いジュースでカクテルを作っても、しっかりとかき混ぜる、グラスを冷やしておく、フルーツを少し添えるなどといったテクニックで極上の味わいにもできます。毎日晩酌する習慣のある人は、ウォッカを瓶で買って毎日いろいろな飲み方をして楽しむのがよいでしょう。果汁だけでなくジンジャエールやコーラなど、炭酸水とも相性が良いので、ジュース感覚で楽しむことができます。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3